アルバム「灰とダイヤモンド」、シングル「RAIN」ともに
1994/05/25リリース
(灰とダイヤモンド:Extasy Record、RAIN:プラチナム・レコード)
     
25年前の今日リリースされたGLAYのインデューズアルバム(と、メジャーデビューシングル)。
 
インデューズアルバムとメジャーデビューシングルを同時にリリースするという、実にトリッキーな形でデビューしている。

灰ダイの方はX JAPANのYOSHIKIのレーベルであるExtasyからリリースされており、RAINはこれまたYOSHIKIの作ったレーベルであるプラチナム・レコードからリリースされている。
 
更には、RAINに至っては、TAKUROが10代の時に作った曲の歌詞をガラッと変えて、曲を付け足して、レベールでの囲い方も含めて「完全YOSHIKIプロデュース」というていでリリースしている。

だが、ぼくはこの「YOSHIKIプロデュース」のRAINという曲については全く興味がないし、はっきり言って嫌いだ。
 
というかもっと言うなら、ぼくはGLAYについてはこのアルバムと、この次のメジャー1stにあたる「SPEED POP」を挟んでからのメジャー2ndである「BEAT OUT」の2枚以外は基本嫌いだ。GLAYはこの「灰とダイヤモンド」と「BEAT OUT」だけが突出して良作。
 
Extasy出身のバンドで後にビッグネームとなったバンドは、大抵hideが見つけてくることが多いのだけど、このバンドについてはどうもそうではないようで、珍しくYOSHIKIが見つけてきた感じになっている。
 
でも、彼らの多面的な音楽性は、YOSHIKIが拾ってきたバンドとは思えないくらいに、正に生前のhideが好きそうな「パンキッシュでありながら毒のあるPOP」という、hideの根源を彷彿とさせるような作りになっている。
 
後にシングルカットされる「真夏の扉」のような、如何にもタイアップシングルといったJ-POP的なものから、「彼女のModern」や「TWO BELL SILENCE」、「千ノナイフが胸ヲ刺ス」といったV系王道路線まで幅広く網羅されており、現在のGLAYの核となる部分は既にこの時出来上がっていたことがわかる。
 
それどころか、この当時は無名だったことから、本当にやりたい音楽を誰に咎められること無く自由に楽しんでいる感じというのが伝わってくるだけに、このアルバムにも収録されているYOSHIKIプロデュースの楽曲である「RAIN」が非常に浮いてしまっているのが残念でならない。
 
もうこの際言ってしまうが、YOSHIKIは誰かをプロデュースしたりするのはやめたほうがいい気がする。誰をプロデュースしたって、良くも悪くも「YOSHIKI」にしかならない。
 
無論、プロデュースというのはそうした要素を求められるものなんだろうけど、GLAYのようにせっかく元々個性の強い色を放っているものに対し、YOSIHIKIが上からそれをYOSHIKI色に塗りつぶす意味ってなんなんだろうかと思ってしまう。

(RAINについてはGLAYのいい部分が完全にスポイルされてしまっている) 
 
因みにこのアルバムにおける振り幅の広いアレンジは、当時Drumsとして在籍していた「AKIRA」という人に依る部分が大きいらしい。

けど、このアルバムリリース直後に脱退し、次作「SPEED POP」からは別の人がドラムを叩いているんだけど、実際同じバンドとは思えないくらい、すごくつまんないアルバムになってしまっている。
 
何にせよ、これはぼくがバンド始めたての頃によく聞いてたアルバムで、実は結構思い出深い。また、曲作りをやり始めた当時によく聞いていたこともあり、アレンジの仕方も含めて非常に参考になったのは印象に残っている。
 
何気にこのアルバムは、GLAY屈指の名盤だと思う。

■EDIT