ABOUT ME

                 

LATEST ENTRIES

CATEGORIES

RECENT COMMENTS

LINKS

初期のB'zを久々に聞いてみた。

【PV】B'z『HOT FASHION -流行過多-』【FILM RISKY】

 

懐かしい。

 

このブログでは主に、国内の音楽だと、80年台後半からの第二次バンドブーム関連や、その頃のビートロック系のバンドやV系なんかを中心に扱ってきていて、J-POPど真ん中な感じのものは扱っていないんだけど、でも実はこの時代のB'zって結構好きだったりする。

 

この時代のB'zというのは、厳密に言うと、ギターの松本孝弘がYAMAHAのギターを使用していた頃で、レスポールを持ち始めて完全にロック志向になってからは全く興味がなくなった。

 

話を戻してこの頃のB'zなんだけど、ぼくが初期のB'zを好きだった理由としては「TM NETWORKっぽかったから」というのがあって、実際ギターの松本さんはその昔、TM NETWORKのサポートギタリストだったこともあり、初期のB'zのサウンドメイキングにおいて、小室哲哉の影響を強く受けている旨の発言もしている。

 

そんな中、この曲が収録されている彼らの4th ALBUM「RISKY」は、アラフォー・アラフィフ世代にとっては名盤と言われていて、90年代前半特有のミドルスクール感を彷彿とさせる「タイトなビートによるダンサブルなサウンドに、ディストーションの力強いギター」は、後のビーイング系の道標として大きな影響を与えているのが特徴。

 

でも実は僕がB'zで一番好きなのは「WICKED BEAT」というミニアルバムで、このアルバムは、これまでのB'zのシングルのうち何曲かを、全て英詞に変えリミックスしたアルバムで、高校生くらいの頃に死ぬほど聞きまくって、当時英語の意味なんかも全然わからないのに、そらで歌えるレベルにはなっていた。

 

思えばこのアルバムがキッカケで、英語の曲を歌うコツみたいなものを掴んだ気がする。

 

 

B'z I Wanna Dance Wicked Beat Style

 

【full】B'z『GIMME YOUR LOVE』

 

この曲と、冒頭の「HOT FASHION -流行過多-」なんて、当時のバブリーでトレンディーでアーバンな感じ(笑)が反映された歌詞に時代を感じる。この歌詞と、先述した「90年代前半特有のミドルスクール感を彷彿とさせる、タイトなビートによるダンサブルなサウンド」っていうのが、この時代のJ-POPの特徴だったようにも思う。

 

はっきり言って、今の時代感覚でいうとダサいし懐古主義は嫌いなんだけど、悲しいかな、懐かしさもそうなんだけどカラオケで歌って楽しい曲でもあることから、なんだかんだ結構好きなんだよなあ。こーゆー時、自分って歳とったなあと感じてしまう。

 

あ、でも、B'zの曲を何曲か聞いてて思ったのは、やはりGRANRODEOって少なからずB'zの影響を受けているような気がする。

 

 

 

スポンサードリンク

コメント
コメントする