51bQS785inL

浪漫飛行(10th SINGLE)
1990年4月8日リリース

・作詞 / 作曲:米米CLUB、編曲:中崎英也 & 米米CLUB
・「東日本版」と「西日本版」が存在し、それぞれでカップリング曲が異なる。

29年前の今日リリース。

この曲で彼らを知ったという人も多かったと思うが、今となっては、既に知らない世代も多いことでしょう。

しかし、この曲以前の彼らについては非常にサブカル色が強く、ジャケットの左から2番目の兜みたいなものを被っている人は「ジェームズ小野田」さんといい、元からこんな感じで、楽曲も非常にふざけた感じのコミックソングが多かった。

その様相は、ともすれば「アングラ劇団系」的でもあり、例えば「電気グルーヴ」の前身バンド「人生」にも通ずるものがある。

このことから米米CLUBはデビュー当初、「爆風スランプ」「聖飢魔II」と並ぶ「ソニー三大色物バンド」などと呼ばれていたりもした。

それが、この曲辺りから徐々に「正統派J-POP」の道を歩むようになり、92年には当時の月9ドラマ「素顔のままで」の主題歌として、「君がいるだけで」がタイアップとして起用され、自身最大のヒットを出している。

話を浪漫飛行に戻すと、元々この曲はシングルリリースの3年ほど前、1987年の3rd ALBUMに既に収録されていたらしく、当時から「航空会社のタイアップを狙って」作られた曲らしい。

ともあれ、当時はまだ「第二次バンドブーム」の頃だったと思うし、CDがいよいよ本格的に普及して、J-POP自体が活性化してきてリリースが増えてきたこともあるので、そうした世間の盛り上がりや波にうまく乗った感のある楽曲だと思う。

ぼくは別に米米CLUBは好きではないけど、この曲だけは知ってるし、何ならたまにカラオケでも歌うくらいだ。歌いやすいんですよね、この曲。


米米CLUB - 浪漫飛行

この動画は正式なPVではなく、所謂「ファンビデオ」の類みたいですね。音ズレも結構あるし。

浪漫飛行
Sony Music Records Inc.
2014-04-01



 
 

ちょっとでも楽しんでいただけたり、参考になりましたら、読者登録をいただけると嬉しいです。

※「ブログリーダー」は「LINE」に更新通知が届きます。
※FeedlyはRSSで更新通知が確認できます。 ■EDIT