脳窓全開ブログ

どうでもいいことにムキになりながら無駄に熱く長く書きなぐる日記帳ウェブログ。毎日更新!

    91nnPWS7LIL._SS500_

    LUNA SEA - LUV(9th ALBUM)
    2017年12月20日リリース

    ※REBOOT(再結成)後、2枚目のアルバム。

    ●収録曲
    ①Hold You Down
    ②Brand New Days
    ③誓い文
    ④piece of a broken heart
    ⑤The LUV
    ⑥Miss Moonlight
    ⑦闇火
    ⑧Ride the Beat, Ride the Dream
    ⑨Thousand Years
    ⑩Limit
    ⑪So Sad
    ⑫BLACK AND BLUE

    正直、いまいち。

    こちらもワンオクのときと似たような理由ですね。ただ、そのベクトルが少し異なるってだけで。

    具体的には、こちらも1曲1曲は非常にいい曲が揃っているとは思うんですよ。ただ、全体通して聞いた時にやはり物足りなさと言うか、「大人過ぎる感」を感じてしまうんですよね。

    こっちとしては、前作「A WILL」で言うなら「ROUGE」とか「Metamorphorsis」とかそういうアッパーで攻撃的な曲なんかも期待してたし、「Glowing」のようなヘヴィな曲も期待していたのに、そういう要素は大分薄まってしまった。

    確かにその分の「濃度」だったり、「深み」は増しているのはわかる。1曲1曲は非常にいい曲が揃っている。けど、全体的にピースフルな曲ばかりで、マイルドになってしまっているのが個人的には非常に残念。もちろん意図的にそうしてるんだろうけど。

    ただ、このアルバムの特設サイトでの、各メンバーのインタビューを読むと、むしろ前作「A WILL」のほうが「意図的」だったということがわかった。

    要は、そのときはまだ「これまでのLUNA SEAらしさ」みたいなものを出そうとしていたというのだ。

    確かに言われてみるとそれは感じたし、過去に、本作「LUV」に収録されているM1「Hold you down」のティザーMVを取り上げた際に詳しく書いている。

     

    で、改めて上記過去ログを読み返してみてハッとしたんだけど、正にこのアルバムを聞き終えた際の率直な感想を、この時もう既に書いてしまっていた。

    それは、「もうこの際バンド名を変えてやればいい」というもの。もうホント、これに尽きるんですよね。

    いや、もちろん「LUNA SEAはこうあるべきだ」とか「こんなのLUNA SEAじゃない!」なんて言うのは、上記過去ログでも書いたけど、オタクがアイドルや萌系美少女アニメキャラに処女性を求めているのと一緒で、自分も含めたファンが勝手に作り上げた妄信的でイタイ願望に過ぎない。

    しかし、それにしてもという話だ、この変わりっぷりは。

    ということで、またしても面倒くさい「全曲レビュー」にをやります。LUNA SEAなんでね。ぼく的にはやらない訳にはいかないと言うかなんというか。

    【LUNA SEA - LUV(9th ALBUM):2017年12月20日リリース】の続きを読む ■EDIT

    71psre+zvgL._SS500_
    LUNA SEA - gravity(12th SINGLE)
    2000年3月29日リリース

    ・バンド初となるマキシシングル
    ・映画&ドラマ『アナザヘヴン』主題歌
    ・INORAN原曲

    ●c/w
    ・inside you
     真矢原曲。
    ・My Lover
     SUGIZO原曲。映画/ドラマ「アナザヘヴン」の挿入歌

    19年前の今日リリース。

    個人的に、INORAN曲の中でも1・2を争うくらい好きな曲だし、LUNA SEAの全楽曲の中でも十指に入るくらいの名曲ではないかと思う。

    【【×年前の今日】 2000年3月29日:LUNA SEA - gravity(12th SINGLE)】の続きを読む ■EDIT




    まあまあ面白かった。

    だがこちらは、前回紹介した「100円のコーラを1000円で売る方法」のようなマーケティングの本ではなく、「会計学」についての本なので、ジャンルは異なるものの、途中でマーケティングに関する話も出てくるので、一部、内容が似通っているところもあって、理解が深まった気がする。

    ※関連過去ログ
    http://blogrider.tokyo/archives/17142080.html

    な、だけに本書の「釣りタイトル感」が否めないのが残念なところ。しかも、本書のタイトルと本書のテーマ自体にはそこまで深い関わりはないので、それだけが残念。

    しかし、前回の「100円のコーラを~」同様、わかりやすさということで言うとこちらも非常にわかりやすい。知的・教養系バラエティ番組的なわかりやすさは良いと思った。特に著者自身が会計学を楽しんでいる様子が字面から伝わってくるようで、非常に好感は持てた。

    また、「貸借対照表」「損益計算書」「キャッシュ・フロー計算書」についての説明はかなり噛み砕かれて解説されていたので、これから簿記の資格取得のために勉強を始めるという人は、最初からゴリゴリの専門書に手を出す前に、まずこれを見ておいたほうがいいと思う。

    更には「第4講:数字のテクニック」では、「プロスペクト理論」や「アンカリング効果」の説明とともに、コピーライティング術にも通じるような話も書いてあって、非常に参考になった。

    要するに「数字は嘘をつかないが、人は数字に騙されやすい」ってことでもあるということですね。

    とりあえず、会計学やマーケティング初心者にはおすすめできると思う。

    因みにタイトルについては、ネタバレすると、「一緒にもっと高い弁当を並べろ」ってことだそうです。まあ確かにね。駅弁理論ですね。




    ■EDIT

    100円のコーラを1000円で売る方法
    永井 孝尚
    KADOKAWA/中経出版
    2011-11-28



    まあまあ参考になった。

    「マーケティング」についてわかりやすく小説仕立てで解説してくれているので、わかりやすさということで言うと、非常にわかりやすかったと思う。

    なので、完全に初心者向けだと思うので、深いノウハウや知識を得たいのであれば、もっと分厚い専門誌を読んだほうがいいのでしょうきっと。

    【100円のコーラを1000円で売る方法 - 永井 孝尚】の続きを読む ■EDIT




    参考になった。

    これについては、ぼくも以前から「眉唾ものだな」と思っていたので、言わばその答え合わせのような形で読んだ。

    また、筆者の他に大学教授や、リクルートの人事担当の人や「スシロー」の人事部長などをゲストに迎え入れて対談しているところなどは面白かった。

    【AIで仕事がなくなる論のウソ - 海老原嗣生】の続きを読む ■EDIT

    映画 「予告犯」 (通常版) [DVD]
    生田斗真
    TCエンタテインメント
    2015-12-04

    上映時間:119分

    ■スタッフ
    監督:中村義洋
    原作:筒井哲也
    脚本:林民夫

    ■キャスト
    生田斗真:奥田宏明(ゲイツ)
    戸田恵梨香:吉野絵里香
    鈴木亮平:葛西智彦(カンサイ)
    濱田岳:木原浩一(ノビタ)
    荒川良々:寺原慎一(メタボ)


    2回目。超面白かった。

    元々はマンガ原作で、この人のマンガが非常に好きだったこともあり、たまたま読んでいたわけだけど、実写化されて、ライムスター宇多丸さんのウィークエンドシャッフル内で放送されていた映画評論のコーナーで、氏の評論を聞いたことで見るに至った。

    とはいえ、ジャケットの感じからして「マンガ原作だけど、これはアタリのやつだ」と確信した。

    数年前の映画なので、以降は「ネタバレ」を含みます。

    【【邦画:サスペンス】予告犯(2015年公開)】の続きを読む ■EDIT




    再読。やっぱり面白かった。

    まずはじめに断っておくと、このブログでも何度か書いているかもしれないけど、ぼくは「2010年4月10日」に、10年続けていたタバコをこの日を境に断っており、それ以降1本も吸っていない。(現在はニコチン・タールゼロのvape(電子タバコのようなもの)をごくたまに嗜む程度)

    それが可能になったのは、紛れもなくこの本に出会えたからだ。

    では何故、いまこのタイミングで再読を試みたかと言うと、こいつを借りパクされたからってのもあるんだけど、一番は「このブログで感想文を書きたかったから」というのが大きい。

    あと、ここに書かれていることを改めて学び直すことで、いま真剣に取り組んでいる「減量」や、各種「マインドセット」の足しになればいいなと考えたからだ。

    また、これから「タバコをやめる」ということを少しでも考えている人はもちろん、「自分は好きで吸っている」と思っている人に、少しでも足しになればいいなと思っている。

    あと、因みにぼくは「タバコを辞めること」を「禁煙」と呼ぶのが嫌いなので、「卒煙」と呼んでいます。以降、禁煙のことは「卒煙」と表記していきます。

    ※理由についても併せて「続きを読む」以降で説明します。

    あと、クソ長いので、目次的なものを用意します。

    【禁煙セラピー - アレン・カー(阪本 章子・訳)】の続きを読む ■EDIT

    180


    危うく忘れるところだったが、このブログ、今日がお誕生日で「丸3年」デイリー更新継続中です。

    因みに本日のこの記事までの総記事本数は、「1203」本でした。なかなかの量ですね。

    2019年に入ってから読書熱がものすごい高まりを見せたことで、読む冊数が格段に増えていて、かつその感想を全部書いているもんだから、ほんのレビューの数が異様に増えているんだけれども、どうもやっぱりほんのレビューって苦手ですね。

    どうしても要点をまとめきれず、文字数が肥大化してしまう。これから、公開する予定のものも、既にほぼほぼ書き終わっているんだけど、多分これまでのこのブログ史上で最長になっている気がする。(調べてみたら6000文字くらいあった)

    こんなものを毎日更新しているから、正直な話、最近は結構大変だなと思うようになったwでも「大変だ」とは思うが「つらい」とは思わない。

    ただ、ライブドアに移転したことで、内部リンクと改行問題がひどくて、そのせいなのか知らないけど、おそらくSEO的にほとんど引っかからんくなったんでしょうね。アクセス数が激下がりでw

    まあ、JUGEMの時とは当然カウントの仕方が異なるんでしょうけど、流石にビビった。

    でも、これも毎回書いているかもしれないけど、このブログのアクセス数がたとえゼロったとしても、ぼくはおそらくこのブログを書くのを辞めないでしょう。

    なぜなら、ぼくが読みたいから。

    とはいえ、ネットビジネス的なところで成果を出したいと思っていることもあって、せっかくアドセンスも入れていることだし、「アクセス数を増やして、CTRを上げる」ということについても考えながらやろうかなという気持ちになりつつある。

    ま、どんな形であっても、このブログは何らかの形で今後も続いていくことでしょう。

    ※過去ログ
     1年前: 脳窓全開ブログ2周年(デイリー更新2年連続継続中)
     2年前: ブログを毎日更新するということ
     3年前: 毎週(毎日)観てるテレビ番組、ある?


    ■EDIT




    旨かった。

    もうこれについては、答え合わせみたいなもんですね。なので、ここまでは食べる前にすでに書いてます。

    詳細についてはいつもの通り、「続きを読む」からどうぞ。

    【【コンビニ:焼きそば】日清 焼そばUFO大盛ホイコーロー味焼そば】の続きを読む ■EDIT

    ■TOHOシネマズ料金値上げに「ネットフリックス&Hulu契約のほうがコスパいい」の声■
    2019.03.19 - Buisiness Journal

    post_27164_1
    TOHOシネマズ西宮OS(「Wikipedia」より/Embedded Data Bot)

     娯楽のひとつとして長く親しまれている“映画”。劇場で鑑賞することも大切な映画体験だが、シネマコンプレックス大手のTOHOシネマズの“料金改定”が映画ファンの間で波紋を広げている。

     3月18日、TOHOシネマズは6月1日より全国66拠点で一般料金を1800円から1900円に値上げすることを発表した。また、シニア、「ファーストデイ」「レディースデイ」「TOHOシネマズデイ」は1100円から1200円に、「夫婦50割引」(2人で)は2200円から2400円となり、やはり100~200円の値上げとなる。ただし、学生料金やレイトショー、12月1日の「映画の日」については現行料金を維持する。一般料金を値上げするのは、約26年ぶりだという。

     値上げの理由について、TOHOシネマズは「アルバイト人件費を中心とした運営コストの上昇や各種設備投資への負担増」と説明している。上野や日比谷などに相次いで新館がオープンしたほか、デジタル映写機や自動券売機の導入などが影響したようだ。

    ~中略~

     ただでさえ日本の映画料金は世界的に見て高いといわれており、以前から「世界一高い。もっと安くするべき」「業界を挙げて映画館に行きやすい環境をつくってほしい」といった声が多かった。そのため、世論に逆行するようなTOHOシネマズの値上げは「映画館が映画離れを誘うような改悪だ」と強い反発を浴びている。

    ニュースサイトで読む: https://biz-journal.jp/2019/03/post_27164.html
    Copyright © Business Journal All Rights Reserved.

    「コスパ」の問題

    NetflixやHuluのほうがコスパが良いんじゃなくて、映画館のコスパが悪すぎなんだよ。1本あたりの単価の高低差ありすぎて、耳キーンてなるわ。

    同じソース元の別記事では、会員限定の割引やら前売りを利用して「賢く」安くすりゃあいいみたいな書き方をしているけど、いやいやそうじゃねえだろと。そもそもの基本料金が高いって話なんだって。

    ※Buisiness Journal関連記事

    所謂「シネコン系」では会員制を導入したりしているけど、月額とか年会費を払わせる以上、そんなもんよほどの映画好きじゃないと入らないと思うんですけどねえ。

    元が取れるほど回数多く行かなくないですか?映画館って。年に2~3回行けばいいほうだと思うけど。つまり、結局はぼったくってるわけですよ。


    自動化・セルフ化でのコスト削減だけでは足りない

    チケット販売・モギリ等、諸々自動化できるところは自動化して、映画館の基本料金をもっと下げ、そのかわり別料金プランとして「個室」を増やせば「映画館に行く」という需要は増えると思う。

    その上で「再生操作(一時停止とか早送り・早戻しとか)」が可能になればもっといい。

    ま、それって言っちゃえば「ほぼネカフェじゃん」ってところにはなるんだけど、でもこれでネカフェよりもラグジュアリな空間を提供してくれてようやく、1本あたり¥1000以上出してもいいかなってなる。

    「わざわざ映画を見に行く」という体験に「意味と価値」がなければ、よほど見たいものでもない限り、映画館になんて行かない。


    「体験価値」がなければ、映画館なんてただのぼったくりカフェ

    つまり「わざわざ映画を見に行く」という体験に価値を見いだせなければ、映画館なんてただのぼったくりカフェでしか無いということ。

    映画って、DVD・Blu-rayといったソフトなら¥3000~¥4000程度で手元に置いておけて、自分の好きな時間に自分の家で見られるし、レンタルなら更にその1/10程度の金額で見れる訳じゃないですか。

    つまり「わざわざ映画館に行く」なんてことをしなくても、映画って見れるわけですよ。

    それを¥1000以上する金額をかけてわざわざ足を運ばせるからには、映画そのものだけではない「体験価値」を加えないと¥1800という金額の意味がわからない。むしろ、そんな殿様商売でよくここまで生き残れたなとか思う。

    でも今後は、NetflixやHuluのような「サブスクリプション型」のサービスがもっともっと流行るだろうから、価値のある「空間」の提供が出来ない限り、淘汰されていくと思いますけどね。てゆーか、そうであって欲しい。

    ■EDIT

    このページのトップヘ