ABOUT ME

                 

LATEST ENTRIES

CATEGORIES

RECENT COMMENTS

LINKS

【お題】資格、なにか持ってますか?

■お題:資格、なにか持ってますか?

 

役に立たない資格なら、実は結構持っている。覚えているものについては下記のもの。

 

■検定試験もの

・全経簿記3級

・日商簿記3級

・日商ワープロ3級

・漢字検定3級

・電卓検定3級

・英検3級

 

■免許

・原付

 

ぱっと思い出せる範囲でこんなもん。4級とかも含めるともっといろいろあったかもしれないけど忘れた。何故ならこれらは全て(原付き以外は)10代の頃、高校生の頃に取ったものだからだ。

 

けど、いろいろ取得してはいるが、ほぼ全て3級止まり。履歴書に書けなくはないが「日商ワープロ3級」なんて最早化石。マジで何の役にも立たない。だってワープロだよ?ある意味ではレアスキルだけども。誰もワープロなんて使えねえっての。技術的にではなく、物理的に。

 

でも、実際面接官とかは、どの資格を持っててどれが戦力になりそうかってことを見ていると言うよりかは、「どれだけ幅のあるやつなのか」みたいなところを見てるらしいですね。

 

で、なんで10代の頃にこんなに取ったかと言うと、ぼくの通っていた高校が、いわゆる商業系の学校だったので、兎に角資格を取らせる学校だった。

 

で、それこそ「漢字検定3級」なんてクソ余裕で、高1で一発合格したけど、2球になってから難易度が跳ね上がって、かなり難しくなってきて、終ぞ卒業までに取ることは叶わなかった。

 

英検にしても同じで、高2くらいで3級取れたあと「準2級」に挑戦したけど惜しくも敗れた。それ以外の検定も全てそうで、基本どんな検定も2級から一気にハードルが上がる。

 

そんな中一番簡単なのは「電卓検定」で、これだけは唯一2級取れるかもと思ったけど、何を血迷ったか、高3の時、既に取得済みの3級にエントリーしてしまった。

 

もう、それまでにたくさんの検定試験を受験しすぎていて、何を何級まで持っていたのかというのを、自分で把握しきれなくなって、普通に間違えてエントリーしてしまったのだ。なのでぼくは、電卓検定3級を「2つ」持っているということになる。

 

※てゆーか、協会側も気付いてくれて教えてくれても良さそうなのになあ!
 

因みに電卓検定は確か「掛け算・割り算・見取り算・複合算」のほか、3級以上からは「伝票算」なんてのも加わっていた気がする。複合算はいわゆる「カッコつき数式」の計算を電卓でやるというもので、「M+」と「M-」ボタンを使う。

 

「M+」のボタンとかいつ使うんだよwとか思っていたけど、まさかカッコ付きの計算の時に使うだなんて、その時までは思いもしなかった。なので、これは割と実用的な上、頭を使う検定でもないので、ちょっと問題集を「練習」すれば誰でもすぐ取れる。

 

因みに全然関係ない話をすると、ぼくはこの電卓の授業中に、「111111と言う数字の2乗」を電卓で何気なく求めて、その回答を見て驚いたことがある。

 

※電卓での累乗の求め方

・「数字」「×」「=」を押す。

 ⇒「=」を1回押すと2乗。2回で3乗...となる。

 

で、この状態で「111111の2乗」を試してもらえればわかると思うが、答えは「12345654321」となる。つまり、この数字の並び中央の「6」を境に、数字がシンメトリーになっているのだ。

 

これを高校時代、授業中に発見して、1人ですごいテンション上がったことがある。その数年後、伊東家の食卓でこのネタが取り上げられていて、「自分と同じように発見した人がいるんだな」と1人でニヤリとしたのを覚えている。

 

てゆーか、資格の話関係なくなっちゃったよ!

 

 

スポンサードリンク

コメント
コメントする