ABOUT ME

                 

LATEST ENTRIES

CATEGORIES

RECENT COMMENTS

LINKS

hide - ever free

hide - ever free

(1998/05/27リリース)

 

 

20年前の今日リリースされたシングル。hide with spread beaver名義としては3作目。

 

で、リリース日を見て「あれ?」って思ったら、このシングルと前作「ピンクスパイダー」は、実は死没直後にリリースされたものだった。そうだったっけ?すっかり忘れていた。

 

※hide没:1998/05/03。因みに「ピンクスパイダー」のリリースは、1998/05/13。

 

改めてWikipediaで調べていたら、どうやら「ROCKET DIVE」と「ピンクスパイダー」と、この「ever free」は一応3部作ということらしい。でもって、生前にちゃんと「完成させた作品」としては、この曲が最後というか「遺作」ってことになるみたいですね。

 

※この後にリリースされる「HURRY GO ROUND」は、確かデモ音源を無理やり音源化したものだった気がする。

 

でもぼくはぶっちゃけ、この曲ってそこまで好きな曲ってわけではなくて、spread beaverのものだと、断然ピンクスパイダーのほうが好き。

 

この曲はなんというか、ROCKET DIVEほどの勢いだったり、ピンクスパイダーほどのROCK感もなく、言っちゃえばただの軽快な8ビートPOPって感じで。

 

更にいうと、同じ系統として「TELL ME」があるけど、あれほどのインパクトもなくて、正直地味な印象というか、尖った部分があまりないなあという感じで、別段強い印象や思い入れがない曲だった。

 

でも、hide TRIBUTE SPIRITSで、当時ぼくが好きだったバンドの「TRANSTIC NERVE」がこの曲をカバーしてて、そこまで大幅なアレンジをしていたわけではなかったけど、まあまあカッコよかったのを覚えてる。

 

具体的には、ギターソロ後のサビのところで唐突に半テン&ヴォーカルがオクターブダウンして、音もレトロモノラルな感じ切り替わって、その状態でサビが1サイクル回って、一瞬のブレイクの後、「っでたーらめーとー!」ってステレオに戻ってインテンポになるところとか、すげーカッコよかった。

 

なので、よくよく聞いてみると、一応普通にいい曲ではあるんですよね。メロとか全体的な雰囲気も、ものすごくhideらしいし。でも、地味なんだよなあw

 

でもその理由は、他の曲の癖が強すぎるからだということに気づいたw

 

 

※追記※

これを書き終わった後に「あ!」って思ったんだけど、この曲ってなんか「GLAY」っぽい気がしてきた。GLAYの何の曲とかじゃなくて、雰囲気そのものがGLAYっぽい。GLAYのシングルでありそうじゃない?

 

 

スポンサードリンク

コメント
コメントする