High and Low the movie 3 "Final Mission"

※前もって言っておくと、ぼくはこの作品のTVシリーズは一切見たことがなく、予備知識が殆どない状態で見ました。

不覚にもちょっとおもしろいと思ってしまった。

所謂「LDH系」といいますか、要するにEXILE及びEXILE TRIBEのLDHファミリー+最近のヤンキーものの映像作品に必ずいる役者さんたちが勢揃いな、オラオラ系作品。

とはいえ、世界観だとか背景とか、細かなディテールとかその辺についてはかつて日テレ土8枠でやっていた子供向けドラマに、クローズZERO的なヤンキー感を取り入れた感じ。劇中に出てくる「無名街」ってのを最初聞いた時は、キンキキッズが主演していた「未満都市」を思い出したくらいだし。

で、これはそうした子供向け映画だと思っていたのだけど、劇場版だからなのか元々そうなのか知らないけど、それ以外の役者勢がまあ割と豪華な顔ぶれで。

岸谷五朗は、クローズZEROにも出ていたし、割とこの手の子供向けの作品でも見かける機会はあるのでわかるんだけど、ヤクザの親分役として「津川雅彦」だったり、その組織の幹部連中として「岩城滉一、高嶋政宏、笹野高史、木下ほうか、加藤雅也」ら、豪華ベテラン陣が揃っている。

そればかりか、その幹部連中の中に、元BLANKY JET CITYのDs. 中村達也までいるから驚いた。女性陣だと「小泉今日子、飯島直子、YOU」なんかも参加していて、キョンキョンとYOUに至ってはラストあたりでチョロっと出てくるだけだったので、「なんて贅沢な無駄遣いだろう」とも思った。

でも、物語の世界観なんかは、やはり先述したように、かつての日テレ土8の子供向け路線で、最初の「これまでのあらすじ」的な説明で「九龍グループと政府の癒着」とか「それを暴くためのUSBメモリを巡って」とか、ちょっといくらなんでもベタすぎやしませんかと思って、逆に笑えたw

「機密情報が記録されたUSB」ですよ?きょうび、USB出しますかとw もう、一昔前の海外ドラマでも扱わないでしょw まあでも、これが「フロッピーディスク」じゃないだけマシかw

しかしながら、あまつさえ物語も佳境にに入ってきた頃、仕掛けられた爆弾を止めるために、なんとダメ押しとばかりに「何色のケーブルを切るか」という描写まで出てくるから、流石にこの時ばかりは飲み物を吹き出しそうになったw

でも流石にそのシーンを大真面目に緊張感たっぷりにやってしまうとコントになってしまうと危惧したからなのか、ここについては言わば「外し」の演出がされている。

具体的には、カットが変わって爆発する描写が出てきたので「あ、ミスったんだなw」って思うんだけど、シーンが戻ると、実は「切るかどうか迷っているうちに爆発してた」ってオチで「いや切ってへんのかい!」ってなったw

更に言うなら、その爆弾の色付きコードが5本あって、それぞれの色が劇中に出てくる「S.W.O.R.D地区」のイメージカラーと意味ありげに一致しているとか、「いやいやそんなわけねーだろ!」って話だったり。

他にもいくつもの、言わば「ご都合主義」みたいなものが出てくるんだけど、この辺については見ながら「あ、これは仮面ライダーだと思ってみればいいんだ」ということに気づいたので、途中からは気にならなくなったw

あとは、劇中でのアクションシーンとか、パルクール的なスタントなんかは非常に見応えがあった。でも、どうやらファンからすると前作に比べるとその比率が減少してしまっているようで、物足りなかったとのこと。

ということはこの物語は、ストーリー物っていうよりかは、MATRIXみたいな「ヴィジュアル系アクションもの」ってことでいいのかな。

いずれにしても、子供向けではあるけど、ぼくはこーゆーの結構好きなので、この際、TVシリーズを追いかけてみようかなってちょっと思いました。半笑いで見つつも、ちょっとテンション上がったしw

High and Low the movie 3 "Final Mission"

 
 

ちょっとでも楽しんでいただけたり、参考になりましたら、読者登録をいただけると嬉しいです。

※「ブログリーダー」は「LINE」に更新通知が届きます。
※FeedlyはRSSで更新通知が確認できます。 ■EDIT