もう限界だ!端末も回線もまるごと変えてやる!






これまで使用していた携帯電話におけるキャリアを、docomoから楽天モバイルへMNPにて移行し、ついでにスマートフォンも、5年落ちのdocomoのクロッシィ端末から「iPhone6」に乗り換えることにした。

で、このiPhone6は、以前日記にも書いたように、イオシスにて中古で購入したものだった。


上記過去ログにも書いたのだけど、「128GBで¥24800」という非常にお買い得なお値段だったのだが、後に「この時点で、もっとよく確認するべきだった…」と死ぬほど後悔する羽目になった。そしてそこから、数々の困難が待ち受けていた。

※上記日記UP以降、1月の大半をこの「iPhone6」のために費やしてしまったと言っても過言ではないほどだ。

この物語は、スマホ嫌いであるが故に、PCリテラシーはそこそこ高いくせに、スマートフォン関連のリテラシーについては極めて低いが故に起きた悲劇と、その運命に抗おうとした、ある男の中古iPhone6端末をめぐる、闘いの記録である。



■SIMトレイ紛失

先述の通り「128GBで¥24800(色:スペースグレイ)」と、大変お買い得だった。

注文から到着も割と早く、ウキウキしながら開封し、本体とご対面。商品ランクはBで使用感はもとより、多少の傷や汚れ等を覚悟していたが、実際来たものは想像以上にキレイなものだった。

しかも、楽天モバイルの通話SIMカードも同時に到着していたので、早速取り付けることに。しかし早速、ここで悲劇が。

iPhoneのSIMカードを取り出す際には、専用のピンを使用する必要がある。AndroidのUSB端末とかみたいに、爪で引っ掛けてカバーを外すみたいに簡単にはいかない。簡単に開いちゃまずい部分だからね。



で、このピン自体は、以前iPhone4をiPod代わりに利用するため、アクティベートした際に使っていたものを持っていたのだけど、どこにしまったかわからなかったし、探すのが面倒だったため、ペーパークリップで代用しようと思い立った。

しかし、穴に挿すのはわかるんだけど、それをその後どうするのか(引くのか引っ掛けるようにして鍵のように回すなどするのか)といった動きが不明で(というか忘れていて)、ぼくはクリップを挿し、少し折り曲げて引っ掛ける形で引き抜こうと思った。と言うよりそうするもんだと思いこんでいた。

ぐりぐりぐりぐり弄って引っ掻き回して引っこ抜こうとしていたら「ぴきーん」という金属音とともに、SIMトレイが、それはそれは実に美しい放物線を描きながら、ぼくの部屋を華麗に舞った。


うわあああああああああ!!!!!!!


やっちまった。ぼくの部屋は非常に散らかっている、ということを差し引いても、画像を見ていただければお分かりいただけるかと思うが、このような小さな部品である。これを探し出すのは、砂漠の中でコンタクトレンズを探し出すに等しいレベルの、果てしない作業だ。

2時間に渡る懸命な捜索をおこなったが、終ぞ見つかることのないまま捜索は打ち切り、以降はAmazonにて「SIMトレイのみ購入」へと、捜査方針が切り替えられることとなった。


■SIMトレイ購入




Amazonで探したら、すぐに見つかった。さすがはAmazon。
即注文。プライム会員なので、お急ぎ便で翌日には届くことに。

しかし、ぼくは早くコイツを使いたい。できれば今すぐ使いたい。

どうしても明日まで待ちきれないぼくは、何を血迷ったのか、とんでもない暴挙に出てしまった。


■SIMカードを、トレイ無しで直接ブッ挿す


SIMに関する様々な情報を集めている最中で、スマートフォンの本体の裏蓋をパカっと開けてSIMをブッ挿すタイプにて、SIMトレイを使わずに直接挿すこともできるという記事を見た。それによると、一応それでも普通に認識はされるらしい。

一瞬自分も試そうと思ったが、いやしかし待てと。明日にはトレイ届くんだし、そんなに慌てる必要はないじゃないかと。焦るなと。あれだけ自分に言い聞かせていたはずなのに、何故かぼくは夜中に直接ブッ挿すという暴挙に出た。

ブッ挿したい衝動を抑えきれなくなってしまったのだ。それに、いざとなったら、ピンセットで抜けばいいだけの話だし、大丈夫っしょと思ってもいた――ところがである。

――ない。ピンセットがない。

確かに自分のデスクのペン立てに刺さっていたと思っていたのだが、いつのまにやら何処かへ紛失したようだった。仕方がないので、直接爪で引っ掛けて引き寄せようと、爪を挟み込もうとしたら、SIMカードはより奥の方に入り込み、底なしの闇の中へと消えていき、遂にその後姿は見えなくなった…

※注:ぼくの携帯の画像ではありません。



うわあああああああああ!!!!!!!


一体ぼくは何をやっているのかと。数分前のぼくをぶん殴ってやりたい。どうしようどうしようと慌てふためき「どうやって分解して取り出そうか」などと言うことが一瞬脳裏に過ぎったが、あぶないあぶない。更なるドツボにはまるところだった。

Androidみたいに裏蓋が開くわけじゃないから、こんなもんそれこそ素人が中途半端な知識で開こうもんなら、ますます取り返しの付かないことになる。落ち着け。まずは落ち着くんだ。

深呼吸をし、どうにかこうにか平常心を取り戻し「電気屋の修理窓口に持っていけばいいのではないか」という閃きをなんとか捕まえ、ひとまずググった。


■まさかの自宅すぐ近くにiPhone修理屋さんが!



「Just tell me my life 何処まで歩いてみても~涙で~明日が見えない~」

とばかりに途方に暮れ、比喩でもなんでも無く、本当に泣きそうになりながらも、一応大人なのですんでのところで涙をどうにか堪えて、ぼくは翌日、iPhone修理可能なお店に持っていくことに決めた。

最初は、一駅先にある「PC DEPOT」に持っていこうとしたんだけど、よくよくネットで調べてみたら、なんと恐ろしいことに、ぼくの家から徒歩で僅か3分くらいの場所に、iPhone修理できる店があることがわかった。

昼の時間帯にその場所を通りかかることが殆どないのと、そもそも表向きのメインは別事業であるため、今の今まで全く気づかなかったが、確かに「iPhone修理」と書かれたノボリが立っていた。灯台下暗しとは正にこの事。いやあ、意外と近くにあるもんですね。

で、そこで状況を説明するんだけど、「SIMカードを直で挿しちゃった」っていうのがちょっと恥ずかしくて、バカリズムの「おち●ぽをビデオデッキに突っ込んで取れなくなって電気屋に電話する」って言うネタを思い出した。

■バカリズム - - - 「ヌケなくて・・・」/『バカリズム ライブ「宇宙時代」特大号』より■


で、修理に出すにあたって、なんか紙に色々アンケート的なものを書かされるわけなんだけど、コレを書いている間に「終わりましたー」なんつってすぐ終わっちまいやんの。コレ書く意味あった?てなもん。ホント一瞬だった。

多分、ぼくが最初にやろうとしていた「ピンセット的なものでの引き抜き」をおこなったのだろう。で、これで修理費¥1000。今思うと、普通に¥100ショップにでも行ってピンセット買って自分でやればよかった。

いやしかし、自分でやって、それこそ最初のSIMトレイみたいに「ぴーーーん」つってSIMカードそのものが吹っ飛んだら、今度こそシャレにならない。SIMカードですよ!電話回線そのものやっちゅーの。流石にコレには慎重にならざるをえないので、これは決して無駄ではない。正しい判断だ。

引き抜いたSIMカードについてはこの時のために、これまた何故か奇跡的に家にあった、刑事ドラマとかで鑑識の人が遺留品の押収の際に使うような「すごく小さいZIP出来るビニール」に入れて、家まで慎重に持ち帰った。

こんなん。※現場に落ちていた毛髪とかシャブ的な何かを入れる時に使うやつ


ビニールにSIMカードを慎重に入れた時、つい「おい、ちょっとこれ鑑識に回しといてくれ」って言いそうになったが、そう言えばぼくのそばには鑑識なんていなかったし、それどころか刑事でさえなかった、ということを思い出した。

まあ、この修理費については、授業料だと思えば寧ろ安いといったところでしょうか。

しかしぼくは、帰宅後に、今度はきちんとトレイに載せた上でSIMを挿したのだが、この後、更なる絶望を味わうことになることになるだなんて、この時はまだ知る由もなかった…


その2へ続く。


■次回予告■

~「こんにちわ」――ただの文字のはずなのに、ぼくに微笑みかけてくれているように見える
~「君とはSIM世界が違うのだよ」
~「アクティベート出来ません」
~「君とは歩んできたキャリアが違うのだよ」
~「うわあああああああああ!!!!!!!」
~「緊急通報のみ」「音信不通状態」
~「退路が絶たれた」という状況になってはじめてわかった――
~「いつでも帰る家がある安心感」があるから、ぼくは自由でいられたのだ。
~そして愚かなぼくは、いつの日か、それを「当たり前」だなんて思い上がってしまっていたのだ。


次回、中古iPhone6奮闘記第2話

「君とはSIM世界もキャリアも違うのだよ」

デュエルスタンバイ!


※画像引用元:
 https://support.apple.com/kb/SP705?locale=ja_JP&viewlocale=ja_JP
 http://little-beans.net/mvno/iphone-sim-card/
 https://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q13184471818
 https://home.gamer.com.tw/creationDetail.php?sn=2509911
 https://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q1148127841
 
 

ちょっとでも楽しんでいただけたり、参考になりましたら、読者登録をいただけると嬉しいです。

※「ブログリーダー」は「LINE」に更新通知が届きます。
※FeedlyはRSSで更新通知が確認できます。 ■EDIT