●今日お誕生日の楽曲
・X - ENDLESS RAIN(2nd SINGLE)
・X - SAY ANYTHING(8th SINGLE)





X - ENDLESS RAIN(2nd SINGLE)
1989年12月1日リリース

・作詞 / 作曲:YOSHIKI
・c/w:X(LIVE version)
・収録アルバム:BLUE BLOOD(メジャーデビューアルバム)
・NHKの番組出演時には、歌詞の「眠りは麻薬」を「眠りは深く」に差し替えた。



29年前の今日リリース。

Xのバラードって基本嫌いなんだけど、この曲だけは好き。特にギターソロが秀逸で、Xの全楽曲の中でも五指に入るほどだと思っている。あと、何気にジャケットもすごくいいと思う。

バラード曲のジャケットなのに、バラード感があまりないと言うか、描かれている薔薇が正に「美麗さと刺々しさ」を表しているようにも見えて、ヴィジュアル系メタルバンドとしての存在感をアピールしているようにも見えるところが好き。ま、当時は「ヴィジュアル系」なんて言ってなかったけども。

この曲って、ヴォーカルが本当に大変で、Aメロ・Bメロがキー低いくせにサビで一気に跳ね上がるもんだからかなり辛い。

あと、YOSHIKIが作詞作曲する楽曲って、まあまあの割合でYOSHIKIによる英語の朗読が入るんだけど、この曲に関しては珍しくTOSHIが朗読している。

TOSHIが英語を朗読しているのって、おそらくこの曲と、インディーズのときにリリースされたアルバム「VANISHING VISION」に収録されている「PHANTOM OF GUILT」という、TOSHI作詞・TAIJI作曲の楽曲のエンディング部分とBLUE BLOODに収録されている「X」だけじゃないかと思う。

アレンジ面でいうと、冒頭にも書いたギターソロも非常にいいのだけど、やはりなんと言っても、TAIJIのベースのアレンジが非常に神がかっている。

特にイントロはもちろんそうなんだけど、何気にギターソロでのTAIJIのベースの動きも秀逸。この人のベースは、基本、普通の人ではまず思いつかないようなフレーズばかりだ。

こういう言う人のことを「天才」っていうんだと思う。


1989.11.18. X ALL NIGHT FUJI + Endless Rain + Kurenai




M2. X(LIVE version)

このバージョン死ぬほどかっこいい。

本編イントロに入る前の、YOSHIKIのフロアタム刻みによるジャングルビートがもう、否が応でもテンションと期待感が高まるし、何よりこの原始的なビートが単純に人を興奮させる何かがあると思う。

あと、ライブなので原曲よりもテンポが速いのもいい。あと、BLUE BLOODに収録されているバージョンでセリフだった部分がライブだとメンバー紹介だったりして、当時ガキンチョだったぼくは、「曲中でメンバー紹介をする」っていうのが斬新に見えて、めちゃくちゃかっこいいと思った。


X Japan - X Live 1989 (Blue Blood Tour - 爆発寸前GIG)
※シングルのカップリングとは別のライブ





X - SAY ANYTHING(8th SINGLE)

1991年12月1日リリース

・作詞 / 作曲:YOSHIKI
・収録アルバム「Jealousy(メジャー2nd ALBUM)」




27年前の今日リリース。

奇しくも前バラード曲である「ENDLESS RAIN」と同じ日にリリースされている。でも、この曲自体がそもそも「打倒ENDLESS RAIN」というのがコンセプトらしいので、そう考えうると、むしろリリース日狙ったのかなというのも、さもありなんと言ったところではないだろうか。

とは言え、この曲についての解説は、実は過去ログで既にやってしまっているので、割愛。よかったらこちらをどうぞ。

※関連過去ログ
タイの女児が歌う「X JAPANのSay Anything」を聞いて「100年先にも残る名曲とは何か」について考える。


■EDIT