41Hn6OIahdL

LINDBERG - 今すぐKiss Me(2nd SINGLE)
1990年2月7日リリース

29年前の昨日リリース。

おそらくこの頃って、所謂「第二次バンドブーム」が少し落ち着いてきたと言うか、終わりに差し掛かってきた頃だと思う。

ジャンル的には「PRINCESS PRINCESS」、バンド形態的には「女性ヴォーカル+男性バンド」という点で「PERSONZ」と被ってたりで、時代の流れ的に言うと、完全に二番煎じ感が強いとさえ言える。

でもブームが完全に終わっていたわけではなく、同系統のバンドなんか当時星の数ほどいたんだろうけど、それこそこの系統については「PRINCESS PRINCESS」の独壇場だったので、当時のLINDBERGは「その他大勢」の中の一つに過ぎなかったと思う。

※実際、この曲は2nd SINGLEだが、アルバムは既に2枚リリースしていて、その2枚はセールス的には全く大したことはなかった。

だが、音楽マーケット的に不利な状況であったものの、「時代」が彼女たちの後押しをしたとも言える。それが、所謂「トレンディドラマブーム」である。

正に「第二次バンドブーム」と同時期にこの「トレンディドラマブーム」が始まって、そのタイアップに乗れたことで一気に知名度を上げたのは言うまでもないと思う。

所謂「無名のアーティストとドラマ・CMのタイアップ」という手法によって売り出していく方法論は、正にこのLINDBERGあたりが先駆的なのではないかと思う。実際、この当時完全に無名でしたからね。

なので、言っちゃ悪いが、これがなかったらこのまま無名で終わっていた可能性は全然あったと思う。

とは言え、肝心のバンドサウンド自体はどうなのかと言うと、ぼくは決して悪くないと思う。というか、全員普通にうまいと思う。このあたりについては、後のJUDY AND MARYに似ている。

というか、過去に取り上げたことのあるこの時代の別のバンドで「レプリカ」というバンドがいたんだけど、そのバンドも似たような感じ。ヴォーカルも含め全員が非常に高い演奏技術と、ソングライティングセンスを持っていた。

※関連過去ログ
 REPLICA - SO MANY TIMES

だけど、LINDBERGについては、ヴォーカルの渡瀬マキが「元々アイドルだった」と言うこともあり、ヴォーカル技術ということに関して言うと、正直お世辞にも上手いとは言えなかったと思う。

これは後の「相川七瀬」にも言えることなんだけど、とにかく彼女たちは、割と高いキーは元気よく勢いで出すんだけど、ビブラートを使わないもんだから、歌唱そのものが幼く聞こえてしまうのである。

更には渡瀬マキの場合、まあ、これは世代とかこの時代の音楽だからしょうがないっていう部分もあるんだけど、英語の発音が壊滅的に下手くそだったのがやたら印象に残ってる。

でもこの曲自体は非常にいい曲なので、ぼくは割と好きですね。あと、この曲が収録されていたアルバム「LINDBERGⅢ」も、非常にいいアルバムだったと思う。

他の収録曲も似たような曲が多いんだけど、でも非常にいい曲揃いで、当時割とよく聞いていたし、GLAYのTAKUROも、アマチュア時代にCDが割れるほど聞いていたらしい。

そういう意味では、結構影響を受けたというミュージシャンは多かったのではないかと思う。

 
 

ちょっとでも楽しんでいただけたり、参考になりましたら、読者登録をいただけると嬉しいです。

※「ブログリーダー」は「LINE」に更新通知が届きます。
※FeedlyはRSSで更新通知が確認できます。 ■EDIT