脳窓全開ブログ

どうでもいいことにムキになりながら無駄に熱く長く書きなぐる日記帳ウェブログ。毎日更新!

    ■お題:家族は自分に似てる?■  母親似。目とかそっくり。  よく、男は母親似、女は父親似になるって言いますよね。うちもそう。  妹がいるんだけど、妹は父親に似ている。  今やってるセカンドワークもそうだし、過去にやってきたコンビニの仕事でもそうなんだけど、そうした仕事柄「親子連れ」を見か ける機会が非常に多いのだけど、親子連れを観察していると非常に面白い。だってみんなそっくりなんだもん。同じ顔が一緒に居るっ てだけで面白い。  特に、一瞬親とはぐれかけた子供とかでも、子供の顔を覚えておけば一瞬でその子の親がわかったりする。  だから、迷子の対応とかを仕事でやる人は、多分子供の顔をめっちゃ見ると思う。で、同じ顔した親を探せばいい。   ■EDIT

    コカ・コーラ リアルゴールド ワークス 250ml 缶×6本
    コカ・コーラ (2016-05-09)
    売り上げランキング: 167,907

    うまい。

    強めの炭酸を謳ってはいるが、全然強くない。寧ろレッドブルに近いくらいの微炭酸。なんなら元祖である金のリアゴーの方が炭酸強いくらい。やっぱりエナジードリンクの炭酸は微炭酸がちょうどいい。

    ぼくのエナジードリンクライフは「デカビタC」から始まっているんだけど、やっぱり「オロC」にせよデカビタにせよリアゴーにせよ、安いエナジードリンクはみんな大体強炭酸で、所謂エナジーチャージ的な効果は正直期待できないものしか無い。

    それどころか、よく仕事中に金のリアゴー飲んでたんだけど、エナジーチャージどころか寧ろ眠くなることさえあった。炭酸強くて甘みが強いから、血糖値が跳ね上がるんだろうね。これじゃコーラとかと一緒。

    それを知っていたので、コンビニでこれを見かけた時、正直全く期待していなかったんだけど、このブログでいつか「エナジードリンクレビューをやる!」と決めていたので、意を決してBUY。

    レッドブルと同じくらいの価格帯であることから「金のリアゴーとは一線を画しているぞ!あいつとオレは違うんだぞ!」感はなんとなく伝わってきてはいた。

    やっぱり高いだけあって、まず「味が上品」だった。そして微炭酸なので、金のリアゴーよりも喉ごしが滑らかで、スンナリ入ってくる。金のほうのようなザラついていて重たい感じが全く無い。

    でも、金のリアゴーの味をベースにしているので、風味は金のリアゴーだった。確かにこれは朝とか、午前中に飲むにはいいかもしれない。


    ■EDIT

    ■お題:一斉検査!カバンの中に何を入れていますか?

     ・社員証  ・折傘  ・メモ帳  ・制汗スプレー  ・何らかの本  ・A4用の超薄い書類ホルダー  ・絆創膏とか印鑑とか入れておくためのポーチ  ・タオル  ・カチューシャ  ・マスク

     結構あるなw  制汗スプレーやタオルは、冬場は必要ないけど今は必須。  後はオールシーズン必要なものばかり。  メモ帳については、このエントリ参照。(■お題:こだわりの文房具、ある?■)  A4の超薄い書類ホルダーは、トートッグなどで鞄の中が崩れるのを防ぐための仕切板として利用している。  もちろん、書類を入れることもある。    何らかの本については、活字中毒を気取るわけではないけど、やっぱり通勤の電車の中では本を読みたい。  というより、通勤の電車の中でしか読む機会がない。家では本を読みたくないんで。 ■EDIT

    ■お題:好きな大豆食品は何ですか■  何かものを食べるにあたって、今まで「大豆食品」という括りで考えたことなかったから「なんだろう?」って考えちゃうなあ。  でもまあ、ぱっと思いつくもので自信を持って好きだといえるのはやっぱり「納豆」なんだけど、僕の場合、納豆は「白飯限定」 なんですよねえ。白飯以外のところに使われる納豆は好きじゃない。チャーハンとかパスタとか。  あと、納豆は絶対自分でかき混ぜたい!これにはちょっと拘りがある。  よく、パック開けてかき混ぜもせんと添付のタレをいきなりブッ込む人がいるけど、アレはだめだ。  まず最初にかき混ぜる。それも割としつこめに。  で、それから初めてタレと辛子をブッ込む。多分結果的にはあまり変わらないのかもしれないけど、その方がタレの旨味が損なわ れない気がするというか、タレブッ込み前に散々かき混ぜて「下地が出来上がった状態」を作ってからタレをブッ込むことで、味が よく馴染みそうな気がするからだ。  あ、なんか大豆の話っていうか「納豆」の話になっちゃったな。  納豆以外で好きな大豆食品だと「豆腐」ですかね。一時期、朝食の定番でした。  豆腐の場合だと、ぼくは「なめたけ」と「わけぎ」などを使ってました。あとはそこに醤油をちょっと垂らすだけ。  一時期、豆腐以外にもおかずが欲しくてお弁当のおかずに使うような、1袋¥100もしないようなミートボールを使ってたことが あったんだけど、その時には豆腐に醤油はかけず、ミートボールの残ソースをタレ代わりにしてたこともあった。これ中々イケますよ。  最近、食生活を改めにゃならんなあ、と切に感じているので、そろそろ豆腐生活に戻ろうかなあ。     ■EDIT

    ■お題:洋画は字幕派?吹き替え派?■  吹き替え。  昔は字幕派だったけど、ストーリー的に複雑なのにアクションとか派手なシーンと言うか、映像的にも見どころがたくさんあるよ うな映画の場合、字幕だと疲れちゃうし何より勿体無い気がする。  そういう類のものは見ることに集中できるようにするためにも、吹き替えのほうが絶対いいと個人的には思う。  ま、無論「上手な声優さんが声を当てること」が絶対条件になるけど。  あとは逆に、ジャッキーチェン物のような、ほぼアクションだけで構成されているような作品もやはり吹き替えのほうがいい。  と言うより、ジャッキー・チェンとかアーノルド・シュワルツェネッガーとか、日本人にとっては寧ろ吹き替えの方が馴染みがあ るはずだから、字幕だと違和感を感じると思う。  あと、吹き替えによって割増で作品が面白くなるケースも少なからずあると思う。  ぼくの大好きな海外ドラマの「プリズン・ブレイク」に出てくる「セオドア・バッグウェル(通称:Tバッグ)」の吹き替えをや ってるのが、「サザエさん」の「アナゴさん」とか「すべらない話のナレーション」をやっている大御所声優の「若本規夫」さんな んだけど、もうこの人の異常性癖犯罪者役がハマりにハマり過ぎてて、プリズン・ブレイクは絶対に吹き替えのほうが面白いという 確信がある。  なんていうか、そう考えると、寧ろ字幕であることのメリットのほうが少ない気がする。  何より字幕だと字数制限があるから、伝わりきらない部分だってあるだろうし。     ■EDIT


    ■仲村知夏 「BE COOL」■
    1988年作品 作詞:松宮晴吉 作曲:氷室京介 



    1989年にリリースされたアルバム『STREET ANGEL』に収録。でも曲自体は、実は氷室京介の「LOVE & GAME」が原曲。ついこないだこの楽曲の存在を知って非常に驚いている。

    氷室京介のLOVE & GAMEは1988年、BOØWY解散後のソロデビューアルバムである「FLOWERS for ALGERNON」に収録され ているので、氷室が彼女のために書き下ろした曲というわけではない。

    でも、彼女がLOVE & GAMEをカバーしているというわけで もないようなので、楽曲提供に至るまでの経緯や詳細が不明で、ちょっとややこしいところ。

    更に言うと、そもそも氷室のLOVE & GAMEは、なんとキョンキョンこと「小泉今日子」に対して1987年に書き下ろされた提供 用の楽曲であり、大御所作詞家、湯川れい子の作詞による「3001年のスターシップ」というタイトルでリリースされていたものが 原曲。

    で、後に氷室がセルフカバーして今のLOVE & GAMEの形になっているものを、上記:仲村千夏が「BE COOL」というタイト ル(作詞:松宮晴吉)として歌っている。

    つまり、時系列的には

    3001年のスターシップ(キョンキョン1987) ⇒ LOVE & GAME(氷室1988) ⇒ BE COOL(仲村千夏1989)

    となる。

    聴き比べてみると非常に面白くて、やはりキョンキョンの3001年の方は、我々のよく知るLOVE & GAMEとは大分違っている。

    片や仲村千夏のBE COOLの方は、大分LOVE & GAME寄りというか、歌詞自体もかなりLOVE & GAMEに引っ張られてる感が否 めないのが面白いところじゃないかと思ってる。

    氷室京介は実はこうした楽曲提供を「やってなさそうで実は思ってたよりかは意外とやってた」って言う人で、全然売れなかった アイドル歌手を含めると、割と多く提供してきている。

    有名どころを挙げるとすると、KAT-TUNの「Keep the faith」とか、反町隆史の「SINCERELY」及び「ONE」も提供しており、 「ONE」に至っては、後に自身のミニアルバム「beat haze odyssey」にて同曲をセルフカバーしている。

    あとは何と言っても、最近タレント・俳優としてすっかり有名になった「DAIGO(北川景子の旦那)」のデビューシングルは、他 ならぬ氷室京介の提供楽曲「MARIA(DAIGO自身の作詞)」でデビューしており、更には氷室自身がこれを「Claudia」として森雪 之丞の作詞でセルフカバーしている。

    提供楽曲をセルフカバーし、それをシングルに持ってきた楽曲は、恐らく後にも先にもこの楽曲だけではないかと思う。

    というより、DAIGOのMARIAと氷室のClaudiaは、実は同時リリースという異例のアプローチということで、当時ちょっと話題になったりもした。 【仲村知夏 - BE COOL(氷室京介 - LOVE & GAME)】の続きを読む ■EDIT


    w365h319z1000498099000061000_9b219d9d6b5e214122326006ae6b1e2ajpg
    ■ぐでたま ぐでぐでアイス■

    発売日:2015年10月20日
    「ぐでたま」をイメージしたアイスが登場! アイスの味はマンゴー&レアチーズ味の2層になっていて、まるで目玉焼きのような形状となっています。

    ※店頭での商品のお取り扱い開始日は、地域及び店舗によって異なる場合がございます。ご了承ください。   [売り場] ※10月20日より一部流通にて販売、10月27日より全国展開予定

    ※以後順次拡大予定  

    なんだろうこのがっかり感。いや、美味しんだ。アイスとしては非常に美味しい。「美味しいかどうか」という基準で言えば十分及第点に達していると言えるんだ。  

    だけど、そういうことじゃないんだよ。

    だって「ぐでたま」って卵がモチーフなわけでしょ?で、このパッケージでしょ? もうさ、こっちはバニラ感とかミルク感とか卵感の強いものを想像してるわけよ。  

    なんなら「トルコ風アイス」みたいにちょっと溶かして伸ばして食べるぐらいのねっとり感さえも期待しちゃってるわけよ。

    それがなんで「レアチーズ味」と「マンゴー味」にしてしまうのかと。「バニラ感の強い、濃厚なアイス食べたーい」と思って買ってみたらこれだよ。すげーさっぱり。清涼感ハンパねえ。

    なので夏にはぴったりだと思う。

    けどこの見た目だったら、なんていうかこうプリン的な感じにして欲しかったなあ。

    ■EDIT

    ■お題:好きなコロッケの種類、なに?■  ぼくはコロッケって実はそんなに好きじゃない。  なんか物によってものすごく当たり外れがある気がしません?  多分お肉屋さんとかで購入する所謂「ちゃんとしたもの」なら確実なんだろうけど  コンビニ弁当とかインスタントなものに入ってるもので、美味かったためしがない。  でもそんな中、個人的に意外と侮れないなと感じるのが「冷凍食品」だったりする。  所謂「弁当のおかず系冷凍食品」のコロッケが、意外とサクサクしてるものもあるし  サクサクしてなくても、ベッチャリ感が少なくて普通に美味しいと感じるものもある。  最近弁当を作らなくなって久しいけど、自分で作ってた時は「カレーコロッケ」とか  好んで入れてたなあ。   ■EDIT

    レビュー関係のカテゴリが増えてきたので、今後「カテゴリのツリー化」を考えている。

    けど、それにあたって、まずは現行のカテゴリをもう少し見やすく並べ替えようと思って、管理者ページから並べ替えをやってみるんだけど、任意の位置に持っていくために矢印を1回クリックする度、いちいちページを読み込むからスゲー面倒くせえとか思った。

    ところが、この矢印を連打クリックしたところ「クリックした回数分だけ移動する」ということに気付いてびっくりした。

    これ、何気に気づいてない人多いと思うので、自分用メモも兼ねてここにシェア。 ■EDIT

    160503(月):この日の出来事 ■ブレインコミックスワンマンライブ 全国ツアー「すんません!調子のってますツアー2016」@ZEPP TOKYO■ ※時間表記は、自分のプライベート日記用に記載した、かなりざっくりとした表記につき正確性は皆無。 ・0730:起床。朝飯。AV見たりしながらダラダラ過ごす。 ・1000:前夜に録画しておいた「人生のパイセンTV」を見る。  ⇒23:00あたりからの鈴木奈々のブッコミについてのコメントがいちいち面白すぎるw ・1100:ついでにYouTubeに上がっていた過去のOAのものも見る。 ・1200:お昼飯。すき家のかつぶしオクラ牛丼大盛り+おんたま。 ・1300:シャワーを浴び、ZEPPに向けてダラダラと支度を始める。 ・1430:家を出る。山手線:大崎経由で東京テレポート駅へ。 ・1611:思っていたよりだいぶ早くついちゃう。  ⇒職場の人たちとの合流時間まで、まだだいぶある。 ・1620:肉フェス?オクフェス?肉とビールのお祭り。人多すぎ。  ⇒駅降りた時、最初全員ブッコミファンかと思って引いたw ・1630:職場の人たちと合流。バーミヤンにて時間を潰す。 ・1635:職場の人のうちの1人が、プロボクサーの土屋修平さんを連れてきた。  ⇒強そうなイケメン。てゆーか、髪型がかっこいい。オレも短くしようかな。 ・1740:みんなしてワラワラと出る。関係者入口から入る。  ⇒「ZEPP TOKYOのライブに関係者口から入る」って何気にすげくね?ちょっと憧れてた。 ・1745:ドリンク代別。MONSTERを¥500で購入。  ⇒しかし紙コップ。エナジードリンクはやっぱり缶で飲みたい。  

    【160503(月):ブレインコミックスワンマンライブ 全国ツアー「すんません!調子のってますツアー2016」@ZEPP TOKYO】の続きを読む ■EDIT

    このページのトップヘ