ABOUT ME

                 

LATEST ENTRIES

CATEGORIES

RECENT COMMENTS

LINKS

ここがヘンだよ野球用語その2:「ボール」と「アウト」はどう考えても意味がおかしい気がする。

■前回

ここがヘンだよ野球用語その1:「ストライク」と「ヒット」は、どう考えても意味が真逆な気がする。

 

前回から随分と間が空いてしまいましたが、今回は「ボール」と「アウト」についてです。

 

 

●ストライクじゃなかった時の状態の「ボール」という名称と「アウト」と言う名称は意味がおかしいと思うの。

 

 

ピッチャーがボールを投げて、バッターがバットを振らず、かつストライクゾーンからはみ出した状態の際のカウントの名称を、何故か「ボール」っていうじゃないですか。これ、冷静に考えておかしくないですか。なによ「ボール」て。なんでそこだけ道具の名前なんだよと。

 

その理屈で言ったら、ヒットを打ったときの名称はヒットではなく「バット」と言ったほうがいいし、ストライクが入ったら「ミット!」って言ったほうがいいってことになる。うん。すごくわかりやすい。

 

そんなことよりもですよ。そもそもの話として、ストライクゾーンからハズレているわけですから、言うならば「OUT OF STRIKE ZONE」なわけじゃないですか。即ち「アウト」ですよ!なら、カウントの方のボールと言う名称は「アウト」という方が意味合いとしては的確なのでは、と思う。

 

で、現在、日本語におけるカタカナ英語で「アウト」というと「間に合わなかったさま」や「NGなさま」を言い表すのに使われているけど、これって、特に前者については、野球由来なのは明白じゃないですか。

 

つまり、元ネタである野球がそんな言い方をしていたがばっかりに、「アウト」という言葉の意味がそーゆー意味になっちゃったってことじゃないですか。なのに、野球だと「アウト」の対義語は「セーフ」になってる。本来的には英語だと「アウト」の対義語は「イン」であるはずなのに。

 

なので「アウト」は意味として正しくないので、何か新しく言い換えられる言葉はないかなと思って、考えてみたんだけど「DEAD(デッド)」ってどうだろうと思った。

 

いやいやそうすると「デッドボール」と被っとるがな!って話だと思うんだけど、いいんだよ!だって「デッドボール」もおかしな言葉なんだから、デッドボールの方を別の言葉で言い換えればいい。

 

※調べると「OUT」は「外」とか「出る」の他に、「ばれる・露見する」というような意味もあるらしいので、盗塁に失敗した時はそれでも間違いではないかなと言う気もするけど、統一性がなくなるので、やっぱり却下!

 

 

●デッドボール(死球)なのに進塁し、ホームに帰ると「生還」するという概念。

 

これは、以前千原ジュニアが「にけつッ!!」だか「ざっくりハイタッチ」の中で全く同じことを言及していたことなんだけれども、単純に「いやどっちやねん」って話じゃないですか。


だって、デッドボール食らって死んだはずのやつが、歩いて塁に進んでいるわけですよ。ゾンビじゃないですか。これって言うなれば、

 

 

こういうことじゃないですかヤダー><

 

それをなに調子に乗って「りーりーりー」とか言ってんだって話ですよ。ゾンビの分際で、なにあわよくば次の塁を盗もうとしているのかと。

 

で、もしその盗塁に失敗した場合「刺された」って言われるわけじゃないですか。死んでるのにまた刺されるわけですよ。もうこれ完全に怨恨の線が濃厚じゃないですか。

 

ピッチャーの投げた球を豪快にバックスクリーンまで運んだってんならいざ知らず、むしろ投げた球当てられてるんですよ?で、死んでるんですよ?

 

で、そのゾンビがホームに帰ると「生還」とか言っちゃうわけですよ。「生還」って生きている人間が、ちゃんと生きて帰ってくることを言うはずなのに、どっちだよって話じゃないですか。

 

とまあ、こんな感じで、野球用語は謎だらけってことで、この話の着地点が書いてて一向に見えてこないので、このへんでゲームセットにします。デッドボールの代わりの言葉?んなもん、思いつかねえよ!

 

 

 

※画像引用元:

 http://illustcut.com/?p=7034

 https://bokete.jp/odai/2898200

 

スポンサードリンク

コメント
コメントする