脳窓全開ブログ

どうでもいいことにムキになりながら無駄に熱く長く書きなぐる日記帳ウェブログ。毎日更新!

    ●今回のニュース
    1. 布袋寅泰、元BOΦWY高橋まこと&松井常松と31年ぶり新曲共演「原点はこのリズム隊」 - ORICON NEWS
    2. 森田まさのり「べしゃり暮らし」が間宮祥太朗と渡辺大知でTVドラマに - コミックナタリー

    【2019年5月半ばで気になったニュース2本】の続きを読む ■EDIT


    LiSA、人気女性歌手が「キリンレモンのうた」熱唱 坂東龍汰も出演の動画CM公開


    想像以上に良かった。

    最初はピアノとヴォーカルだけで「キリン♪レモン♪」のフレーズを繰り返しているだけだったから、「なんだ結局こういうことか。これだったら誰が歌っても一緒やないか」って思った。

    でも、曲がインテンポに入ってから「キリン♪レモン♪」のフレーズをAメロに据えて、軽快なビートに乗せて進んでいく展開は、完全にJ-POPとして違和感がなかった。

    で、サビに来た途端新たなメロディーが加わって、従来のLiSAの熱唱スタイルとなり、もうこの時点で完全にLiSAの曲になってるのが面白かった。

    なんなら、普通にLISAのアルバムに入ってても違和感ないくらい、良いアレンジだなと思った。

    これは、キリンレモンのトリビュート企画としておこなわれているみたいで、他にも「水瀬いのり」とか「BiSH」のバージョンもあるみたいなんで、そっちもチェックしてみようと思う。
    ■EDIT

    81YPYc0E1FL._SS500_
    hide - ピンクスパイダー(ソロ9枚目)
    1998年5月13日リリース
    • 作詞・作曲・編曲:hide
    • 没後初のシングル
    • ソロ9枚目 
      ※hide with Spread Beaver名義では2枚目となるシングル。
    • 自身初・唯一のミリオンセラーシングル
    • LUNA SEA、SIAM SHADE、RIZE、倖田來未、大沢誉志幸ら、様々なアーティストによってカバーされている
    ●収録曲
    1. ピンクスパイダー
    2. ピンク スパイダー (voiceless version)
    3. ※SECRET TRACK※(曲名記載なし)
      ※5分27秒の無音の後に「ever free」のサビが流れる。
      ※この無音の長さは「ever free」の発売日である5月27日にちなんでいるらしい。
    21年前の今日リリース。
    これ、21年も経つのか。時間の流れは本当に早い。

    【【×年前の今日】1998年5月13日:hide - ピンクスパイダー(ソロ9枚目)】の続きを読む ■EDIT

    81ev4VQ2lFL._SL1406_
    TM NETWORK - DRESS(通算7枚目のアルバム)
    1989年5月12日リリース

    ●収録曲
     1.COME ON EVERYBODY(WITH NILE RODGERS)
     2.BE TOGETHER
     3.KISS YOU(KISS JAPAN)
     4.DON'T LET ME CRY
     5.COME ON LET'S DANCE(DANCE SUPREME)
     6.SPANISH BLUE
     7.GET WILD '89
     8.RAINBOW RAINBOW
     9.RESISTANCE
     10.MARIA CLUB
     11.CONFESSION
     12.TIME(PASSES SO SLOWLY)
     13.FOOL ON THE PLANET(WHERE ARE YOU NOW)
    • リミックスアルバムではなく「リプロダクトアルバム」
    • 恐らく日本で初めて「外注リミックス」をおこなった作品
    • TM NETWORKとしては最後のアナログ盤(レコード)作品

    30年前の今日リリース。

    ぼくがTM NETWORKを知るキッカケとなった1枚でもあり、音楽の楽しさを知るキッカケにもなった1枚でもあり、そしてぼくが一番好きなTM NETWORKのアルバムでもある。

    このアルバムはぼくの人生に多大な影響を与えた1枚と言ってもよく、ぼくの人生史上の中でも十指に入る名盤でもある。

    ※関連過去ログ
     http://blogrider.tokyo/archives/13813750.html

    ※この過去ログでは「ぼくの人生に影響を与えた10選」みたいな感じで、10枚のアルバムを紹介してるため、結構な長文です。

    とにかく、このアルバムから受けた影響は計り知れない。今でも大好きなアルバムだし、「TM NETWORKといえばこれでしょ!」って言えるくらいの強い思い入れがある。

    上記の過去ログでも少し書いているんだけど、元々はぼくと同い年の従姉妹経由で妹がハマり、レコード屋を経営する父親にカセットテープにダビングしてもらったものを一緒に聞いているうちに、いつの間にかぼくのほうがハマっていた。

    元々は「GET WILD聞きたさ」ではあったのだけど、すっかり他の曲にもハマってしまった。ということで、ぼくにとっての重要なアルバムってこともあるので、例によって全曲解説です。

    ※各曲に動画URLを添えてますが、バージョン違いのものは本意ではないので貼ってません。

    【【×年前の今日】1989年5月12日:TM NETWORK - DRESS(通算7枚目のアルバム)】の続きを読む ■EDIT




    まあまあ面白かった。

    本作は、前期みたいな「キリト・ハーレム」とも言うべき、女性キャラがみんなキリトにメロメロな甘ったるい展開はなかったので、安心して見れたという部分はある。

    だが、その一方で所謂「SAOの世界観」というものについての説明はほとんど排されていたので、何も知らない人がいきなりここから見ても、然程面白みは感じないと思う。

    要は、ストーリー的には独立しているのでどこから見ても問題ないと言いつつも、結局この「SAOにおけるVRMMORPG」という物自体が予備知識として入っていないと、まあ間違いなく置いてけぼりを食うだろうねという話w

    とは言え、原作を知っている人や前期から引き続き見ている人にとっては、見やすいのではないかと思う。

    【【TVアニメ】ソードアート・オンライン2(2014年)】の続きを読む ■EDIT

    20170922_5351e4
    小比類巻かほる - City Hunter〜愛よ消えないで〜(5th SINGLE)
    1987年5月10日リリース

    よみうりテレビ系アニメ「CITY HUNTER」第1話~第26話OP

    ※収録曲
    1. City Hunter〜愛よ消えないで〜
      作詞:麻生圭子 - 作曲:大内義昭 - 編曲:戸塚修

    2. What's Goin' On
      作詞:小比類巻かほる - 作曲:大内義昭 - 編曲:戸塚修
    32年前の今日リリース。

    ぼくがCITY HUNTERのアニメを見始めたのって、厳密には「2」の終盤からなので、1作目はリアルタイムの世代ではあるけど、スルーしてたってやつです。

    【【×年前の今日】1987年5月10日:小比類巻かほる - City Hunter〜愛よ消えないで〜(5th SINGLE)】の続きを読む ■EDIT




    旨かった。
    正直期待してなかっただけに、めっちゃ評価は高くなる。



    【【コンビニ:エナジードリンク】MONSTER - ABSLUTLY ZERO】の続きを読む ■EDIT

    続・暴力団 (新潮新書)
    溝口 敦
    新潮社
    2012-10-17




    前作の1年後くらいに書かれているもの、今から約7年前のものなので、情報としての目新しさはないが、やはり今回も「暴力団そのものについて」というところで、非常に勉強になる。

    特に「暴対法」と「暴排条例」の違いについてがわかりやすくて勉強になった。

    【続・暴力団 - 溝口敦】の続きを読む ■EDIT




    まあまあ面白かったし、少し参考になった。

    1P辺りの文字数が少なく、ぼくみたいな投資のことを全く知らないズブの素人にでもわかるように書いているので、200Pくらいあるけど、割とスイスイ読めると思います。1日で完読できた。

    ただ、それ故に具体的なノウハウやメソッドというよりは、どちらかと言うと「お金に対するマインドセット」的なことの方に字数を割いている印象。

    しかも、「家計を見直す」的なめちゃくちゃ当たり前のことについても書かれているので、一見すると目新しさがないどころか、「普通のことしか言ってねえじゃねえか」って思っちゃうところだと思う。

    でも、ぼくはその当たり前のことが全く出来ていなかったので、「自分のお金の使い方」という部分と向き合う上で、改めて考え直すいい機会になるなと思いながら読み進めていた。

    なので、決して無駄ではないと思うし、そこは素直な気持ちで勉強させてもらった。

    あと「投資」というものを始めるにあたって「必要以上に情報を集めすぎないで、まずはやってみる」ということをおすすめしていて、確かにその通りかもなと思った。

    まして「¥3000」程度であれば気軽に始められるし、ちょっとやってみようかなと思った。なので、全く投資をやったことのない人におすすめの本かもしれません。

    【はじめての人のための3000円投資生活 - 横山光昭】の続きを読む ■EDIT




    まあ、普通。

    【【コンビニ:エナジードリンク】MONSTER PIPELINE PUNCH】の続きを読む ■EDIT

    このページのトップヘ