71bx9Avi0+L._SL1001_

BUCK-TICK - 悪の華(メジャー4th ALBUM(通算5枚目))
1990年2月1日リリース

・Gt. 今井寿の謹慎明け復活アルバム



29年前の今日リリース。

懐かしい。もうそんなに日が経つのか。ぼくが、一番最初にBUCK-TICK(以下B-T)に触れたのがこの作品だった。

ラルクのときにも書いたけど、このバンドもまた、謹慎明けの復活によるこのアルバムでブレイクを果たした典型例。

当時ぼくは、大好きだったXの「BLUE BLOOD」も一通りしゃぶり尽くして、似たようなバンドに飢えていた頃に、ぼくの目に飛び込んできたのがこのジャケット写真と、「悪の華」と言うシングル曲だった。


Xほどの破壊力や爆発力はないけど、その統一されたダークネスな世界観、「悪の華」というタイトリングセンス、そしてVo. 櫻井敦司の妖艶なルックスで、ジャンルは違えど中学2年進級直前だったぼくを夢中にさせるには十分だった。

サウンドと世界観

B-Tはこの作品以降も、アルバムリリースごとに、それまで培ってきた音楽的ジャンルや世界観をことごとく覆していくタイプのバンドだ。

本作の場合、それまでのPOPなサウンドの中で描かれていたB-T流のエロティシズムは、本作1つ前のアルバムである「TABOO」にてより艶かしくなり、本作「悪の華」ではそこに「ダークネス」と「グロ」がほんの少し混ざる形となった。

これは宛ら「エログロ・ダークネス(そのまんま)」といった独特の世界観を構築することに成功したとも言えるし、所謂V系における「ダークネス」とか、中世ヨーロッパを彷彿とさせる退廃的世界観は、確実に後のV系に絶大なる影響をもたらしたのは、最早論をまたないだろう。

と言うよりも、音楽性と相まってあまりにもしっくり来すぎて、1つの正解というか「型」を作った感さえあると言っていいだろうと思う。

間違いなく、黒夢世代近辺のV系バンドや、少し下のぼく世代のバンドはここを通っているはずである。

お気に入りの楽曲

本作に捨て曲ってないとは思うんだけど、特に好きな曲についていくつかピックアップしておきたい。


BUCK-TICK - 「惡の華」2015年ミックス版・全曲ダイジェスト

M2. 幻の都

曲全体の雰囲気はエキゾチック。

その中で、どこか宗教観の漂うジャングルビート風なドラムと、大蛇が絡みつくような太くて粘っこいベースライン、そして常に裏側でオクターブ下をユニゾンでまとわりつく、邪悪な長い影のようなヴォーカルと、悪魔的儀式を彷彿とさせる世界観。

これは間違いなく、B-Tだからこそできる曲。


M5. MISTY BLUE

この妖艶さと言うか、前作アルバム「TABOO」の面影を残しつつも、ここに「毒」が更に増している感じ。毒のあるエロ。曲のテンポ感といい、櫻井敦司の所謂「濡れた声」といい、すべてがエロい。


M6. DIZZY MOON

このアルバムの中では割とアッパービートな曲。っていうかSKA。
しかもこの曲は珍しく、Ds. ヤガミトール氏が作詞をしている。


M7. SABBAT

こちらは逆に、エロ要素は薄いものの、宗教的な世界観と毒の要素が強い曲。
ぼくは、このアルバムの中では、「M2. 幻の都」かこの曲かっていうくらい好きな曲。


M8. 悪の華

凄くシンプルな8ビート曲。

実際、この曲は演奏難易度もかなり易しめなので、当時バンド始めたての人はみんなこれ一度はやったことがあると思う。(時代的にも正に第二次バンドブーム真っ只中だったし)

いずれにしても、冒頭にて書いたように、この曲でB-Tを知ったという人も多い上に、以降のバンドイメージを大きく決定付けるキッカケにもなった曲なので、B-Tを語る上では絶対に外せない曲。


M9. KISS ME GOOD-BYE

過去に曲を作っていた時に、イントロ部分のフレーズとかサビの部分とかが、我ながらやけに聞き覚えのある曲だなと思ったらこの曲だった、ということがある。

中学生の頃に初めて聞いた当時はそんなに好きな曲ではなかったのに、記憶の片隅にずっと残っていたようで、20代になって作曲をするようになってから、こんな風にこの曲と再会するだなんて思いもしなかった。

まとめ

要するにこのアルバムは、先述のようにB-Tを語る上では絶対に外すことのできない、ターニングポイント的なアルバムであることは間違いないし、V系史を紐解く上でも必ず出てくるアルバムではないかと思う。

そんなアルバムが、2015年にミックスを新たにしてリリースされたってことで、上で埋めた動画は正にそのダイジェストなんだけど、音が神がかり的に良質かつ分厚くなっているので、是非聴きたいところ。

でも、それ以外のおまけが多すぎて、結構高かった気がする。と思って今探してみたら、音源だけのやつあった!

惡の華 (2015年ミックス版)<プラチナSHM>
BUCK-TICK
ビクターエンタテインメント
2015-02-01


ダメ元でレンタルショップで探してみて、なければ買おうかな。

■EDIT