脳窓全開ブログ

どうでもいいことにムキになりながら無駄に熱く長く書きなぐる日記帳ウェブログ。毎日更新!

    ■山手線の新車両、量産化 17年春から投入 現車両は中央・総武線に転用■ 2016年06月08日 16時39分 更新 - ITmedia ビジネスオンライン  JR東日本は6月8日、山手線の新車両「E235系」の新造計画を発表した。来春ごろから2020年春ごろまでに49編成(11両編成)、計539両を投入する。

     E235系の量産先行車は昨年11月に営業運転を始めたものの、初日からトラブルが多発したため運転を中止。3月になって3カ月ぶりに運転を再開していた。

     新造する量産車は量産先行車の仕様を踏襲。車いすやベビーカーが利用しやすいフリースペースの設置や、液晶ディスプレイによりデジタルサイネージ化された広告媒体などを備える。  現行のE231系500代は、中央・総武線各駅停車への転用改造を施し、継続使用する。ディスプレイを装備している車両を転用することで案内を充実させるほか、ホームドアに対応可能な保安装置などの改造も行う。

    Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.  

     カッコいいなあ新しい山手線。でも一応山手線ユーザーだけど、まだ乗ったこと無いんだよなあ。  てゆーか山手線は混んでる状態でしか乗らないから気づいてないだけかも。  因みに前回不具合が起きたのは車両そのものではなく、制御するソフトウェアにバグが見つかったかららしいね。  そーゆー時代になったんだなあとしみじみ。  

    ■JR原宿など3駅の改良計画発表、臨時ホームの活用や駅舎新設なども。■ 2016/06/08 16:39 Written by Narinari.com編集部  JR東日本は6月8日、千駄ケ谷駅、信濃町駅、原宿駅の改良工事計画を発表した。2020年の東京五輪に向けて利用者が多く見込まれる3駅について、改札口やコンコースの拡張、バリアフリー設備の拡充などを計画している。この3駅の工事費総額は約250億円となる見込。

       総武線の各停の駅って確かにどこも古臭いね。  千駄ヶ谷は3年位前まで通ってたけど、将棋会館があるってことで  ホームにでかい将棋の駒が置いてあってそれはそれで味があったけど、  原宿とかヤバイでしょw  駅だけみると若者感ゼロだからなあw 昭和感と地方感がすごい。  あとすげー臭そう。降りたことねーから完全にイメージだけど。   ■EDIT

    意味がわからない。ただ烏龍茶をちょっとガブ飲みしたってだけなのに。言うても1.5Lを一晩で空けたとかそんなんじゃないですよ。1Lも飲んでないですよ。なのに腹ぐるぐる。 あとなんか最近、天気の悪い日に体調を崩すことが多いような気がしてきた。朝起きると、腹と頭が痛いってことが多い。頭痛はEVEでどうにかなるけど、腹痛に関してはどうにも。腹痛で迂闊に薬を飲みたくない。 体調が少し戻ってから、HTML/CSSを少しだけ勉強した。 このテンプレートのメインカラムの横幅が広すぎるので、コピったテンプレートで調整していたんだけど、どうもしっくりこない。やはり1300pxにするしかないようだ。 それかこの際、改めて別のテンプレートを探すか、カスタマイズ用のテンプレートを頑張って大改造するか。うん。そうしよう。そもそもヘッダーも気に食わない。 SUZURIに最近興味があるので、それ用にと思ってとりあえずGIMPをダウンロードしてみたので、そっちも併せて頑張って弄ってみよう。ヘッダー用の画像を作成したい。てゆーかテンプレート作りたい。   あ、もう1つの職場用のブログもいじらなきゃ。 てゆーか、すげー久しぶりにブログで「日記」っぽいこと書いちゃった。 あーまだちょっとお腹痛い。

    ■EDIT

    ■北海道不明男児発見で「尾木ママ」ブログ大批判 親の「逮捕」予想も書いてた■ J-CASTニュース 6月3日(金)13時41分配信  「教育評論家の発言とは思えない」「もう喋らない方が良い」――。北海道七飯町の山林で行方不明となっていた小学2年の男児(7)が2016年6月3日朝に発見されたことを受け、「尾木ママ」こと教育評論家の尾木直樹氏に対するバッシングがネット上で過熱している。  これまで尾木氏は、「(本当に置き去りなのか)疑いたくなってしまいます」「間違いなく逮捕される」などと親への批判をブログで繰り返していた。男児の発見後には「良かった!見つかりました!」と喜びを爆発させた尾木氏だが、ツイッターやネット掲示板には「両親への謝罪が先では」といった批判が殺到している。  ※続きはリンク先で!

     
     なんかこの人って「教育評論家」っていう肩書を背負っておきながら、この件に限らずいつだって  ものすごく感情的にしか物言わないよね。全然「評論」してない。  今回のこの事件での争点となってる「しつけ」という部分において、それこそこの人は有識者として  誰よりも冷静な意見を言わなければならないはずの立場なのに、よくも悪くもものすごく「視聴者目線」  で意見言ってるのは流石にどうよって話。  虫歯だらけの歯医者みてーっていうか、もっと言うなら「教育評論家」を名乗ってるだけのただのオバ  ハンにしか見えない。  曲がりなりにも「教育評論家」を名乗る人間が、所感とか印象だけで「間違いなく逮捕される」とか  言い切っちゃうのは、それで飯食ってるプロとして恥ずべきことじゃないの?  昼ドラとか火サスとかの見過ぎで、こうしたニュースが報道される度に「絶対あいつが犯人よ!間違いな  いわ」ってせんべいバリバリ食いながらTVの前で言ってるのと同じレベルってことでしょ。  以前からこの人をTVなどで見ていて、同意できる部分もあったけど、でもなんかこの人信用出来ないんだ  よなあ、って思ってたその不信感の原因はまさにこーゆーところなんだなあっていうのを実感した。   ■EDIT

     
    ■Dag - Our Love Would Be Much Better (If I Gave a Damn About You)■ 

    ぼくは、自分はやらないくせにダンサーさんのダンス動画を見るのがやたら好きで。  

    特に韓国系のpoppin'動画が非常に好きで、韓国人ダンサーの「Poppin' HYUN JOON(ヒョンジュン)」が凄く好きなんだけど、ある 時、彼のお弟子さん(恐らくヒョンジュンの開いているダンサーズスクールの生徒さん)がこの曲で踊っていて、この曲を知った。  

    一応今回BGMの紹介なのでプレイリストをまるまる埋め込んだけど、やっぱりこの曲が一番好き。ジャンル的にはアシッドジャズって やつですね。20年前に日本でも爆発的な人気を誇った「Jamiroquai(ジャミロクワイ)」を思い出していただければわかりやすいかと。  

    とは言え、最初「アシッドジャズ」って聞いた時は「JAZZ的な要素無いじゃん」って最初は思っていたんだけど、調べるとどうもちゃ んとJAZZから派生したものではあるようですね。  

    まあ、音楽ジャンルなんて時代の流れとともに変容していくものだから、今となってはこれがアシッドジャズってことでいいんでしょ うきっと。

    まあ要はR&Bとファンクのカクテルというか「ベース素材はあくまでファンクだけど味付けはR&B」っていうのがぼくの解釈。  

    HR/HMと同じように、JAZZ⇒ソウル⇒ファンクという流れを経たものと、リズム&ブルース⇒後のR&Bという流れプラス、隣近所の HIPHOPみたいに、もうこの辺って最近カクテル出来過ぎてて全然ボーダーが見えない。  

    で、あるが故にこの16ビートのグルーヴ感、もっと言うと「やる気のないファンク」といったダルいグルーヴ感がたまらなく心地いい。ダンサーさんに好まれるのも非常によく分かる。  

    もちろん、BGMとしても非常に有用。作業捗る。

    ■EDIT

       
    ■FORT MINOR - Full Album - BEST SONGS■

    久々に作業用BGM。しかも久々のHIPHOP。  

    ぼくの大好きな海外のバンド「LINKIN PARK」のMCであるマイク・シノダの別プロジェクトで、この動画の音源自体も2004年か ら2006年頃のもののようなので今となっては懐かしい音源。  

    所謂コテコテなブラック系とかギャングスタ系HIPHOPのような、RAPのフローがビートに対して必ずしもジャストでは合わせないようなルーズなものではなく、そこはシノダさんなので、結構キッチリジャストに合わせるRAP。ぼくはやはり日本人なので、正直、 こーゆーRAPの方が好きだ。  

    やっぱりHIPHOPってBPMとかグルーヴ的にも、作業用BGMにものすごく適してるなあと、これを聞いてるとつくづく感じる。  

    ただーこーゆータイトなRAPだとビート感が強すぎるというか主張し過ぎなので、クリエイティブな作業や考え事を伴うような作業には向いてない。頭使わなくていい純粋な作業向け。

    ■EDIT

    ■お題:目玉焼きにかけるのは塩?しょうゆ?それとも~?■  ぼくは卵が大好きなのだけど、唯一そこまで好きじゃないのがこの目玉焼きだ。  いや、嫌いではないんですけども、少なくとも積極的に食べようとはしない。  なんて言うか、昔からそんなに食べてこなかったというか、目玉焼きっていうと  朝食の定番みたいなところがあるけど、ぼくの育った家では「朝食=納豆」の家  だったので、本当に子供の頃に目玉焼きを食べた記憶があまりない。なので、好  きか嫌いかはさて置いても、多分人より食べてきた量は少ないはず。    なので正直な所「何でもいい派」だとは思うんだけど、でも「どの料理と一緒に  なっているのか」にもよると思うんだよねえ。  例えば外食なんかすると、割と色々なものに目玉焼きが普通にトッピング的に乗  っかってたりすることがあると思うんだけど、そういったものにまでわざわざ醤  油とか塩とかソースを改めてかける必要はないわけで、その時の料理に掛けられ  ているソースや味付けに、その身を委ねるのが一番だと思っている。  でもこうした時困るのが「目玉焼き自体がメインとなっているメニュー」の時だ。  これはもう、今までの人生で積み上げてきた「目玉焼きキャリア」が問われると  いうか、ここで目玉焼きに直面した時の本性が顕になる。  具体的に言うとぼくは「松屋のソーセージエッグ定食」を朝食として好んで食す  ることがあるのだけど、ここでは「醤油」をチョイスする。  無論それまでの間に「おれの選択は本当にこれで間違ってはいないだろうか」と  逡巡し、改めて目玉焼きに於ける別の可能性の思索を試みるのだけど、やはり最  終的には「現時点でのワンオブベストは醤油である」という結論に至ってしまう。  ということでぼくは「基本醤油。時々別の」というのが、この問に対する答えだ。   ■EDIT

    ■お題:あなたの得意料理をおしえて!■  卵かけごはん。納豆。スクランブルエッグ。そして炒飯。  うん。どれも簡単!てゆーか、料理らしいもの炒飯だけぢゃねえか。  ただ、この4つには自分なりの異様なまでの拘りがあって、人よりうまいものになる自信はある。 ・卵かけご飯  特別なことは一切しない。トッピングは野菜ふりかけ。たまに気分で「なめたけ」  醤油、卵、ご飯の絶妙なバランス比率を取るのが多分旨いんだと思う。  お茶漬けにも言えることだけど、ご飯をちょっと少なめに盛るのがコツ。  あと、卵白は絶対に除くな! ・納豆  何回かまえのお題にも書いたことがあると思うが、パックを開けていきなりタレをぶっこんじゃダメだ。まずはかき混ぜるんだ。白くなるまでかき混ぜるんだ。パックに箸でうっかり穴が空いてしまうくらいかき混ぜるんだ。それからタレをどーーーーーーーん!トッピングは刻み生ネギとなめたけ。 ・スクランブルエッグ  一般的には砂糖だけでの味付けなのかもしれないが、ぼくはそこに「醤油」を足す。フライパンはできるだけ高温に熱しておく。油はやや多めに敷く。  広範囲に広がり過ぎないように適度に広げて、中央部はそこまでしつこくかき混ぜない。端っこを寄せて集めるだけくらいでもいいくらいだ。この工程を、だいたい30秒くらいで終わらせる。スクランブルエッグはスピード勝負だ!そうすることでトロトロ感満載なスクランブルエッグが出来る。 ・炒飯  自分で炒飯の味付けをしようだなんて思うんじゃない。普通に永谷園辺りの炒飯の素を使う。これもスクランブルエッグ同様ピード勝負。作り方とかには「卵を混ぜて」とか書いてあるだろうが、ここで誘惑に負けちゃいけない。  まずは、上記スクランブルエッグを先に作っておく。その後、油を軽めに敷いたフライパンにてご飯を炒める。この時、ギュウギュウに押しつぶすようなバカな真似は絶対にやめるんだ。潰すと米に含まれる水分が飛びすぎるし、空気を含ませたほうがふんわり感が出る気がするから。  ご飯は、予め茶碗に盛ったものをフライパンにぶっこみ、しゃもじで縦線と横線を何本も入れて崩すだけでいい。できるだけ細かく崩して軽く炒めたら炒飯の素を投入。  ここからはスピード勝負。1分くらいで全体になじませる。で、最後に予め作っておいたスクランブルエッグを上からかぶせて、出来上がり。  なんかこうやって書くといかにも「普段からすげー料理してそう」みたいに思われるかもしれないけど実はここ数年全然料理してません。  あと、基本的にぼくは炒めものしかできない。     ■EDIT

    ■布袋寅泰「心震え、感動した」氷室京介への思い語る■ [2016年6月1日22時52分] - 日刊スポーツ  布袋寅泰(54)が1日、ライブ活動無期限休止を発表した氷室京介(55)のファイナルライブを観賞したことを公式ブログで明かした。以下、全文。  「氷室京介『LAST GIGS』最終日を観させていただきました。  耳の不調と戦いながら、35曲をフルパワーで歌いきったボーカリスト魂、最後まで貫かれたストイックな美学に心震え、感動しました。  ステージで歌う姿をもう観れないのはとても寂しいけれど、コンディションの回復を祈ると共に、これからの創作活動を楽しみにしています。  貴方と出会い、貴方の隣でビートを刻み、歌い、踊り、笑顔を交わせたことは、ギタリストとして最大の喜びであり誇りです。  心からの感謝と最大のリスペクトを込めて。ありがとう。そしてお疲れ様でした。  I truly want to thank you from the bottom of my heart. HOTEI」  布袋は、氷室がライブ活動無期限休止を発表した直後に、ブログで「もし彼が本当にステージから姿を消してしまうなら 最後のステージはせめて一曲でも 隣りでギターを弾かせてほしい そう願うのみ」と思いをつづった。  その後、日刊スポーツなどのインタビューでも氷室に対する思いに言及。「(休止発表は)すごくびっくりしたし、耳の調子が悪いということでとても心配。10代のころから、共に戦ってきた同志ですから。ただ、(ラストライブへの出演は)自然に任せたいなと。断る理由はないですね。でも、最後のステージは彼の思うステージであるべきだと思います」などと語っていた。  その思いは実現しなかったが、この日のブログであらためて、氷室への尊敬とねぎらいの気持ちをつづった。

     
     BOØWYというバンドが再結成するのだけは絶対に嫌だけど、氷室の横で氷室の曲を弾く布袋の姿は見たかったかも。  なんにせよ、最後の最後まで再結成をしないでくれたことは感謝してる。  なんて言うか氷室のことだから、1回でも再結成なんてしちゃったら「やっぱりこの4人で音出すの楽しい!」ってな  っちゃって、一夜限りでは終われなくなることをわかってたんじゃなかろうか。氷室って、頼まれると断れないみたい  な部分もありそうだし。  しかし布袋は何故、最後英語で書いたんだ。しかも「bottom of my heart」って「心の底から」ってことなんだろう  けど、それ果たしてそのまま訳すもんかね?なんか違う言い方がありそうな気もするんだけどね。  「心の底から」をそのまんま「bottom of my heart」にするっていう発想がなんか「如何にも日本人が考えた英語」  って言う感じがすごいしちゃって、なんかダサいw その一文要らなかったわーw  それにしても、未だにBOØWYの再結成を望む人がいるんだけど、つくづく何もわかってないなと思う。  氷室のことも、布袋のことも。  仮にあの4人が集まってそれこそ「DREAMIN'」でもやったとしても、それは氷室・布袋・松井・高橋が演奏してるって  だけであって、BOØWYではないと思うんだけどね。  BOØWYは解散した。あの時のBOØWYはもういないんだよ。  それは、各メンバーが解散後にどういう活動をしてきたかを見ていればよく分かることの筈だ。     ■EDIT

    ■お題:仕事or学校がある日は、家を出る何分前に起きる?■  家をでるのが8時過ぎなので、3H前には起きたい。  けど実際は「起きられない」ので、大体1Hちょい前ってとこ。  一時期は毎朝「5時」とかには起きてたりしてたんだけど、やっぱり環境とか変わって一度崩れると  なかなか難しいもんですなあ。  5時起きとかだと本当に全てが上手くいく。朝の通勤までの時間って結構いろんなことが出来る。  本当はそれを利用して色々やりたいことが沢山有るんだけど、なかなか起きられないんだよ!  朝5時に起きるためには必要なこととしてわかっていることは、  ・22時以降は食べない  ・どんなに遅くても01:00には床につく  この2つなんだけど、どっちも難しい。  22時以降の食事禁止はなんとかなるんだけど、就寝時間が1時までってのは結構厳しい。  仕事終わって家帰ってきて飯食って風呂入ってブログ書いてってやってると、あっという間に1時!  それでも強引にでも改めないと本当にダメだなと感じている。  今その方法を模索しているところ。   ■EDIT

    ■お題:イカとタコどっちが好きですか?■  選べない!どっちかなんて選べないよう!だってどっちも好きなんだもの!  特に刺し身の時のこいつらの旨さと言ったらもうね。こいつら食感が良すぎるんだよ。  たこのコリコリ感も、イカのクニクニ感も、どっちも捨てがたい。  ところでたこで思い出したんだけど「たこ焼き」って、よくよく考えると謎な食べ物だと思う。だって字面だけで考えたら「た こ」を直接網の上とかで焼きそうなイメージじゃん。  けど実際のところは、小麦粉ベースで出来た衣の中に切り身を入れてそれを焼いているだけだから「たこを焼いている」という感 じは正直実感として薄いから、どっちかっていうと「玉焼き」っていうほうがしっくり来る気がする。  今までの人生の中で「たこ焼き」のことについてそこまで深く考えたこともなかったので、ちょっと調べてみると、たこ焼きと言 うのはどうも神戸の「明石焼き」というのが元になっているらしいですね。 明石焼き(玉焼き or 玉子焼き)   因みにこの明石焼きっていうのは、卵を球状に焼いたものであることから、元来的には「玉子焼き」と呼ばれていたようなんだけ ど、それだといわゆる一般的な卵焼きと混同するからってことで「明石焼き」とか「玉焼き」と呼ばれるようになったのだとか。  そうか「玉焼き」はここで既出だったのか。  だとすると後から出てきた方が「たこ焼き」ってのはある種仕方ない部分はあるな。
     もうこれは、完全にたこ焼き考案者の大阪市西成区「会津屋」の初代・遠藤留吉さんの名付けミスだと思う。  要は元になっている「明石焼き」に寄せすぎたというか、引っ張られすぎたせい。  じゃあそれならば「たこ焼き」ではなく「たこ玉」でいいじゃんって思うのだけど、実はその昔ミニストップのFFメニューに「た こ玉」という商品があったのだ! お好み食うべぇ「タコ玉」  で、画像を見てもらったらわかると思うんだけど、玉じゃないんだよねえ。なんで「玉」にしたのか。  形状的な部分だけで見たら完全に今川焼き(大判焼き・回転焼き・おやき)なんだけど、なぜか「玉」。  しかもこのメニュー、一度終了して5年後リニューアルしているんだけど、もうそこではしっかり「お好み焼きサンド」って言っ ちゃってる上に、中身たこじゃない別のフレーバーまで出す始末。たこ、どこ行っちゃったよ。    てゆーかこの話「イカとタコどっち好き?」ってお題だったのに、いつの間にか「たこ焼き」の話になっちゃって、たこどこ行っ ちゃったってより「お題どこ行っちゃったよ」になってきたので、この辺で終わらせよう。無駄に長く書いてもうた。  しかも、散々たこ焼きの話しをしておきながら、肝心のたこ焼き画像は1枚もないっていうね。   ■EDIT

    このページのトップヘ