41enpdvixBL._SX425_
GLAY - BEAT out!(メジャー2nd ALBUM)
1996年2月7日リリース

2001年2月7日にエクスタシーレコードより、2003年3月5日に東芝EMIより再リリースされている。

●収録SINGLE
・Yes, Summerdays(6th)
・生きてく強さ(7th)
・グロリアス(8th)

23年前の今日リリース。

嘘でしょ。もう23年も経つの?やば。リアルタイムな上に、このアルバムは非常に好きで聴き込んでいたので、あれから23年というのが信じられない。

以前からこのブログではちょいちょいGLAYのことを取り上げて入るんだけど、その中でも「灰とダイヤモンド」というインディーズ(EXTASY)からリリースしたアルバムと、このアルバムについては非常に好きなアルバムということを言及している。

※関連過去ログ

「M2. Yes, Summerdays」や「M7. 生きてく強さ」と徐々にヒットを飛ばして、「M9. グロリアス」で満塁になった感。そうしたシングルの力も手伝って、バンドがだいぶ勢いに乗り始めてきた頃にリリースされたアルバム。

特にこのアルバムについては、バンドサウンド全開な感じが非常に好きで、先述の「灰とダイアモンド」のような自由な音楽性がさらに骨太になった印象。

具体的には「M3. 原色の空<Cloudy Sky>」とか「M6. 月に祈る」なんかは、インディーズの頃のとんがってた感じがよく出てて、そうしたことからぼくは勝手に「灰とダイヤモンド2」という解釈でこのアルバムを捉えていた。

でも、Wikipedia見ていたら正にTAKUROが「灰ダイ・SPEED POP・本作で3部作」ということを言っていたので、強ちぼくの解釈は間違ってなかったとうことが証明された。(と、勝手に思ってる)

いずれにせよ、この当時ぼくはバンドやってた真っ最中ということもあって、バンドの多様性とその生々しいバンドサウンドに結構影響を受けたので、個人的に思い出深いアルバムではある。
※関連過去ログ

てゆーか、別に今となってはGLAYのこと好きでもなんでもないのに、GLAYのこと書きすぎじゃないか。

■EDIT