ABOUT ME

                 

LATEST ENTRIES

CATEGORIES

RECENT COMMENTS

LINKS

【コンビニ:カップ麺】マイクポップコーン焼きそばバターしょうゆ味

マルちゃん マイク・ポップコーン焼そば バターしょうゆ味 153g×12個
東洋水産 (2018-03-19)
売り上げランキング: 22,416

 

 

旨かった。

 

「ポップコーン+焼きそば」という斬新すぎる組み合わせが気になり、即ジャケ買い。これは外れないだろうということを食べる前から確信。なんならこの記事も、食べる前に書こうと思ったくらいだ。嘘だけど。

 

で、お味の方はと言うと、思ってたより甘かった。という感じ。まあ、ポップコーンを再現しようとしているんだから当然よね。でも決して嫌な甘さなどではなく、所謂、バター醤油特有の甘塩っぱい感じで、個人的には非常にいい塩梅。

 

でもぼくは購入する時、ジャケをちゃんと見てなかったもんだから、てっきりポップコーンが加薬として入っているもんだとばかり思っていたのだけど、そうではなかった。入ってても良かったと思うんだけどなあ。

 

とは言え、ソースを混ぜた後の風味は完全にポップコーンのそれで、非常に香ばしかった。

 

あと、ソースが粉末ってところもポイントが高い。バター醤油味なので元々そこまでソースギトギトにはならないけど、所謂液体ソースだったりすると、1袋まるまる入れちゃうと油の量が半端ないけど、粉末なのでその心配はなかった。で、案の定、ちょうどよかった。

 

あと、ぼくは基本、麺類にコーンが入っているのがすごく嫌いなのだけど、この焼きそばに関しては、全然ありだと思った。寧ろ必要とさえ思ったくらいだ。つまりそれくらい「バター醤油」がいい感じに甘みとしょっぱみを持ってくれているので、コーンが大いにそれを引き立ててくれていて、加薬として非常に有能とさえ感じた。

 

これは、あと2つ3つは食べたいレベル。ごちそうさまでした。

 

 

 

【コンビニ:カップ麺】ペヤング豚骨醤油

ペヤング 豚骨醤油やきそば 115g×18個
まるか商事 (2018-03-12)
売り上げランキング: 7,145

 

 

うまかった。

 

パッケージから受ける印象としてはこってり感が強そうだけど、そんなでもなかった。豚骨なので、風味としては以前食した「ペヤング背脂MAX」に近く、ラーメンっぽいけど、あれを更にあっさりした感じだった。とはいえ、加薬はほぼ一緒だと思う。

 

※関連過去ログ: 【コンビニ:カップ麺】ペヤング背脂MAX

 

とは言え、あっさりし過ぎてて、旨いけどペヤング感は薄いかもしれない。実際、セブンイレブンの大きなおにぎりと唐揚げ棒と一緒に食べても、全くもたれなかった。

 

あとぼくは、麺類は基本「やわ派」なのだけど、どういうわけかカップ焼きそばの時はいつもバリカタで、1分くらいで湯切ってしまうのだけど、コイツに関しては、少し置いてやわにしたほうがいいのかなとも思った。個人的にね。

 

なので、今度は5分以上置いて、やわやわにして食べてみようと思う。

 

【コンビニ:カップ麺】サッポロ一番 喜楽 中華麺

サッポロ一番 渋谷 喜楽 中華麺 105g×12個
サンヨー食品 (2018-02-13)
売り上げランキング: 14,687

 

 

まあまあ。

 

実際の店舗のそれに近いかというと、残念ながら、再現度はそこまで高くはない。コレなら一風堂のほうが遥かに再現度は高いといえる。

 

※参照過去ログ:【ラーメン】喜楽@渋谷

 

 

●スープ

 

カップ麺化する上ではある種仕方がないのかもしれないけど、まずスープがすごく普通になってしまっている。実際の店舗のものだと、醤油ラーメンでありながら、印象的とも言えるくらいに大分油が浮いているのが特徴なのが、これだと割と普通の醤油スープになってる。

 

 

●麺

 

麺については、大分近づけようとしているであろう努力の跡は伺えるなという印象。

 

実店舗のものは、この手の食堂系醤油ラーメンとしては珍しく、中太縮れ麺で結構もちもちしているんだけど、カップだとそれよりも明らかに細くなっており、その上ノンフライ麺なのでモチモチ感よりもツルツル感の方が強い。

 

とは言え、カップ麺として考えると麺はやや太い方だし、食べながら「あーあーなるほどなるほど」という感じとともに記憶が蘇って来たので、それなりに近いものにはなっていると思う。

 

 

●全体的な印象

 

喜楽の中華麺で最も特徴的なのは、やはり焦がしネギと言うか揚げネギなので、コレのお陰でだいぶ助けられているんじゃないかと思う。これが無かったら、正直店舗のものには程遠かったと思うし、カップ麺としても微妙になってしまうところだったんじゃないかと。

 

あ、でも最初のかき混ぜが足りてなかったのか、食べ終わりのところに差し掛かってくると、味が濃くなってきて結構近いものを感じたので、コツとしてはお湯を少なめで入れるかもしくは、お湯は普通の量にして、5分以上(7〜8分くらい)置くと、食感も風味も近づくんじゃないかという気がした。

 

 

【コンビニ:カップ麺】ペヤング カレーやきそばプラス納豆

 

旨い!

 

前回、同じペヤングの「塩ガーリック焼きそば」を紹介した時に「そういやカレー納豆やってなかった」ということを思い出したので、これも忘れないうちにやります。

 

とは言え、やっぱりコレ前も書いた気がするなあと思っていたら、あれは「ただの納豆味」でした。

 

で、あれからしばらく経って、今度はその納豆にカレーがプラスされてきたってことで、もはや食べる前からうまいのはわかっていました。即ち、コレを食すというのは最早「旨いということを確認するための、ただの答え合わせ」でしかない。

 

納豆そのものについては、前回のペヤングプラス納豆のレビューを参照していただくとして、カレーなんだけど、これがまたマサラ的なスパイシーな辛さになっていて、納豆の乾いたネバネバと非常に相性がいい!また、辛すぎることもないので、辛いのが苦手な人でも多分大丈夫。

 

ただ、例によってレギュラーサイズなので、これ1個だけだと昼飯としては少ないだろうから、コンビニのホットスナックコーナーのフライドチキンとかと合わせるといいかも。(できれば骨付きのやつ!)

 

実際、あわせたら旨かった。またはおにぎりとかもいいですね!コンビニでの在庫補充がされなくなったところを見ると、恐らくもう生産自体は終了している可能性が高く「在庫売り切り」みたいな感じだと思うので、無くなる前に箱買いしたほうがいいかもね。

 

 

 

 

 

【コンビニ:カップ麺】ペヤング 塩ガーリックやきそば

ペヤング 塩ガーリックやきそば 114g×18個
まるか商事 (2018-02-05)
売り上げランキング: 8,392

 

旨かった。

 

みんな大好きペヤングの新商品ってことで、早速試してみたっていうか、食べ終わった直後でコレ書いてるんだけど、ペヤングでは珍しい塩味ベースで、そこにガーリックの風味を効かせているのかと思いきや、そんな生易しいものではなく、ガーリックのパンチが強すぎて、思っていた以上に辛くてびっくりした。

 

一般的なカップ麺におけるガーリック「風味」と言うものに慣れすぎてしまっていたせいか、ちょと刺激が強すぎる感が否めない。辛いのが苦手な人にはあまりおすすめできないかも。なんていうか、食べ終わった後、空になった容器を目の前にしてコレを書いているんだけど、なんか目に染みてきたw

 

まあ、ぼくの場合はちょっとくらいなら辛味が強くても、まあ大丈夫っちゃ大丈夫だし、ガーリック大好きなので、最後まで美味しくいただけました。

 

ただ、こちらも新商品であるローソンのからあげクン「ごまラー油味」と一緒に食べたんだけど、ペヤングが強すぎたのか、ごまラー油味全くわかんなかった。ただのササミでしかなかった。まあ、元々からあげクンって、味の違いわかりづらい商品だけども。

 

にしても、ごまラー油とガーリックだからなのか、大した量じゃないのにすげーお腹いっぱい。

 

 

【コンビニ:カップ麺】日清食品 一風堂 とんこつまぜそば

■日清食品 一風堂 とんこつまぜそば■


くそうめえ!マジで超うまかった。

セブンイレブンというと、昔から一風堂のカップ麺を扱っていたわけだけど、今回はその「汁なし」バージョン。とは言え、普通のラーメンよりも一風堂の再現度は高いと思う。

一風堂の店舗での汁なしとんこつ麺は食べたことはないけど、麺の喉越しだとかとんこつの風味は店舗で食べるラーメンのそれにかなり近いと思う。紛うことなき一風堂そのものだった。さすが日清。流石セブンイレブン。

出勤の際のランチは当分これにしようかと本気で考えたくらいだ。家の近くのセブンイレブンが潰れたことが本当に悔やまれる。

となるとこれはAmazonで箱買いだな。これは充分、箱買いしていいレベル。

 

 

【コンビニ:カップ麺】ペヤング背脂MAX




うまかった。

だけどこの商品はパッケージで損している部分が、多少なりともあるような気がしてならない。敢えての白黒で、江戸文字フォントでデカデカと「背脂どーーーん!」みたいな感じで書かれたら、さぞ油が濃厚なんだろうなとか思うじゃないですか。

けどね、結論からいうと、そうでもないっていうね。なんなら、ノーマルのソース焼きそばで、液体ソースをフルで使うほうが余程油多いんじゃないかという気さえする。いやマジで。あれすげー量の油だよ。

確かに、湯切り後に混ぜるソースは、蓋の上で温まる前の状態は、コッテコテの状態なんだけど、結局コイツの仕上がりって「ちょっと油テカテカな焼きラーメン」みたいな感じなので、そこまでアブラアブラしていない。ホント、焼きラーメンみたいだった。何しろ加薬にナルトが入ってるしね。

ただ、刻みネギが細かすぎて、湯切りの時に湯切り口からどんどん逃げていくっていうのがね。湯切りの際、気をつけないとダメ。

てゆーか、どうでもいいがこの画像、なんでスターウォーズのOPの字幕みたいなアングルなんだろう。
 

【コンビニ:カップ麺】ペヤングプラス納豆

 

旨かった。納豆好きなら是非オススメ!

 

後入れの加薬として「納豆」が入っており、湯切りすることでひきわり納豆のネバネバ感が実際に出るようになっている。

 

とは言え、そこまでネバネバしすぎるわけではないので、麺をすする時にごっそり持って行かれたり、麺が束になることはない。でも軽く糸は引くし、風味もしっかり納豆のそれだ。うまい棒なっとう味を初めて食べた時の感動を思い出した。

 

ひきわり納豆なので、粒の大きさは「極小粒」。コンビニで売られている納豆巻の粘つきが大分抑えられたものを想像してもらえればわかりやすいかも。

 

あと、ぼくはソース焼きそばを食す際には、添付の液体ソースはいつも半分くらい残して、薄味にした上で敢えて麺に余白を残すような食べ方をするのだけど、コレに限っては、ソースちょっと濃いめくらいのほうがいいと思う。納豆だけど、醤油がかかっているわけではないので、納豆にも味をつけるという意味でも、ソースをきもち濃いめにしたほうがいいと思った。

 

納豆好きならリピート必至。オススメです!

 

 

【コンビニ:カップ麺】日清カップヌードル:抹茶仕立てシーフード

こないだ「【お題】好きなラーメンの味、なに?」というお題に回答して、実はそこで1回書いちゃったんだけど、敢えてこのタイミングで切り離してレビュー記事として公開しようと思う。その代わり先のお題で書いた内容は大幅に加筆修正した。ということで、以下レビュー。

 

「日清カップヌードル:抹茶」これすげーうまかった!
 

 


でもこれはあくまで「抹茶仕立てシーフード」なので、抹茶そのものの味ではなくあくまでスープは「シーフード」ってところがポイント。抹茶については麺に練り込められているようで、所謂ジェノベーゼみたいな見た目。あとはせいぜい風味と言うか「ちょっと抹茶の香りがする」ってくらいなもん。元来のシーフードのホワイトな甘みが、抹茶の渋さというかほのかな苦味できゅっと締めた感じ。

 

食わず嫌いで「え〜抹茶?」って難色示している人は一度試してみたほうがいい。

これはマジでおすすめ。


 

 

スポンサードリンク

<< 2/2PAGES