91Lufsv14DL._SL1500_
黒夢 - Spray(10th SINGLE)
1997/06/04リリース


21年前の昨日、リリースされたシングル。

先のエントリ「氷室京介 - NATIVE STRANGER」と全く同じ日にリリースされているとは知らなかった。イメージ的に氷室のほうが古いイメージだった。

こちらは、少し前に紹介した「黒夢 - CORKSCREW(メジャー6th ALBUM)」の1つ前のアルバム「DRAG TREATMENT」に収録されている先行シングルだけど、所謂、黒夢の本格的なパンク路線へのシフトチェンジの皮切りとなった1曲。当時、リアルタイムでこれを初めて聞いた時は、本当に衝撃的だった。

※関連過去ログ
 http://blogrider.tokyo/archives/13814206.html

何しろ「For Dear」とか「Miss Moonlight」とか、いわゆる「THE ヴィジュアル系!どーん!」みたいなど真ん中ストレートのV系サウンドから、アルバム「FAKE STAR」での「ピストル」とか「BEAMS」とか「SEE YOU」といった「黒夢流パンキッシュPOPS」を経てのこの曲ですからね。

もうなんていうか、この「ジャケットだけですべてが分かっちゃう感じ」っていうんですかね。これでもかというくらいのSEX PISTOLS感w最高ですよね。

曲については、このジャケットから受ける印象のまんまの、軽快な8ビートパンクチューン。

乾いたオーバードライブのギターによるワイルドなコードストロークと、ベテランドラマー「そうる透」による、軽すぎず重すぎないビートから駆け抜けるドライブ感が、たまらなく心地良い。バンド始めたてのキッズなら、間違いなくコピーしたくなるような、そんな曲。

ちょうどこの頃って、ヴィジュアル系バンドブームでもあったけど、その裏っかわでパンク・メロコアブームも進行していた頃だったから、時代の流れにドンピシャにマッチした格好となっている。

更には、個人的な話をすると、ちょうどぼくもこの頃にバンドをやっていて、人生史上で最も音楽に貪欲だったこともあって、この曲のみならず、当時の黒夢には非常に大きな影響を受けていた。

そこまで好きなバンドではないといいつつ、実は結構思い出深いところもあったということを、ふと思い出した。
 
 

ちょっとでも楽しんでいただけたり、参考になりましたら、読者登録をいただけると嬉しいです。

※「ブログリーダー」は「LINE」に更新通知が届きます。
※FeedlyはRSSで更新通知が確認できます。 ■EDIT