91uXcjsZ-RL._SL1500_


1993年1月21日リリース

●収録曲
1. FROZEN BUG / M*A*S*S (hide + J + INORAN)
2. STATE VIOENCE STATE CONTROL / CONTROLED PKO
3. JESUS SKY / VIRTU PSYCHO MARE
4. GENDER BENDER / SUPER PLANET
5. BUTTERFLY SONG / B-2 DEP'T (EX DEP'T SK)
6. SINK (2010 MIX) / M-AGE
7. WALKING EYES (RUNNING EYES) / ASKA KANEKO WITH MACEO PARKER
8. BELIEVE / LUCY'S DRIVE
9. UNKNOWN / PAINT IN WATERCOLOUR
10. PERSONALITY OVERLOAD / NINETY SEVEN PERCENTS
11. DESTRUCTION / PORNOGRAPHY
12. REVIVE / SUGIZO


26年前の昨日リリース。

前回取り上げた、Extasy Recordsのバンド「Giiles de Rais - 殺意」と全く同じ日にリリースされたアルバム。

まず、全体的なジャンルで言うと、所謂「インダストリアル」というものになると思う。ラインナップ的にも、所謂そっち系の人たちばかりだが、彼らのことはぼくでさえも殆ど知らない。多分、当時からだれも知らないような人たちばかりだったと思う。まじで知らない。

で、そんな中、当時Xのギタリストだった生前の「hide」と、当時はまだ無名にも等しかったメジャーデビュー直後の「LUNA SEA」のGt. INORANとBs. Jと3人で「M×A×S×S」というユニットを結成し参加するということで、当時のV系好きの間では少しだけ話題になった。

何しろ、この3人でV系専門誌である「SHOXX」の表紙を飾って特集が組まれていたくらいだ。当時中学生だったぼくは、その当時のSHOXXを定期購読していたのでよく覚えている。

※なので、恐らくシリーズとしては今作が一番売れていると思う。

また、その3人以外にも、同じくLUNA SEAからGt. SUGIZOがソロで参加していたりということで、少し遅れてこのアルバムを中古か何かで購入して聞いた覚えがある。

因みに、このSUGIZOの「REVIVE」という曲は、一聴するとSUGIZOの「静」の部分がフィーチャーされた美しいヴァイオリン曲ではある。

しかし、曲の後半で破壊的なノイズを放出するところがあったりと、X JAPANのART OF LIFEのピアノソロを彷彿とさせるようなカオティックな曲で、のちのSUGIZOの片鱗を伺わせるような曲になっている。

hide、INORAN、Jによる「M×A×S×S」も含め、それぞれのバンドでは絶対に表現しにくいような実験的要素がふんだんに詰め込まれたコンピレーションアルバム。

前回の「Gilles de Rais」を書いている最中に情報収集していた時に、偶然このアルバムも同日リリースと知って、慌ててこうして記事として書いてしまった。

そして、思わずAmazonで衝動買いしてしまった。中古でめっちゃ安かったから。

 
 

ちょっとでも楽しんでいただけたり、参考になりましたら、読者登録をいただけると嬉しいです。

※「ブログリーダー」は「LINE」に更新通知が届きます。
※FeedlyはRSSで更新通知が確認できます。 ■EDIT