改訂版 金持ち父さん 貧乏父さん:アメリカの金持ちが教えてくれるお金の哲学 (単行本)
ロバート キヨサキ
筑摩書房
2013-11-08


参考になった。

とはいっても、数多くのネットビジネス系の動画を見ていく中で、多くの人達がこの本に書かれていることを、そのまま「ネットビジネスで成功するためのマインドセット」として話していたし、それこそこの本の朗読動画なんかも見ていたので、概要については既に大体知っていた。

要するに一言でざっくり言うなら、「お金そのものやその使い方を学ぶ」ということや、「お金のために働くのではなく、お金に働かせなさい」ということを学ぶ本だということだ。

特に一般人のお金の流れ方と、お金持ちのお金の流れについて、「貸借対照表」と「損益計算書」で図解にして解説しているところは、ぼく自身、高校時代に簿記を勉強していた経験があるので、非常にわかりやすくてよかった。(簿記を知らなくても理解できるような簡単な説明にはなってます)

あと「持ち家は資産ではなく負債である」という考え方については、自分も正に同じことを思っていたので、「やっぱり間違ってなかった」という安心感を得られた。

ただ、元は英語で書かれていたものを日本語に訳したものなので、正直表現がピンとこなかったりするとことも多々あったので、洋書の翻訳版が苦手な人にとっては、読みにくいと感じるところもあると思う。(かくいうぼくがその1人)

とは言え、そんな中でもかなり読みやすい部類には入る方だとは思う。

引用ポイント

頭の中の考えがその人の人生を作る

要するに「人は思ったとおりの人生を歩んでいる」ということ。

すると「いや、自分は金持ちになりたいと思って生きているけど、貧乏なままだ」っていう人もいるかも知れないけど、それは単に「口でそうなりたいと言っているだけ」にすぎず、腹の中では「言うてどうせ無理に決まってる」と思っているから。

言葉の手前の「思考」の部分で「どうせ自分なんて」とか言っている人は絶対に成功なんてしない。「どうせ自分なんて」が口癖のやつはそもそも「挑戦しない」からだ。

お金があっても問題は解決しない

これはなるほどと思った。

ぼくは割と最近まで、「とにかくお金さえあれば大抵の問題は解決できる。まずはお金を稼ぐことだ」というふうに考えていた。

それもそれで間違ってはいないんだろうけど、それを「維持」していこうと考えた時、それだけではいずれまた「お金に振り回される」ということなんだと思う。

大事なのは「お金をどれだけ稼げるか」ではなく「お金の管理の仕方」ということで、そのためには学校などで「お金について学ぶこと」が必要だということだった。

「職業」と「ビジネスは違う」
「自分のビジネスを持つ=本当の資産を持つ」ということ

これもなるほどなと思った。これをぼくの言葉で解釈するならこうだ。

・職業=「労働」により対価を得ること
 ⇒給料でお金を得ること。
 ⇒お金を稼いでいるのは「会社」であり、従業員はそのお裾分けをもらっているにすぎないということ。

・ビジネス=「価値提供」により対価を得ること
 ⇒自ら生み出した価値と信用を現金化して報酬を得ること 
 ⇒それを「仕組み化」し、最小の動きと資金と時間でキャッシュを得ること

要するに、最初のうちは会社に勤めながらも「副業」で自分のビジネスを見つければいいってこと。

結構前から言い続けていることだけども、もう「終身雇用」なんて時代はとっくに終わってて「正社員なら安泰」なんていうのも、バブルの崩壊とともに無くなっている。

なので、正社員として組織に飼いならされるより、(ま、正社員でもいいんだけど)バイトで自由な時間を確保しながら、その間に副業やったり資格をとるなりしたほうがいいですよってこと。

これからの時代を安全に生きたいなら「収入の柱を複数建てたほうがいい」っていうのは、この本を読む前からぼく自身とても強く感じていたので、この部分についてはもう答え合わせでさえなかった。

まとめ

他にもチェックしたポイントはたくさんあったんだけど、全部拾って引用するとクソ長くなるので、この辺にしようと思う。

それに冒頭にも書いたように、この本の内容については「ネットビジネスにおけるマインドセット」で予め学んでいた部分だし、他のビジネス書のレビューでも書いたことがあるような内容が大半なので、もういいかなと思う。

何れにせよ、これから起業を考えている人や、ネットビジネスで成功したいと思っている人ならマストで読む本。

むしろこれ読んでないで、ネットビジネスやるとか起業するとか言ってたら、マジで笑われると思うので、早く読んでおいたほうがいい。

ぼくの場合むしろ「恥ずかしながら、今更読ませていただきます。すみません」という気持ちで読んでいたくらいだ。

ただ、個人的な感想として、「不要な部分」の文字数も非常に多く感じられたので、この本によって、「読み飛ばし」のコツがつかめた気がする。
 
 

ちょっとでも楽しんでいただけたり、参考になりましたら、読者登録をいただけると嬉しいです。

※「ブログリーダー」は「LINE」に更新通知が届きます。
※FeedlyはRSSで更新通知が確認できます。 ■EDIT