■ユニコーン 『大迷惑』

5ヶ月ぶりの懐ロック。

日常生活の中で、ふと頭をよぎる曲ってあるじゃないですか。で、それが「今日の曲」みたいになって一日中ぐるぐる回り続けるみたいな。そんなここ数日のぼくの頭の中の曲、言わば「脳窓ソング」がコレ。

で、オリジナルを無性に聞きたくなって久々にこの動画を見たんだけど、奥田民生若えなwそしてドラムの川西は相変わらずロバートの秋山に似ている。

この曲は、キーボードがすごくいい仕事をしている曲だなあと思う。

AメロBメロでコミカルな味付けをしているのに、サビでボーカルが畳み掛ける展開になると、ストリングスで、言っちゃえば無駄に壮大な感じというか、厳かな感じを出していて、そのギャップが非常に面白いと思う。

この曲を聞いて「いい曲だなあ」と思う理由って、正にこのサビのストリングスアレンジがこうなってるからなのかなと言う気がしている。それくらいこの曲の中での重要な位置を占めているというかなんというか。

ぼくは、所謂第二次バンドブーム世代というか、この時代のROCK&POPSが非常に好きではあるけど、ユニコーンが好きだったかというと、実はそんなでもな買ったりする。

というか、言っちゃえばちゃんと知ってる曲なんてこれしかないし、CDもコレしか持ってなかった。何故か他の曲はイマイチ響いてこなかった。

ただ、このバンドがすごく人気だった理由には、こうした音楽的にバラエティに飛んでいた部分だったのかなという気がしてきた。

最初期の頃の「Maybe Blue」なんかは、この頃とはまた違って、ビートロック寄りなPOPSって感じで、他のバンドが新宿LOFTとかJAMとかリキッドルームで「ROCKやってます!」って感じでやってる中、こっちは原宿のRUIDOとか渋谷のラ・ママとかでやってそうというか。

※完全にぼくの勝手なイメージです。実際はどうだったかは知りません)

でも、それこそキーボードが女性から阿部義晴に代わって、この大迷惑辺りになる頃には、正にこういった感じのコミカルかつ、音もちょっとロック寄りになってきたりしたことから、阿部義晴の影響が結構大きいのかなあなんて勝手に想像してる。

 
 

ちょっとでも楽しんでいただけたり、参考になりましたら、読者登録をいただけると嬉しいです。

※「ブログリーダー」は「LINE」に更新通知が届きます。
※FeedlyはRSSで更新通知が確認できます。 ■EDIT