旨い。

いつもならこのカテゴリでは1行目に「旨かった」か「そうではなかった」の結論(結果)ファーストで書くのだけど、今回は「旨い」です。

何故かと言うと、おそらくぼくが人生史上でもっとも食したソース焼きそばのうちの一つだからです。これまでに何食くらい食べたかなんて覚えてない。

そしてこいつこそが、ソース焼きそばの中では最も旨いと断言できる。ソース焼きそばをそんなに好きではないぼくが言うのだから間違いない。

だが、それについてのレビューをそう言えば書いてなかったというのと、ブログのネタ的に欲しかったので書いただけです。

カロリー&PFC
8f3310f6-68a6-4bad-9db0-1ba7a82c21bb

  • 内容量:171g
  • カロリー:784kcal
  • タンパク質:13.0g
  • 脂質:39.2g
  • 炭水化物:94.9g

所謂レギュラーサイズではなく「大盛りサイズ」なので、当然のことながらカロリーとPFCのボリュームは全体的に高め。特に脂質がえげつないことになっている。

ただこれは、液体ソースの他に「マヨネーズ」も添付されているからで、この辺りは個人のさじ加減でいくらでも調整できる。


かやく&ソース

  • かやく1袋
  • 液体ソース
  • マヨネーズ

「かやく」については一般的なソース焼きそばのよくある加薬。キャベツとかの。なので、特筆すべき事は特になし。あとは「液体ソース」のほか「マヨネーズ」も添付されている。

だが先述の通り、この辺をフルで使用すると脂質の量がかなりエグいことになるので、正直オススメはしない。ソースは1/3~1/2程度にし、マヨネーズはお好みでと言ったところ。

自分はまだ試したことはないけど、生卵を落としてみるのもいいかもしれない。




中細縮れ麺。まあ、これも普通ですね。UFOのようなモチモチ感はなく、あっさりさっぱりといったところ。

これも何度か書いていると思うけど、「カップラーメン」の時は3分基準に対し「ダブル(6分)」か「+2分(5分)」と長めに置くが、カップ焼きそばの場合は、早めに湯切りしたほうがうまくいく。

戻りきっていないパリパリな感じを避けたいならお湯を多めに入れるといい。この手のソース焼きそばとしては「90秒」で湯切るのがコツ。

さらにそこから少し冷まして、「液体ソース(半分~1/3)」⇒かき混ぜ⇒「マヨネーズ(お好み量)」⇒かき混ぜ⇒「魚介系ふりかけ&冷凍のわけぎ(各自で用意)」⇒かき混ぜとするというのが結構良かった。

麺とソースは、完全に混ぜ合わせるよりかは、若干白く残るほうが返ってソースの旨さが引き立つと思うので、「ちょっと少なすぎたかな?」くらいがおすすめ。


まとめ

もうこれも、ここ最近の焼きそばレビューでは何度も書いているけど、この手の「脂質ガッツリ高め系」なカップめんを食べる時は、「野菜サラダ」と併せたほうが絶対にいい。

昨年までは「ホットスナック」とか「おにぎり」とか書いていたけど、あれは忘れてくれ。野菜だ。野菜と一緒に食べたほうがいい。少しでも脂肪に回るのを回避するためだ。

あと、今回「冷凍のわけぎ」も入れたけど、これも可能な限り入れていったほうがいい。「ネギ」は「糖化」を防いでくれるので、可能な限り食事に取り入れたほうがいい。

※糖化とは
活性酸素による酸化が「体のサビ」と言われるのに対して、糖化は「体のコゲ」とも呼ばれており、食事などから摂った余分な糖質が、体内のたんぱく質などと結びついて、細胞などを劣化させる現象のことをいう。

これが進むと肌のシワやくすみ、シミなどとなって現れるばかりか、糖化によってつくられるAGE(糖化最終生成物)は内臓をはじめとする体内組織に作用して、多くの病気の原因となることが知られている。

まさか、このカテゴリでこんな健康的な話をすることになるだなんて、自分でも思っても見なかった。

だが、実際このAGEの発生を抑制してくれるのが「ネギ」だそうなので、これを知って以来、自宅で食事をするときには、必ず入れるようにしている。ネギ好きだしね。

で、このカップ焼きそばについては、コンビニで扱っているところはほぼないと思うし、あってもスーパーやドラッグストアなら、大体相場として「¥100」とかで売られていることが殆ど。(ぼくはこいつが¥100以上で売られているんを見たことがない)

なので、スーパーやドラッグストアで見かけたら買うといい。近所にない場合は、割高になってしまうが、下のAmazonのリンクから購入するといいと思う。




 
 

ちょっとでも楽しんでいただけたり、参考になりましたら、読者登録をいただけると嬉しいです。

※「ブログリーダー」は「LINE」に更新通知が届きます。
※FeedlyはRSSで更新通知が確認できます。 ■EDIT