TM NETWORK - RESISTANCE(12th SINGLE)
1988年1月1日リリース。

・c/w:COME BACK TO ASIA
・作詞:小室みつ子 / 作曲:小室哲哉
・収録アルバム「humansystem(5th ALBUM)」

31年前の元日リリース。

もう何日も過ぎてしまったけど、このカテゴリしばらく更新してなかったのと、この曲大好きなんで、取り上げます。

ぼくがこの曲を最初に知ったのは、リプロダクションアルバムである「DRESS」で、そのバージョンではかなり荘厳なバラードって感じで、あまりに荘厳すぎてドラムの音が殆どないというアレンジだったもんだから、当初は正直受け入れがたいものがあった。

なんなら、DRESSバージョンのRESISTNCEって、最初の唸り声みたいなやつがちょっと怖かったくらいだし。

って思ってたら、後に知ることになるんだけど、昔、ラジカセでカセットテープとかに「ダビング」するときのモードに「倍速ダビングモード」みたいなやつがあったじゃないですか。てか、あったんだよ。若え奴らは「ダビング」自体知らんだろうけどw

で、そこで倍速で聞いて初めて知ったんだけど、あの唸り声って普通に「RESISTANCE」って言ってただけなのな。それをめっちゃ再生スピード遅くして低音にしてただけだったっていう。

で、更にしばらくあとになってから、アルバム「hyumansystem」で初めてオリジナル版を聞いた時にあまりにもDRESS版と異なっていたためにびっくりしたけど、ぼく的には、オリジナル版のほうがしっくり来たと言うか、単純にかっこいいなと思った。

なんかこの曲の歌詞を紐解いてみると、実に小室みつ子さんらしいというか、もっと言うなら「SEVEN DAYS WAR感」を個人的にはすごく感じる。

SEVEN DAYS WARが男性視点で歌われていたとするなら、RESISTANCEはそれを見守る女性視点という解釈もできなくはないのではないかと思う。

ただ、惜しむらくはこんな素晴らしい曲が、当時TBSのトレンディドラマ?のOPに使われていて、別にそれ自体は全く構わないのだけど、でもどう考えてもドラマの世界観と全くあっていなくて、所謂「大人の事情」的なタイアップだったんだろうなと思うと、非常に残念な気持ちになってしまいますね。

TM NETWORK ~Resistance~LIVETOMATO'88
■EDIT