脳窓全開ブログ

どうでもいいことにムキになりながら無駄に熱く長く書きなぐる日記帳ウェブログ。毎日更新!

    41enpdvixBL._SX425_
    GLAY - BEAT out!(メジャー2nd ALBUM)
    1996年2月7日リリース

    2001年2月7日にエクスタシーレコードより、2003年3月5日に東芝EMIより再リリースされている。

    ●収録SINGLE
    ・Yes, Summerdays(6th)
    ・生きてく強さ(7th)
    ・グロリアス(8th)

    23年前の今日リリース。

    嘘でしょ。もう23年も経つの?やば。リアルタイムな上に、このアルバムは非常に好きで聴き込んでいたので、あれから23年というのが信じられない。

    以前からこのブログではちょいちょいGLAYのことを取り上げて入るんだけど、その中でも「灰とダイヤモンド」というインディーズ(EXTASY)からリリースしたアルバムと、このアルバムについては非常に好きなアルバムということを言及している。

    ※関連過去ログ

    「M2. Yes, Summerdays」や「M7. 生きてく強さ」と徐々にヒットを飛ばして、「M9. グロリアス」で満塁になった感。そうしたシングルの力も手伝って、バンドがだいぶ勢いに乗り始めてきた頃にリリースされたアルバム。

    特にこのアルバムについては、バンドサウンド全開な感じが非常に好きで、先述の「灰とダイアモンド」のような自由な音楽性がさらに骨太になった印象。

    具体的には「M3. 原色の空<Cloudy Sky>」とか「M6. 月に祈る」なんかは、インディーズの頃のとんがってた感じがよく出てて、そうしたことからぼくは勝手に「灰とダイヤモンド2」という解釈でこのアルバムを捉えていた。

    でも、Wikipedia見ていたら正にTAKUROが「灰ダイ・SPEED POP・本作で3部作」ということを言っていたので、強ちぼくの解釈は間違ってなかったとうことが証明された。(と、勝手に思ってる)

    いずれにせよ、この当時ぼくはバンドやってた真っ最中ということもあって、バンドの多様性とその生々しいバンドサウンドに結構影響を受けたので、個人的に思い出深いアルバムではある。
    ※関連過去ログ

    てゆーか、別に今となってはGLAYのこと好きでもなんでもないのに、GLAYのこと書きすぎじゃないか。

    ■EDIT

    アダルトサイトの経済学
    沢田 高士
    幻冬舎
    2012-12-19


    面白かった。

    序盤は「アフィリエイトそのもの」についての説明だったりしたので、ネットビジネス系書籍にはありがちとはいえ、このへんは流し読み。

    でも、カリビアンコム等の利益率等、具体的な数値を出しているので、それなりに参考にはなる。

    しかしやはり本書自体が「2012年12月」と、約6年も前なので、はっきり言って、実用性はあまりない。

    とは言え、ぼくの場合BOOK OFFで見かけて「¥200」だったから購入しただけなので、正直そこは最初から期待などしていなかった。単純に読書目的で読んだという感じ。

    なので、チェックしたところも2箇所くらいしかないため、引用してまで紹介したいようなところは特になし。

    「アダルトサイトを運営していた人の書いたエッセイ」としてであれば面白く読める本だと思う。文章的にも読みやすいし、1ページあたりの文字数も少なめなので、ちょうど200Pくらいだが1日で読破できた。

    ■EDIT

    改訂版 金持ち父さん 貧乏父さん:アメリカの金持ちが教えてくれるお金の哲学 (単行本)
    ロバート キヨサキ
    筑摩書房
    2013-11-08


    参考になった。

    とはいっても、数多くのネットビジネス系の動画を見ていく中で、多くの人達がこの本に書かれていることを、そのまま「ネットビジネスで成功するためのマインドセット」として話していたし、それこそこの本の朗読動画なんかも見ていたので、概要については既に大体知っていた。

    要するに一言でざっくり言うなら、「お金そのものやその使い方を学ぶ」ということや、「お金のために働くのではなく、お金に働かせなさい」ということを学ぶ本だということだ。

    特に一般人のお金の流れ方と、お金持ちのお金の流れについて、「貸借対照表」と「損益計算書」で図解にして解説しているところは、ぼく自身、高校時代に簿記を勉強していた経験があるので、非常にわかりやすくてよかった。(簿記を知らなくても理解できるような簡単な説明にはなってます)

    あと「持ち家は資産ではなく負債である」という考え方については、自分も正に同じことを思っていたので、「やっぱり間違ってなかった」という安心感を得られた。

    ただ、元は英語で書かれていたものを日本語に訳したものなので、正直表現がピンとこなかったりするとことも多々あったので、洋書の翻訳版が苦手な人にとっては、読みにくいと感じるところもあると思う。(かくいうぼくがその1人)

    とは言え、そんな中でもかなり読みやすい部類には入る方だとは思う。

    【金持ち父さん貧乏父さん [改訂版] - ロバート・キヨサキ】の続きを読む ■EDIT



    自分はバスには乗らないけど「特急電車」にはよく乗るので、この問題にはよく直面する。

    で、思ったのが、全開で倒すやつほど目配せの一つもせずに当たり前のように倒すよね。あれ一体どういう神経してるんだろう。自分がされた時に何も思わないのかな。

    にしてもこれは非常に良いアイデアだと思う。逆転の発想というか。

    でも自分の場合は、移動中はできれば寝たくなく、一番集中して読書できる時間なので、「背筋を伸ばして座りたい派」なんですよねえ。

    最近の日記にも書いたけど、ここ最近はとにかく「常に背筋を伸ばす」様に意識している。



    これもすごくいいアイデアだと思う。なにより、「団地の空き室をお店にする」って発想がすごい。

    これマジで、問題をすべて解決できる以上の価値を提供できてて、ビジネスモデルとしてすごく優秀だなと思う。


    ■EDIT

    diet_genryou_29647-300x300

    2週間くらい前に、年始に掲げた目標を、更に具体的にブラッシュアップした形にして掲げ直しました。

    ※関連過去ログ
     190114(月):目標について更に細かくいろんなことを考えたよ日記【食事編】
     190115(火):目標について更に細かくいろんなことを考えたよ日記【運動&その他編】

    で、その内容というのが主に「健康維持を主目的とした減量」というものなんだけど、更にここから2週間くらい食生活を変えてみてわかったことについて、軽くメモっていきたいと思います。

    これから、ダイエットをしたいけど、でも出来るかなあ。。。とか思ってる方の励みになればいいかなあと思います。あ、でもぼく自身がまだ本格的に始めてから2週間程度なので、大した結果は出てないです。

    因みに、2週間減量と軽い運動をおこなった結果は、下記のとおりです。

     ・体重:-4kgくらい
     ・お腹周り:-4cmくらい 
     ・体調:良くなった

    すいません、ざっくりしててwでもまあ、「2週間で」って考えると、まあまあいいほうかも知れませんね。

    以下は、あくまで「減量初期段階では」という前提の話ですし、ぼく自身もまだ実践中の身なので、間違っているところもあるかも知れませんが、大きくは外れていないと思います。

    【減量生活2週間くらいやってみてわかったこと】の続きを読む ■EDIT

    ■バイトの面接をバックレた理由1位「面倒になった」 「交通手段を調べる」のすら面倒という人も■
    2019.1.31 - キャリコネニュース

    エン・ジャパンは1月30日、バイト面接に関する調査の結果を発表した。アルバイト情報サイト「エンバイト」の利用者2694人のうち29%がバイトの面接をキャンセルしたことがあると回答。そのうちのさらに29%は面接当日にドタキャンしたことが明らかになった。

    バイト面接をキャンセルしたことがある人のうち、企業に連絡しなかった人は10代で17%、20代で8%だった。

    ※続きはリンク先にて※
    0130arbeit


    ちょっと記事の内容からははみ出しちゃうんだけど、どうしても書きたかったことについて書く。

    電話の段階から「既に面接は始まっている」

    記事に書かれているような理由で面接を飛ぶとか論外だと思う。そもそも最初から働く気なんて無いのなら、面接のアポを取らなければいいだけの話。

    あと、仕事を探している側は、求人応募に関する電話の際には、「電話の段階で既に面接は始まっている」ということを忘れてはいけない、なんてのは当たり前の話。担当者はそういうところももちろんちゃんと見てますから。

    実際、コンビニでバイトしてた時にかかってきた求人応募の電話で、「口の聞き方を知らない人(超基本的な社会マナーを知らない人)」については、店長に取次ぎもせず、ぼくの独断で断ることもしばしばあった。(ある程度の裁量は与えられている立場だったので)

    コンビニだと思ってナメてるのか知らんけど、電話口でまともに話せないやつが接客なんて出来るわけがないのは目に見えてるからね。面接するまでもない。)

    面接は「試される場所」ではない。お互いがお互いを「見極める場所」だ。

    ぼくが今回言いたいのは、先述の逆パターンの話。つまり応募先の「人事担当の電話対応について」だ。

    上記記事の内容とは別の理由として、ぼくも過去に1度だけ面接をバックレた事がある。それは「電話のときの担当者があまりにもナメくさったふざけた対応だったから」というのが理由だ。

    ま、かなり昔の話な上、頭にきすぎてどんな内容だたのかは忘れちゃったんだけども。

    兎も角、断言してもいいが、電話対応が雑な会社は絶対ブラックだ。社外の人間に対する口の聞き方を知らないってことは、社内ではもっと酷い言葉遣いってことだからね。絶対ろくな会社じゃない。

    まだ内定してないどころか面接さえしてないのに上から目線とか論外もいいとこ。言うまでもなくそんな会社はこちらから願い下げだって話。

    こういう事を言うと「面接を受けようとしているのにお前は何様だ!」って沸くバカが必ずいるもんだけど、何様かと問われれば「お客様ですが何か?」って話なんだよね。

    何故なら先述の通り、まだ採用されてないどころか面接さえしていないんだから。まだお前の部下でも後輩でも何でもねー部外者だって話。

    ということは、電話をかけた側の目的はどうあれ、企業が外部からの電話を取るなら「お客様と接するように応対するのが、社会人としての常識的な振る舞い」なんてのは、至極当たり前の話だ。むしろ当たり前過ぎてマニュアルにも載ってなくて当然というレベルの話。

    勘違い系人事は「面接をする側=自分のほうが立場が上」とか思ってるのか知らんけど、「自分もまた見られてる立場でもある」って自覚のないバカが少数だけどいるという現状。

    就職活動や転職活動、あるいはバイトを探している人は、自分が受けようとしている会社のこうした電話応対の仕方を、今後注意して見るべきだ。

    自分のスキルや過去の実績がどうあれ、面接は「試される場所」ではなく、「働きたい側」と「人を雇いたい側」が「お互いを見極める場所」だ。

    ぼくはフリーターの頃から(というかまたフリーターに戻ったけど)ずっとそういうマインドで仕事探しをしていた。そういう気持ちで常に面接を受けていたら、不思議なもんで、採用率がグンと上がった。

    ブラックなところで働きたくないなら、まずはこういう部分で見極める目を養ったほうがいい。

    ■EDIT

    71bx9Avi0+L._SL1001_

    BUCK-TICK - 悪の華(メジャー4th ALBUM(通算5枚目))
    1990年2月1日リリース

    ・Gt. 今井寿の謹慎明け復活アルバム



    29年前の今日リリース。

    懐かしい。もうそんなに日が経つのか。ぼくが、一番最初にBUCK-TICK(以下B-T)に触れたのがこの作品だった。

    ラルクのときにも書いたけど、このバンドもまた、謹慎明けの復活によるこのアルバムでブレイクを果たした典型例。

    当時ぼくは、大好きだったXの「BLUE BLOOD」も一通りしゃぶり尽くして、似たようなバンドに飢えていた頃に、ぼくの目に飛び込んできたのがこのジャケット写真と、「悪の華」と言うシングル曲だった。

    【【×年前の今日】1990年2月1日:BUCK-TICK - 悪の華(メジャー4th ALBUM)】の続きを読む ■EDIT

    東大卒プロゲーマー (PHP新書)
    ときど
    PHP研究所
    2014-07-16


    超面白かった。

    ここ最近、「ゲーム」とか「ゲーマー」に関連した本を立て続けに読んでいるけど、その中でもかなり面白いと思える本だったと思う。

    特に前回紹介した「梅原大吾」と同じ「マッドキャッツ」というメーカーからのスポンサードを受けているということで、彼に関する話もたくさん出てくるので、「ウメハラ本」を読んでいる人なら、また違った楽しみ方ができると思う。


    【東大卒プロゲーマー - ときど】の続きを読む ■EDIT


    ラルク アン シエル 人気曲 - ヒットメドレー♥♥ ラルク アン シエル スーパーフライ♥♥ L'Arc En Ciel Best Songs 2018


    何かの拍子に関連動画に入ってて、「どれどれ。超久々にラルクでも聞いてみるか」と思い聞いてみたら、久々に聞いたってこともあって、思いの外良かった。

    あと、このシリーズでは何度も書いているかも知れないけど、BGMって基本「歌」が入ってないほうが良くて、特に日本語曲なんて日本人にとっては一番BGMに適さないはずなんだけど、頭使わず手だけ動かせば良い作業のときには非常に良いですね。

    ラルクについて

    あまりこのブログでラルクについてちゃんと書いたことって無いと思うので、少しだけ。

    ぼくは、ラルクの存在自体は彼らのインディーズ末期かメジャーデビュー直後くらいから一応知ってるのは知ってて、最初に見たのはあれは確か、まだVo.hydeの髪がものすごく長かった頃にWOWOWでOAされていたライブ映像だったと思う。

    最初それを見たときには、「全然ロックじゃねえじゃんなんだこれ(失笑)」ってかんじだったんだけど、hydeが髪を切ってショートにし始めて(おそらく4th SINGLE「風にきえないで」以降)からちょっと「お?」って感じになり始めた。

    そこからのシングル3作(4th:風にきえないで、5th:Flower、6th:Lies and Truth)は、傍目から見ていても「このバンドどんどん売れていくぞ」っていうのが分かる感じで、正に「勢いに乗っている感」がすごくあったように思う。

    ただ、ドラムのSAKURA在籍時のものについてはその3作品と、メジャーデビューアルバム「Tierra(ティエラ)」という、めっちゃ髪がサラッサラになりそうなリンス、もしくは代官山とか表参道あたりに実在しそうな美容院っぽい名前のアルバムに収録されている「Blame」って曲だけ好き。

    ※調べてみたら、表参道にほんとに実在しててワロタw

     Tierra

    で、ぼくが好きなラルクって、ドラムがSAKURAから現在の「yukihiro」さんに交代してからなんですよねー。アルバムで言うと「HEART」の時ですね。

    先代のSAKURAさんがシャブでパクられちゃって、その間そこにサポートで入ってるのは知ってたんだけど、何しろ、過去に一度だけこのブログで触れたことのある「Die In Cries」のドラマーだった、あのyukihiroがラルクに「正式加入」と知ったときの驚きは大きかったですねえ。

    で、この変化って確実にプラスに働いていると個人的には思ってて、以前もどこかで書いたことがあると思うんだけど「メンバーのひとりが不祥事で活動休止したバンド、後にブレイクする説」っていうのを正に体現しているんですよ。

    ※その他の例:BUCK-TICK、ONE OK ROCK等(っていうかそれくらいしか思い出せなかったw)

    更には、サウンド的にも本来のラルクの音楽性にyukihiroの軽くて硬いアタックのドラムってのが合ってたと思うんですよね。

    で、その後のアルバムとして「ark」と「ray」っていうのを「2枚同時リリース」するんだけど、そこがぼく的にはピークだったかなと。(あくまで「ぼくのラルク熱が」という意味で)

    その後は「READY STEADY GO」とか、ちょこちょこシングルを摘むくらいで、アルバムは聞かなくなりましたね。

    でもこの動画に収録されている曲は、大半が知っている曲だったので楽しめた。知らない曲もそれはそれでいい曲なだとも思えたし。

    特に後半の「GOOD LUCK MY WAY」とか疾走感と爽快感があって、割と好みの楽曲。

    【【今日のBGM:062】L'Arc~en~Cielメドレー】の続きを読む ■EDIT

    日清 焼そばU.F.O. スパイスキーマカレー焼そば 110g×12個
    日清食品 (2019-01-21)
    売り上げランキング: 16,500

    めっちゃ旨かった。

    これは正直、ぼく的ベストとも言える「UFOミーゴレン」を超えてしまうんじゃないかというくらいの勢いで、素晴らしい出来だと思う。

    ※関連過去ログ
     【コンビニ:焼きそば】日清 焼そば U.F.O ミーゴレン

    あ、因みに「目標」に関する記事で「カップ麺は極力食べない」というようなことを書いていたけど、そこでも書いているんですが、自分的に完全に縛りを入れているわけではなく、「できるだけ食べない前提で行く」というだけの話です。

    ※関連過去ログ
     190114(月):目標について更に細かくいろんなことを考えたよ日記【食事編】

    なので、今回のこいつに関しては、かなり久しぶりのカップ麺です。3週間ぶりくらい。

    【【コンビニ:焼きそば】日清 焼そばU.F.O. スパイスキーマカレー焼そば】の続きを読む ■EDIT

    このページのトップヘ