ABOUT ME

                 

LATEST ENTRIES

CATEGORIES

RECENT COMMENTS

LINKS

【お題】最後に買った「電化製品」なに?

■お題:最後に買った「電化製品」なに?

 

 

アイリスオーヤマのLED蛍光灯。(交換用の蛍光管ではなくカバーも付いた蛍光灯そのもの)同じものではないけど、見た目も丁度こんな感じ。

 

ぼくの部屋は2部屋あるのだけど、2年位1部屋のみしか電気をつけないと言う生活を送っていて、それ自体は大して不便ではなかったのだけど、電気をつけてない方の部屋が散らかるようになってくると「片付けがしづらくなる問題」が発生するようになった。

 

じゃあ、片付けを昼間の明るいうちにやろうと思うも、やはり電気がついてないと昼間でも暗いので限界があり、片付けのために購入した。おかげで片付けが結構捗った。やはり片付けの際は明るくないとダメですね。

 

それにしても、LEDでこんな昭和感満載の吊るしの蛍光灯があるだなんて思わなんだ。確かこれ、ヤマダ電機で¥3000くらいで購入した気がする。でもいわゆる、蛍光管の交換が出来ないタイプで、使い切りだと言われた。寿命は2年位だったか。

 

一人暮らしなので、家電の類はだいたい長持ちしてくれるということもあり、実はあまり買う機会はない。あと、自分で購入した家電て他だと冷蔵庫と加湿器付き電気ストーブくらいしかない。他はすべて貰い物。あとテレビ要らない。捨てたい。

 

そして今は家電よりも、メタルラックが欲しい。あと3つくらい。
 

 

 

【お題】最近、ラジオ聞いてる?

■お題:最近、ラジオ聞いてる?

 

 

昨年あたりにも同じお題が出ていたと思うけど、基本その時から変わってない。毎週楽しみに聞いているのは、下記の通り。

 

・bayfm - チャラン・ポ・ランタン「スットコドッコイ・ラヂオ劇場」

・文化放送 - 水樹奈々「スマイルギャング」

・文化放送 - 小倉唯「yui room」

・文化放送 - プチミレディ「ラ・プチミレディオ」

・TBS - 林原めぐみ「TOKYO BOOGIE NIGHT」

・TBS - ライムスター宇多丸「マイゲーム・マイライフ」

 

昨年と異なるのは、「ゆいかおり」の番組「ゆいかおりの実♪」が、ユニット解散に合わせて小倉唯単独の番組になったことと、ライムスター宇多丸の「マイゲーム・マイライフ」が新たに加わったことですね。

 

特にこのマイゲーム・マイライフが30分じゃ物足りなさすぎるくらいに面白い。

 

内容としては、ゲストを呼んで2周に渡って、その人のゲームにまつわる話をするっていうものなんだけど、呼ばれるゲストが業界内でも屈指のゲーム好きと呼ばれる類の人達ばかりで、並のゲーム好きでは到底太刀打ち出来ないような、だいぶ濃い話が繰り広げられて、非常に面白い。

 

あとは、長寿番組が多いですね。

 

プチミレディは5年、チャラン・ポ・ランタンも5年位だけど、それでも世間的にまだ知らない人のほうが多いであろうユニットの番組が、FM局で5年も続いているってのは固定リスナー数の多さの現れだと思うし、水樹奈々のスマイルギャングは16年、林原めぐみに至っては、恐らく27年くらいやっている。

 

でも林原めぐみの通称ブギーナイトは、日曜深夜にやっているもんだから、この番組のEDが流れると「楽しかった休日は終わり、月曜日が始まっちゃうんだ」という寂寥感に胸を押しつぶされそうになって死にたくなる。そういうところも含めて日曜日休みってのが嫌なので、ぼくは土日に仕事を入れるようにしていると言う部分もある。(割とマジで)

 

で、ぼくは当然のことながらこれらを「radiko」でPCから聞いているんだけど、やっぱり今はラジオ聞かないっていう人の方が多いみたいですね。

 

でもぼくはラジオ大好きですけどね。TVと違って余計なものが一切ないので。あと、以前も書いたかもしれないけど、千原ジュニアにもう一度ラジオをやってほしい。

 

 

【お題】資格、なにか持ってますか?

■お題:資格、なにか持ってますか?

 

役に立たない資格なら、実は結構持っている。覚えているものについては下記のもの。

 

■検定試験もの

・全経簿記3級

・日商簿記3級

・日商ワープロ3級

・漢字検定3級

・電卓検定3級

・英検3級

 

■免許

・原付

 

ぱっと思い出せる範囲でこんなもん。4級とかも含めるともっといろいろあったかもしれないけど忘れた。何故ならこれらは全て(原付き以外は)10代の頃、高校生の頃に取ったものだからだ。

 

けど、いろいろ取得してはいるが、ほぼ全て3級止まり。履歴書に書けなくはないが「日商ワープロ3級」なんて最早化石。マジで何の役にも立たない。だってワープロだよ?ある意味ではレアスキルだけども。誰もワープロなんて使えねえっての。技術的にではなく、物理的に。

 

でも、実際面接官とかは、どの資格を持っててどれが戦力になりそうかってことを見ていると言うよりかは、「どれだけ幅のあるやつなのか」みたいなところを見てるらしいですね。

 

で、なんで10代の頃にこんなに取ったかと言うと、ぼくの通っていた高校が、いわゆる商業系の学校だったので、兎に角資格を取らせる学校だった。

 

で、それこそ「漢字検定3級」なんてクソ余裕で、高1で一発合格したけど、2球になってから難易度が跳ね上がって、かなり難しくなってきて、終ぞ卒業までに取ることは叶わなかった。

 

英検にしても同じで、高2くらいで3級取れたあと「準2級」に挑戦したけど惜しくも敗れた。それ以外の検定も全てそうで、基本どんな検定も2級から一気にハードルが上がる。

 

そんな中一番簡単なのは「電卓検定」で、これだけは唯一2級取れるかもと思ったけど、何を血迷ったか、高3の時、既に取得済みの3級にエントリーしてしまった。

 

もう、それまでにたくさんの検定試験を受験しすぎていて、何を何級まで持っていたのかというのを、自分で把握しきれなくなって、普通に間違えてエントリーしてしまったのだ。なのでぼくは、電卓検定3級を「2つ」持っているということになる。

 

※てゆーか、協会側も気付いてくれて教えてくれても良さそうなのになあ!
 

因みに電卓検定は確か「掛け算・割り算・見取り算・複合算」のほか、3級以上からは「伝票算」なんてのも加わっていた気がする。複合算はいわゆる「カッコつき数式」の計算を電卓でやるというもので、「M+」と「M-」ボタンを使う。

 

「M+」のボタンとかいつ使うんだよwとか思っていたけど、まさかカッコ付きの計算の時に使うだなんて、その時までは思いもしなかった。なので、これは割と実用的な上、頭を使う検定でもないので、ちょっと問題集を「練習」すれば誰でもすぐ取れる。

 

因みに全然関係ない話をすると、ぼくはこの電卓の授業中に、「111111と言う数字の2乗」を電卓で何気なく求めて、その回答を見て驚いたことがある。

 

※電卓での累乗の求め方

・「数字」「×」「=」を押す。

 ⇒「=」を1回押すと2乗。2回で3乗...となる。

 

で、この状態で「111111の2乗」を試してもらえればわかると思うが、答えは「12345654321」となる。つまり、この数字の並び中央の「6」を境に、数字がシンメトリーになっているのだ。

 

これを高校時代、授業中に発見して、1人ですごいテンション上がったことがある。その数年後、伊東家の食卓でこのネタが取り上げられていて、「自分と同じように発見した人がいるんだな」と1人でニヤリとしたのを覚えている。

 

てゆーか、資格の話関係なくなっちゃったよ!

 

 

【お題】好きな乗り物はなんですか?

■お題:好きな乗り物はなんですか?

 

 

電車。

 

通勤の足として利用しているので、正直イライラさせられることも多いのだけど、それがなければ、ぼくにとって電車って結構落ち着ける空間かもしれない。一番集中して本が読めるところでもあるし。

 

そういう意味では、西武線の西武新宿線ってことになるんだろうけど、30000系(通称:スマイルトレイン)は正直あまり好きじゃない。

 

スマイルトレイン。確かに笑っているように見える。

 

座席そのものは座り心地は悪くないのだけど、車両端3人席の連結部分寄りの座席部分に窓がなく、肘を置く凹みがなく横が完全に壁になっているため、圧迫感が強い。けど基本的に車両そのものは(10年経過しているとは言え)新しいので、変な匂いもなく、今の所清潔感はある。

 

あと、JRみたいな液晶の動画広告や案内表示は好き。あれ、ついつい見ちゃうね。

 

あとは、同じ西武線で言うと、ぼくは20000系が一番好きだ。

 

 

座席の座り心地、仕切り方や車体のボディカラーから、全部好き。毎朝コレが来てくれればいいのに。

 

 

※画像引用元

 http://www.itmedia.co.jp/business/articles/1704/25/news100.html

 https://www.seiburailway.jp/fan/zukan/30000/index.html

 

【お題】 あなたの「おすすめの音楽」なに?

■お題:あなたの「おすすめの音楽」なに?

 

やっぱり難しいなこのお題。

 

と言いつつも、最近殆ど「lynch.」と「NEFFEX」しか聞いてない。どちらも過去にこのブログで取り上げたことがあり、特にNEFFEXに至っては、3回くらいその名前を出している気がする。

 

 

lynch.(りんち)

※画像引用元: https://www.cinra.net/news/20161124-lynch

 

2004年に結成された名古屋系ヴィジュアル。ちょっと前にベースの人が大麻所持でパクられちゃったんだけど、でもその報道のおかげでこのバンドを知ることが出来た。

 

これはぼくの勝手な持論なんだけど、「メンバーの不祥事で活動休止を余儀なくされたバンド、復帰後に売れる説」ってのどうだろうか。古くはBUCK-TICK、ラルク、ワンオク、みんな復帰後にブレイクしたバンド。

 

音楽的には、ヴィジュアルロックの伝統的なビートやキャッチーなメロディラインを踏襲しながらも、ラウドロック、スクリーモ的な非常に攻撃的なアプローチも積極的におこなっており、ヴォーカル的にもシャウト、スクリーム、グロウルと非常に幅が広い。

 

でもlynch.は、GEOで全然取り扱って無くて萎える。仕方がないので今度ダウンロード購入するか。

 

 

NEFFEX(ネフェックス)

 

※画像引用元: https://www.redbubble.com/people/neffex/works/27958344-neffex-word-logo-white?p=poster

 

NEFFEXの方は、基本「RAP」なんだけど、HIPHOPかと言われるとそうではなく、寧ろ音楽的にはロックをベースに様々なジャンルを取り入れている、と言った感じ。そこにRAPとギターの音を載せている。

 

でも、所謂エレクトロを始めとするEDM的な曲もあるし、それこそ最初このブログで取り上げた時は「TRAP」という切り口だったりもした。要は、どんなジャンルでもやれる人たちなんだと思う。そういう部分は、個人的に「LINKIN PARK」に非常に通ずるものがあるなあと感じてもいる。

 

そんな彼らは、自分たちの楽曲を「COPYRIGHT FREE」という形で殆ど無料でばらまいている。どうやって利益出しているんだろう。そうした部分も含めて、今後が非常に気になるグループ。

 

あと「COPYRIGHT FREE」なので、今度彼らの曲を集めてプレイリスト作って、作業用BGM用の動画を作成しようと企んでいる。出来上がったらもちろんこのブログでもシェアをするつもり。

 

 

 

【お題】好きな「週刊少年誌 or 少年漫画」なんかある?

■お題:好きな「週刊少年誌 or 少年漫画」なんかある?

 

 

やっぱりドラゴンボールですかね。

 

少年マンガは、今はもう全く見てないし、正直興味もない。最後に見ていた(定期的に単行本を購入していた)のは「ワンピース」と「はじめの一歩」くらい。それもだいぶ前に途中で脱落しているんだけど。あ、いや高橋ヒロシの「WORST」があったか。あれは少年マンガだよね?

 

やはり歳のせいなのか、今の少年マンガが合わなくなってきた。毎週ジャンプを買ってるサラリーマンのおっさんとか、逆にすごいなと思う。

 

数年前までは、週刊少年マガジンを毎週買ってたけど、全然読む暇なくて、週刊のペースに追いつかなくなって、しまいには面倒くさくなって買うのを辞めた。

 

読むヒマがなくて買うのが面倒くさくなってるっていう時点で、そもそもそのコンテンツは面白くないわけで、惰性で購読しているとなかなかそのことに気づきにくくなってしまうのが、定期購読の怖いところだと思う。

 

思えば、ずーっと昔、V系専門誌の「SHOXX」とか「Arena37」とか「月間GIGS」とか「バンドやろうぜ」と言ったバンド専門誌を定期購読してたけど、辞め時を見失ってた感があったもんなあ。表紙を飾るバンドや、扱っているバンドが完全に入れ替わったなと感じたのを機に、ようやく見るのを辞めた。

 

あと、先日部屋を結構頑張って大掃除したんだけど、その時に「もう金輪際、マンガの単行本を買うのは辞めよう」と心に決めた。

 

これは、目標的な感じで心がけたのではなく、心底「要らないな」と思ったからだ。今後読みたいマンガが出てきたら、全てスマホかKindleで読むことにする。Kindleまだ持ってねーけど。でもそうじゃないと、かさばっちゃってしょうがない。

 

あと、連載期間の長いマンガだと、結局それを置いておくためのスペースの確保も非常に厳しいので、紙の本を集めるのは今の時代、最早デメリットでしか無い。第一、はじめの一歩とか、集め直すにしても100巻以上刊行されているから大変だ。

 

しかもマンガなんて一度読み終えたら読み返すことってあまりないと思うんですよ。てゆーか寧ろ、手元においてあって、それを読み返しているときって、きっとすごく無駄な時間の使い方をしてしまっているときな気がする。手持ち無沙汰だったりして、手元にあるのをつい摘んで読み始めるみたいな。

 

なので、一度読み終えたらまずは一旦全て捨てて、もう一度どうしても読みたくなったら、Kindleで読み直すようにするとかしたほうがいいですね。

 

ということで、来月はKindleを買おうかなあと思っている。でもよくよく考えたら、そもそも最近マンガ読んでないから、いまいまでKindle必要かと言ったらそうじゃないということに気付いた。

 

 

【お題】最後に「レンタルした作品」なに?

■お題:最後に「レンタルした作品」なに?

 

 

うーん。「ソーシャル・ネットワーク」だな。

 

厳密に言うと「最後にレンタルした」のは「シン・ゴジラ」なんだけども、これはどっちかっていうと、既に「劇場で見た分の答え合わせ」と「バックアップのため」という名目なので、純粋に見るために借りたということだと、これ。

 

でもまだ見てない。いわゆる「積読」状態。とは言え、ライムスター宇多丸の映画評でも絶讃されていたりしたので、結構楽しみ。

 

とは言え、結構長いらしいので、時間があるときじゃないと見れない。あと、上のAmazonの画像リンク貼るためにAmazonのレビューもサラッと見てみたんだけど、あっちじゃ何故か妙に評判悪いですね。

 

それにしても、周りではみんなnetflixやらhuluやらAmazonプライムやらで、レンタル全然してないって人が結構多くてびっくり。

 

とりあえずぼくは、「アウトレイジ最終章」を待ってる。

 

 

【お題】好きな「SF作品」なんかある?

■お題:好きな「SF作品」なんかある?

 

  

 

今一番好きなのは「川原礫作品のすべて」ですね。

 

「好きなSF作品はなにか」というより、「いろいろジャンルがある中でSFが好き」なので、やはり昨日の鶏肉料理同様、1つになんて絞れないのが正直なところ。

 

そんな中、このブログでも度々話題に出してきていると思うんだけど、川原礫さんの作品が一番好き。あとぼくは、SFはSFでも、宇宙を舞台にした、いわゆる「スペースオペラ」的なものは嫌いで、これは少し前に特撮の話でも言及した「巨大化ものが嫌い」というものに通ずる物がある。

 

あと、バック・トゥ・ザ・フューチャーのような「タイムリープもの」もあんまり好きではない。いちばん好きなのはやっぱり「変身もの」と「能力者もの」ということになる。

 

そうした意味では、川原作品の「アクセル・ワールド」は、ある意味では「変身もの」と言えるし、「絶対ナル孤独者」は「能力者者」と言えるだろう。もちろん、同じラノベの能力者ものの作品として有名な「とある科学の超電磁砲」も割と好きだった。

 

あと、能力者ものだと少し古いけど飯田譲治の「NIGHT HEADシリーズ」が好きだった。

 

しかしなんと言っても、現在進行系でハマっているのは、また川原作品に話が戻るが「ソードアート・オンライン」ですよ。これむちゃくちゃ面白い。

 

VRでオンラインゲームの中に入り込んで、そこからログアウト出来なくなるわ中で死んだらリアルの体も死ぬわっていう発想が素晴らしいと思った。

 

あと、これも何度か書いてきていることだけど、ぼくは「ウェアラブル・コンピューティング」に強い関心を持っていて、舞台としている時代背景としては、いわゆる「近未来」のものが好きなので、そうした意味でも川原作品は、非常に説得力のある近未来を描けていて、読んでてワクワクする。

 

特に、アクセル・ワールドに登場する「ニューロリンカー」が、早く実現すればいいのになっていつも思っている。


 

 

【お題】好きな「鶏肉料理」なに?

■お題:好きな「鶏肉料理」なに?

 

 

もう鶏肉でさえあれば何でもいいみたいなとこはあるよな。

 

なので、ワンオブベストを決めるのは非常に難しいところ。ということで思いついたやつを挙げて、いや揚げていく。そう。つまりは「唐揚げ」だ。多分順位的には1位だわな。

 

以前このブログで紹介したことのある「鶏×バルHINAMARU」さんというところがあるんだけど、そこはその名の通り「鶏バル」なんだけど、昼間はランチで唐揚げ食べ放題なんていう、与える側の太っ腹なサービスにより、与えられる側が太っ腹になってしまうお店に最近ハマっていまして。

 

※過去ログ:【からあげ】鶏×バルHINAMARU(ひなまる)@渋谷センター街

 

¥800で唐揚げ食べ放題なんていうコスパの良さも当然そうなんだけど、そもそもこの唐揚げがスパイシーな味付けで普通に旨い。しかも有り難いことに、ウィークデーのみならず、土日でもやってくれるのが嬉しい。

 

 

他の鶏肉料理については、やっぱり焼き鳥じゃないすかね。ぼくは誰も塩もどっちも好き。あと、画像はローソンの黄金チキン何だけど、骨付きフライドチキンはやっぱり大好きですね。いくつになってもご馳走感とそれによる幸福感が大きい。

 

コンビニ各社の骨付きフライドチキンの中では、ぼくはファミマのプレミアムチキンよりも、ローソンの黄金チキンのほうが好きかもしれない。けど、うちの最寄りのローソン、大体作り置きしてない。

 

 

※画像引用元: http://www.lawson.co.jp/lab/tsuushin/art/1281794_4659.html

 

 

【お題】好きな「おだんご」なに味?

■お題:好きな「おだんご」なに味?
 

 

難しいけど、どれか1つ選ばなければならないのなら「磯辺(醤油で焼いて海苔で巻いてるやつ)」かな。

 

これもいずれ「バイトの話」のカテゴリで書く予定だけど、過去に「団子屋さん」でバイトしていたことがありまして。

 

別に団子好きが講じてとかでは決して無くて、単にバイト募集していたからってだけだったんですが、仕事終わりにまかない的な感じで自分の練った団子の詰め合わせをもらえたんだけど、これがまた色んな種類があってどれも旨くて。

 

磯辺、みたらし、よもぎ(草だんご)、どれもいい。

 

この話を広げようとすると、バイトの話になってしまい、そのときに書けなくなるので、このへんで止めておく。

 

ただ1つ言えることは「草だんごは練るのが難しい」ってことですね。

 

 

スポンサードリンク

<< 2/39PAGES >>