■Fikshun Audition SYTYCD■

昨日の日記でFik-Shunのリンクを貼っておきながら、まだ1本しか紹介してなかったので改めて紹介しようと思う。YouTubeに数十本上がっている彼の動画の中でも、ここでのムーヴが結構お気に入り。

日本人のアニメーションダンサーである「蛯名健一」が優勝したときと同じオーディションかどうかは知らないが、まあ同じような系統。

にしても、これ「そういう番組だから」ってのもあるんだろうけど、いちいち審査員のリアクションの顔アップにフォーカスすんの止めて欲しいわ。あと最初のオーディションでの審査員3人の中のババアのリアクションがマジでうるせえ。ただただ不快。

なんかこーゆーのを見ると、アメリカも日本もバラエティ番組って意外と同じようなもんなんだなと思った。

彼のムーヴについて話を戻すと、まあこーゆー「番組」なので彼の顔アップが要所要所で抜かれたりして鬱陶しい部分はあるが、それでも01:15~のムーンウォークとかやっぱり惚れ惚れするくらいの美しさがこの頃から光っている。

※ムーンウォークについて多くの人が勘違いしているが、一般的にムーンウォークと言われているムーヴは「バックスライド」というのが正式名称で、この動きのことをムーンウォークというのが正しい。

で、使っている曲が、過去にこのブログで「気になる音楽」のカテゴリでも紹介したことのある「edIT」ってのもまたいい。

 ⇒※edIT - Crying Over Pros For No Reason (Full Album)  
 
 

ちょっとでも楽しんでいただけたり、参考になりましたら、読者登録をいただけると嬉しいです。

※「ブログリーダー」は「LINE」に更新通知が届きます。
※FeedlyはRSSで更新通知が確認できます。 ■EDIT