山口組の慟哭 菱の死闘 ~元直参組織最高幹部の激白~
桜井 健治 ジーウォーク (2017-11-28) 売り上げランキング: 16,391

メチャクチャ面白かった。

最近、山口組関連の本を読むのにハマっていて、前々回「山口組 顧問弁護士 - 山之内幸夫」を紹介したわけなんだけど、同じ「山口組関係者」でも、あっちは「顧問弁護士」で一応カタギであるのに対し、こっちは「直参組織の幹部」というモロな当事者。

な、だけに、書かれている内容のリアリティーがすごい。

と言っても、ありがちな現役時代の懐古に浸りながらの武勇伝自慢などなどは一切なく、今回の分裂そのものよりも山口組の歴史をおさらいする方に字数を割いているので、過去の分裂抗争(山一抗争)をはじめ、様々な歴史について知ることができる。

なので、山口組関連の本を読み始める最初の本としてはすごくいいんじゃないかという気もする。

あとは、終盤「六代目山口組」と「神戸山口組」からさらに袂を分かった「任侠山口組」を率いる「織田絆誠」について、これでもかというくらいケチョンケチョンに書いてて思わず笑った。

とは言え、ページ数もまあまあ多く、B6版のソフトカバーの大きさに対して文字数もやや多めなので、読み終わるのに時間がかかった。(通勤電車の中でのみラノベと併読していたので、1ヶ月位かかったw)

コンビニで買った本としては、非常に読み応えがある良著。ヤクザを知る上では非常に有意義な一冊だと思います。

※関連過去ログ
 http://blogrider.tokyo/archives/13814048.html

山口組の慟哭 菱の死闘 ~元直参組織最高幹部の激白~
桜井 健治 ジーウォーク (2017-11-28) 売り上げランキング: 16,391
 
 

ちょっとでも楽しんでいただけたり、参考になりましたら、読者登録をいただけると嬉しいです。

※「ブログリーダー」は「LINE」に更新通知が届きます。
※FeedlyはRSSで更新通知が確認できます。 ■EDIT