317ghIYZhvL

6月の雨 / シンデレラの勇気 - 谷村有美
1990年4月21日リリース(6th SINGLE)

・作詞:谷村有美、作曲・編曲:西脇辰弥

29年前の今日リリース。

懐かしい。ただ、懐かしすぎる上に「めちゃくちゃ大ヒットした曲」っていうものでもないので、この人やこの曲のことを知っている人は、結構な「通」だと思う。所謂「第二次バンドブーム」の時代に活動していた、シンガーソングライターさん。

「クリスタルヴォイス」と評されるその声は正に看板に偽りなしといったところで、非常に透明感のある、美しい水を湛えたような、実にきれいな歌声。というかめっちゃキーが高い。

ぼくは元々この人のアルバムについては「PRISM」というアルバムしか聞いたことがないけど、その中に収録されているこの曲(シンデレラの勇気)が非常に大好きで、当時ラジオで聞いて以来、必死に探した記憶がある。

 「ポップンルージュ」というラジオ番組

で、そのラジオと言うのが、TBSラジオでOAされていた「ポップンルージュ」という番組で、ぼくにとってこの番組は非常に思い出深いものだった。

この番組は月~金の、確か30分の帯番組で、曜日ごとにパーソナリティーが異なる。かつてNACK5でOAされていた「ミッドナイトロックシティ」みたいなもんですね。

因みに、ポップンルージュの曜日別パーソナリティーは下記の通り。

 月:永井真理子 
 火:笹野みちる(東京少年ヴォーカル) 
 水:奥居香(現・岸谷香 ※PRINCESS PRINCESS ヴォーカル) 
 木:谷村有美 
 金:長峰由紀(TBSアナウンサー)⇒久宝留理子

こんな感じ。谷村有美もさることながら、火曜日担当の「笹野みちる」なんて、おそらく同年代でもこの時代のJ-POPに詳しい人でないと恐らく覚えてないしそもそも知らないという人は多いと思う。

で、ぼくはこの番組放送当時は中1~中2くらいだったんだけど、当時自分の部屋にTVがなく、あるのはラジカセだけ。でも音楽に目覚めてしまって夜更かしもしたい年頃だったので、毎日この番組を聞いていた。

あまりにも好きすぎてハガキを書いて、永井真理子さんに読んでいただいたこともある。あれは嬉しかった。

 楽曲について

この動画の冒頭に注目していただければおわかりいただける通り、C-C-Bを彷彿とさせるシンセドラムのフィルから入って、今となってはチープに感じてしまう「Hi-Q」の音とか、いかにも90年代初期のJ-POP感満載。

当時は洋楽も含めてこーゆー音作りがトレンドだったんでしょうね。日本で知られる前のこの時代のマライヤキャリーの曲もこんな感じだったし。

なんていうか、「ドラムの音」ってその次代感が如実に現れる気がする。ドラムの音を聞くと、90年代ってのがすぐに分かる。


シンデレラの勇気:谷村有美 199005

作曲された「西脇辰弥」さんという方は、他にどんな楽曲を作られているんだろうと思ったけど、正直知らんやつばっかりだった。

でもアレンジャーとして、以外にもV系バンドである「PIERROT」と結構ガッツリ関わっていたみたいでちょっとびっくりした。

あ、因みにこのシングルは両A面のようですが、もう片方の「6月の雨」という曲については、申し訳ないんですが、全く記憶にありませんでしたw

シンデレラの勇気
Sony Music Direct(Japan)Inc.
2016-01-27


 ※BONUS TRACK※


4月21日の関連過去ログ
http://blogrider.tokyo/archives/13814158.html

http://blogrider.tokyo/archives/13814159.html

4月21日にリリースしている人多すぎワロタ。
 
 

ちょっとでも楽しんでいただけたり、参考になりましたら、読者登録をいただけると嬉しいです。

※「ブログリーダー」は「LINE」に更新通知が届きます。
※FeedlyはRSSで更新通知が確認できます。 ■EDIT