71zmFDSBlaL._SL1084_

ケツメイシ - さくら(11th SINGLE)
2005年2月16日リリース

14年前の昨日リリース。

これは逆に、まだ14年だったんだという感じ。ぼくはてっきり、2002年~2003年頃だと思ってた。

にしても、ぼくはJ-POPにおける所謂「桜ソング」というものが死ぬほど嫌い(そういうトレンドが嫌いという意味)なんだけど、この曲だけは別。これは非常にいい曲だと思う。すごく良いメロディ。

でも、J-POPのあるある話としてよく、「カノン進行を用いた楽曲は売れるが、一発屋で終わる」みたいな話ってあるじゃないですか。あれと同じ様に、「桜ソングも売れるが、一発屋で終わる」っていうのもあると思うんですよね。

そういう意味では、ケツメイシってまさにそれじゃないですか。その後も「そこそこ売れた曲」は出してるのかもしれないけど、安定的な人気を誇ったかと言うとそうではないじゃないですか。

それどころか、この曲以降のケツメイシって、似たような曲しか出してないという印象さえある。これ、本人たちって言うより、レコード会社の意向なんだろうなあ。かわいそうに。

※もし本人たちの意向でやってるとしたら、それは単に「センスがなかった」というだけのことでしょうから、消えるべくして消えたとも言えますけどね。

あと、桜ソングってことで言うと「森山直太朗」なんかもそうですけど、あれも、後に「森山良子の息子」であるとか、森山直太朗自身のキャラクター自体はTV番組とかで受けたりはしてますけど、彼の「さくら」以外の楽曲って知られてないですよね?

彼ら以外の他の桜ソングのヒット曲って、元々売れている人は別として、それキッカケで知名度を上げて、その後も売れ続けた人って、ほとんどいないよなあと思うわけです。河口恭吾とかw

まさに「桜」のように一瞬で咲き乱れ、風とともに舞い散ってますね。

さくら - ケツメイシ(フル)

本家の音源は見つからなかったので、どこの馬の骨が歌っているのかわからないバージョンから。まあ、再現度はそれなりに高いけどもね。
■EDIT