81ycP5Vn34L._SS500_
ONE OK ROCK - Eye of the Storm(9th ALBUM)

●収録曲
1. Eye of the Storm
2. Stand Out Fit In
3. Head High
4. Grow Old Die Young
5. Push Back
6. Wasted Nights
7. Change
8. Letting Go
9. Worst in Me
10. In the Stars (feat.Kiiara)
11. Giants
12. Can't Wait / Unforgettable(海外版)
13. The Last Time

※海外版との違いは、12曲目のみ

正直、いまいち。

前作の「Ambitions」の時にも書いたけど、クオリティはめちゃくちゃ高いんですよ。前作同様にね。ただ、大枠の感想としては前作と全く一緒となってしまうんですよね。

※関連過去ログ

つまり、ものすごく偉そうな言い方になってしまうけど、「前作からの成長が殆ど感じられなかった」というのが一番大きいと思う。

なんていうかもう、ワンオクは前作である種の到達点には達したんだと思う。

もうホント、全く同じこと書くようだけど、クオリティが高すぎちゃって、キレイに整いすぎてて、面白みが全く感じられない。

もっと言っちゃえば、前作「Ambitions」のほうがまだ、例えば「20/20」とか「American Girls(海外盤)」とか「I was king」あたりに「ワンオクらしさ」みたいなものの面影は残していたようにも思う。

ところが、今回のアルバムについては、申し訳ないが殆どそうした要素は感じない。もっと具体的に言うと、「ワンオクである必要性」さえ感じないんですよね。

なんていうか、Takaのヴォーカル以外、全て「誰がやっても一緒感」が拭えない。ギターがToruである必要性も、ベースがRyotaである必要性も、ドラムがTomoyaである必要性も感じない。

ワンオクって昔から、ヴォーカルのTakaがその世界観を作ってきたみたいなところがある故に、スキルという意味でのレベルが上がりきったこのアルバムは、「ヴォーカルTakaのソロ作品感」がものすごく強い。

前回のレビューの時にも書いたけど、海外の人に曲作りまでさせる今のスタイルについては、もう頭打ち感があると思うので、ファンだからこその個人的な意見としては、もうこのバンドは解散したほうがいいとさえ思う。

と思っていたら、どっかのインタビューでTakaは、「30歳になったら言おうと思っていたんですけど、僕はこのままONE OK ROCKのシンガーでいたいと思っていないんです」「僕らの“賞味期限”はそんなに残っていない」と語っていたらしい。

この発言にファンは騒然としているらしいけど、ぼくは正直そのタイミングはちょっと遅かったくらいなんじゃないかとさえ思えてならない。

このアルバムについては辛めの意見だけど、ぼくはこのバンドは結構好きなので、いい状態のまま終わってほしいなあと、切に願っている。



■EDIT