※関連過去ログ
正直イマイチ。

本作は、シリーズ?第3作、というか最終章。とは言え、内容的には前2作のうちの何本かを再録し、そこに書き下ろしを加えた形で構成されている。

このため、文庫でかなり小さい文字で400Pもあるが、重複部分についてはバッサリ読み飛ばしているため、ほぼ1日で読み終えた。

再録されている対談内容については下記の通り。

・YOSHIKI、PATA、SUGIZO、小室哲哉、大槻ケンヂ、大島暁美、井上貴子(女子プロレスラーじゃない方)

ここに、いくつかの書き下ろしを加えたのが、本書だ。

ただ、本書を手に取る人っていうのはほぼ間違いなく、1作目・2作目にも目を通していると思うので、そういう意味では文庫とは言え、ページ数多すぎじゃないかなと言う気もする。正直再録部分はいらなかったかなーという感想。

また追加された部分では「VIOLET UK」についての部分はYOSHIKIへのインタビューとなっているが、結局の所、「YOSHIKIのダメっぷり」を再確認させられるだけで、ただイライラするだけで、何もいいところがなかった。

なので、よほどの市川哲史ファンとかではない限り、わざわざ買う必要もないんじゃないかな感。ということで、暇つぶししたい人にはおすすめです。






 
 

ちょっとでも楽しんでいただけたり、参考になりましたら、読者登録をいただけると嬉しいです。

※「ブログリーダー」は「LINE」に更新通知が届きます。
※FeedlyはRSSで更新通知が確認できます。 ■EDIT