脳窓全開ブログ

どうでもいいことにムキになりながら無駄に熱く長く書きなぐる日記帳ウェブログ。毎日更新!

    ■Netflix版「聖闘士星矢」で“アンドロメダ星座の瞬”が女性化 ファンの批判に脚本家「全員男性には違和感」■
    2018年12月11日 11時20分 公開 - ねとらぼ

    Netflixで2019年夏配信予定の聖闘士星矢シリーズ最新作「聖闘士星矢: Knights of the Zodiac」で主要キャラクターの“アンドロメダ星座の瞬”の性別が女性に変更され、ファンに動揺が走っています。

    l_f181211_shun_1
    まさかの女性化


    ティーザー予告が公開されたのは12月8日。YouTubeに投稿された公式予告編には高評価が5427件、低評価が8210件寄せられており(12月11日10時50分現在)、まさに賛否両論といった様相。コメント欄では「たのむよNetflix……瞬は女じゃない」「なんてこった!」「原作へのリスペクトが感じられない」など、否定的な意見が目立ちます。

    ※続きはリンク先で※

    こういう大胆なアレンジに対する批判として「原作への愛やリスペクトが感じられない」とかいうやつマジで嫌いだし、何より「お前が一番わかってねーだろ」って話。

    二次創作や大胆なアレンジってのは原作へのリスペクトと深い愛があるからこそ生まれるんだっての。表面的に同じことなぞるだけなら素人でもできるわ。

    そもそも原作を忠実になぞるリメイクやカバーやトリビュートに何の意味があるんだよ。それがわからないやつって本当に頭が悪いというかリテラシーがないと言わざるをえない。

    まじで、原作厨に小一時間問い詰めたいんだけど、元ネタと同じことやらしてどーすんの?何の意味があるの?

    いや、「原作原理主義」が悪いとは言わないよ。でも結局それって言いかえれば「原作以外は認めん!」ってことでしょ?なら、原作だけ観てればいいだけの話なんだから、別の人が作ったカバーや二次創作にいちいちケチをつける必要なんて無いだろうが。

    別の人が作ってるんだから別のものになるのは当たり前の話だし、むしろそうじゃなきゃ別の人が作る意味がないだろっての。本家超えられるわけないんだから。

    要するに受け手側にクリエイティビティーやセンスがないんだよね。だから変化を受け入れることができない。

    第一、リスペクトに基づくリメイクやトリビュートやカバーや二次創作の本分は「壊すこと」にほかならない。

    つまり、リスペクトしていると言いながら、本家と全く同じことをやることは、逆に「本家の作者に対して失礼極まりない愚行」なわけだよ。だから、瞬を女性化するっていうのは、ぼくは非常に有意義なアレンジだと思っているし、むしろ原作への愛を感じる。

    なので、もしこの作品を批評するなら、「女性化するなら瞬よりもむしろ紫龍とか氷河だろ!」とか、「女性化したのはいいけど、せっかく改変した設定を活かしきれていない」とか、そういうものであるべきなんだよ。

    要は、「1個の作品として面白かったかどうか」であったり「改変した意図や意義を作品から汲み取り読み解いた上での批評」でなければ意味がない。

    けど、リメイクの意義や本質をまるで理解できていないから、件の意見については、残念ながら批評にすら達していない。だから、この脚本家はいちいちリプなんて返す必要はなかったわけだ。

    批評にすら達していない低レベルな意見になんて、聞く耳を持つ必要など無い。時間の無駄だ。

    ■EDIT


    モーニング娘。 - 恋愛レボリューション21(11th SINGLE)
    2000年12月13日リリース

    ●作詞作曲:つんく、アレンジ:ダンス☆マン
    ●中澤裕子ラストシングル
    ●20世紀最後のシングル

    ●参加メンバー
     1期:中澤裕子、飯田圭織、安倍なつみ
     2期:保田圭、矢口真里
     3期:後藤真希
     4期:石川梨華、吉澤ひとみ、辻希美、加護亜依





    18年前の今日リリース。

    まじか。18年まじか!いま、高3とか大学1年生くらいの子が生まれたばかりの頃ってことだよね。すげえな。

    このシリーズって主に20年以上前の物(90年台からそれ以前のもの)を扱うことが多いんだけど、それくらいのものって、やっぱり今よりも遠いし古いから「懐かしいなあ...(遠い目)」っていう感じで見れる。

    でも2000年代のものが入ってくると、急激に新しさを感じちゃって、途端に自分がおっさんになったことを痛感させられるwほんとつい最近の感覚だからさw

    で、この曲なんだけども、ホント好き。今でも好き。それに世間的にも恐らく娘人気がピークだった頃だと思う。

    初期の頃の、垢抜けない田舎の娘感はどこへやら、ダンスのスキルも格段にアップして、多人数での動きによる連帯感や結束や、メンバー間の信頼関係みたいなものがある程度固まっていたんじゃないかと思う。(ま、仲は良くなかっただろうけどw)でもとにかく全てにおいてクオリティは上がってる。

    ただ、PVは完全にTLCのパクリじゃないかと思っているんだがどうだろう。

    特に、ちょいちょい3人だけローアングルで撮るみたいなやつとか、すごくTLCの「no scrab」っぽいなと思って、改めてno scrabのPV見直してみたけど、思っていたほど似てはなかった。いや、でも衣装とか、基本ローアングルなところとかは一緒なので、絶対参考にはしているはず。

    でも、当時のゴマキと辻・加護の可愛さが異常。てゆーか全員かわいい。この当時が一番ハマっていた頃で、どれくらいハマっていたかと言うと、トレカを集める程度にはハマっていたw

    AKB48の初期メンバーなんかは、この当時のモーニング娘を観て育っていて、それこそモーニング娘になりたくてアイドルになったっていう子達だと思うから、彼女たちの残した功績ってすごく大きいと思う。

    【【×年前の今日】2000年12月13日:モーニング娘。 - 恋愛レボリューション21(11th SINGLE)】の続きを読む ■EDIT

    ●今回のニュース
    ・今年の流行語大賞は「そだねー」 尾畠さんは受賞者辞退 - 朝日新聞
    ・渋谷ハロウィーンで軽トラ横転、4人逮捕 器物損壊容疑 - 朝日新聞




    ■今年の流行語大賞は「そだねー」 尾畠さんは受賞者辞退■
    2018年12月3日17時02分 - 朝日新聞

     今年の世相を反映した言葉を選ぶ「2018ユーキャン新語・流行語大賞」(「現代用語の基礎知識」選)が3日、発表された。年間大賞には、平昌五輪で銅メダルを獲得したカーリング女子日本代表チームが試合中に話していた「そだねー」が選ばれた。

     トップ10には、サッカーW杯ロシア大会で日本代表の16強進出に貢献したFW大迫勇也選手を称賛する「(大迫)半端ないって」、日本ボクシング連盟の不祥事をめぐる「奈良判定」、テレビ朝日の人気ドラマ「おっさんずラブ」などが選ばれた。山口県周防大島町で行方不明だった2歳児を無事に保護し、全国各地の被災地で活躍する尾畠春夫さんに付けられた「スーパーボランティア」もトップ10に入ったが、受賞者辞退となった。

    ※続きはリンク先で※


    流行語大賞って、いつまでやんの?もうよくない?とっくに飽きてるんだけど。

    ぶっちゃけもう誰も大して気にも留めてないし、選ばれる単語に納得感はないし、これを継続する意義がわからんのだが。一体、誰が何のために続けているんだろうか。

    そもそも「流行ったものを決めるイベント」っていう発想が逆に時代遅れじゃない?ただただ寒いイベントでしかない。

    ボランティアの尾畠さんの「受賞を辞退」って当たり前だよねw本人からしてみたらバカにされているとすら思えるだろうし。

    というか、受賞を断られている時点でオワコンだってことに気づけよって話。おっと、「オワコン」は流石に死語だったかな?




    2018年12月5日11時31分 - 朝日新聞

     東京・渋谷でハロウィーンに集まった若者らが軽トラックを横転させた事件で、警視庁は関与した疑いがある17~37歳の男15人を特定し、このうち東京、神奈川、山梨各都県の20~27歳の会社員や美容師ら男4人を、暴力行為等処罰法違反(共同器物損壊)の疑いで5日逮捕し、発表した。他の男らも同容疑で書類送検する方針。

    ※続きはリンク先で※


    ハロウィンって要するに「荒れる成人式」と同じだろ。

    だからハロウィンの盛り上がりなんていちいち報道なんかしなくていいんだよ。逮捕報道だけ報道してりゃいいと思うよ。

    いや、でもそれすらも要らないか。どうせ承認欲求厨のバカガキどもには、それさえも餌になってしまうだろうからなあ。
    ■EDIT



    LUNA SEA - A WILL(8th ALBUM)
    2013年12月11日リリース

    ●SINGLE
    ・The End of the Dream / Rouge(16th):2012/12/12リリース
    ・Thoughts(17th):2013/08/28リリース
    ・乱(18th):2013年11月13日

    ●MEMO
    ・リブート後初のフルアルバム




    5年前の今日リリース。

    つい最近のイメージだったけど、実は5年も経ってたんですね。まあ、ぼくの場合、過去にも書いたことがあると思うけど、あまりにもLUNA SEAというバンドが好きすぎたために、当初「REBOOT(再結成)」という事実を受け入れることがどうしてもできなかったわけです。

    そのせいで、このアルバムに触れるまでに時間がかかってしまっていたので、アルバムをフルで聞いた最初って恐らく昨年くらいだったと思う。

    何かの時にも同じことを書いたと思うんだけど、やはり、非常に完成度は高いと思うし、サウンドもビルドアップはされているけど、予想通りの安定感と言うか、「まあそうだろうな」というのが、このアルバムを聞いたときの最初の感想になるだろうと思っていた。ちゃんと聞き終わるまでは。

    でも、実際はそれだけでは終わらなかった。

    M2. ROUGEは、何の疑いもなくベースのJによる原曲だと思っていたのに、実はまさかのSUGIZOで驚いた。で、その次の曲M3. The End of the DreamのほうがSUGIZOだと思っていたんだけど、逆だった。

    だって、ROUGEってイントロとかAメロのアプローチが、4th ALBUM「STYLE」に収録されているJ原曲の「G.」にすごく似てるんだもん!

    でもROUGEってのメロをよくよく聞いてみると確かにSUGIZOだということに気づく。なんでも、SUGIZO原曲ではあるけど、リズムとかビートについてのアレンジはJがおこなったらしい。なるほどね。

    で、M5. GLOWINGについては、これはもう完全にJなのは言うまでもないですね。これは流石に他のメンバーでは書けない曲だし、もっと言うと、これまでのLUNA SEAにもなかった曲。

    イメージとしては、Jのソロ4th ALBUM「RED ROOM」に収録されているM5. Death Valleyに非常に近い気がする。なんと言うか、砂漠の中を乾いた風を身に纏いながら、ひたすら北へ北へと進んでいくみたいなイメージ。

    「LUNA SEAというバンドでこういう曲が聞ける日が来たか…」という感慨があり、この曲を聞けただけでも、このアルバムを聞いた価値があると思った。

    そして何より、このアルバムの中で一番衝撃的だったのが、SUGIZO原曲のM8. Metamorphosisだ。

    曲のビート的には、6th ALBUM「SHINE」に収録されているJ原曲のM6. Unlikelihoodに非常に近いが、イントロのギターのカッティング具合とスピード感は完全にSUGIZO節炸裂という感じ。

    同じアルバムに収録されているM8. MILLENNIUMの面影も見いだせたが、この曲はどちらかと言うと、SUGIZOのソロデビューシングルである「LUCIFER」のようなソロ曲に近い気もした。

    ここまでスピード感のある曲も非常に珍しいところではあるが、何より驚いたのは、Ds. 真矢がツーバスを全開で踏んでいる箇所があることだ。

    これまでのLUNA SEAの全楽曲の中で、曲中で2バスを全開でブン回している曲って、おそらくインディーズ時代のアルバム「LUNA SEA」に収録されているM1. FATEで、言うてそれもラストの方でちょっとドコドコさせてるだけだった。

    しかし、この「Metamorphosis」については、完全にスラッシュメタル的なアプローチで、歳をとって円熟感が増したから演奏に安定感が出てきたなあなどと油断していたところへ、かなり攻撃的なアプローチで刺しに来ていて、完全にやられてしまった。

    やっぱりこのバンドは一筋縄ではいかない。

    【【×年前の今日】2013年12月11日:LUNA SEA - A WILL(8th ALBUM)】の続きを読む ■EDIT


    なんか、いよいよブログネタに 困ってきたので、備忘録も兼ねたMEMO。それに一応、知らない人もいるかも知れないので。

    【Twitterの「生年月日」の設定を「今日」にしたら速攻ロックされた。】の続きを読む ■EDIT


    BLICK+BLACKバナー コーチジャケット
    ※画像クリックで商品詳細ページに飛びます※

    ¥6000 ⇒ ¥5000(税抜き)

    ※2018年12月13日(木) 18:00 までのセールです。

    また、コーチジャケットにかかわらず、お買上げ金額¥5000以上で送料無料!
    この機会に是非!



    これまでにこのブログで、かる~く触れてきてはいたんだけど、実はSUZURIでショップページを持っていて、この度、SUZURIで初めてとなるアウターが登場しましたよ、というお話です。

    しかも待望の「バックプリントもの」ってことで、ひとまず大急ぎでブランドロゴのものだけ作ってみました。

    因みに、フロントにも、左胸のところにワンポイントが入れられるようになってます。

    1544282455-787x787.png

    こんな感じ。

    バックプリントのバナータイプのロゴと、あえて異なるパターンのロゴにした。今度コレの逆バージョン(バックとフロントのロゴ画像を入れ替えたもの)も作ろうと思う。あと、別のデザインのものもUPしようと思う。

    しかし、SUZURIにアウターが登場したのはいいけど、流石にナイロンのコーチジャケットじゃもう寒い季節だと思うんだよねえ。もうちょい早くリリースしてほしかったなあ。

    因みにぼくのブランドである「BLICK+BLACK」のSUZURIとは別のショップページを、ライブドアブログで作っている最中なので、出来上がったらサイドバーにリンクでも貼ります。

    っていうようなことは以前も言っていたんだけど、まだ完成していない状況です。ブログ自体は用意はできているんだけど、商品の記事が全く出揃っていない。

    まあ、商品記事なんか後からいくらでも追い上げできるだろうから、ひとまず公開しちまうか。

    ■EDIT



    NEFFEX [ Album Mix ] Best Of Neffex I 作業用BGM NEFFEX TOP 20まとめ


    このブログで書くべきかどうか非常に迷ったんだけど、でも以前、「NEFFEXの楽曲をまとめて、作業用BGM動画を作りたい」って書いたことがある気がするので、思い切って書いちゃうと、今回ようやく、その「NEFFEXまとめ動画」を作成したよって話。

    ※関連過去ログ
     【今日のBGM:048】フリー音源のEDM系BGM

    いやしかし、まさか自分で作った動画をブログで取り上げる日が来るとは思わなかった。

    ぶっちゃけ、NEFFEXのTOP20みたいなまとめ方をしている動画って海外でも結構あるんだけど、日本人でやっている人はいないなと思ったので、思っきし便乗だけどやってみた。

    因みに「TOP20」とは、彼らのチャンネルで「再生回数の多い順」に並べた順番となってます。なので、正直言うと、ぼくが普段聞かない曲や、あまり好きじゃない曲も入っていたり、逆に「なんでこの曲ないんだろう」っていうものも結構ある。

    だが、所謂「マイベスト」的な楽曲たちについては、この次の次の動画でやろうと思う。

    で、楽曲について何だけど、M1. RUMORSについては何故かやたらと再生回数が多いのだけど、ぼくはぶっちゃけそこまで好きではない。

    もちろんいい曲だし、かっこいいし、プレイリストには必ず入りはするのだけど、ちょっとロック色が強すぎて、RAP色があまり強くないってところが若干マイナス。ぼくはこっちよりもM2. FIGHT BACKや、M4. FAILUREのような早口ラップがやっぱり好きだ。

    とりあえず、作業用BGMには非常に適していると思うので、是非聞いてみて欲しい。そしてチャンネル登録をしてくれると嬉しい。

    しかし、このチャンネル開設のために作ったサテライトのTwitterアカウントで、生年月日の項目を、チャンネル開設日である昨日の日付(2018/12/07)で登録したらロックされてしまった。。。

    Twitterの規約だと、13歳未満はTwitterに登録できないからということで、機械的に判断されて速攻ロックですよ。一応後から身分証の画像を送信したけど、それだけだと本人性の確認ってことにはならないと思うんだけど、どうなんだろか。

    まあこの辺りについては、進捗があり次第、別記事にてまとめたいと思います。

    ■EDIT


    氷室京介 - KISS ME(9th SINGLE)
    1992年12月7日リリース

    ・C/W:YOU'RE THE RIGHT
    ・作詞:松井五郎 / 作曲:氷室京介 / 編曲:西平彰。
    ・4thアルバム『Memories Of Blue』の先行シングル。
    ・自身初にして唯一のミリオンセラー。




    26年前の今日リリース。

    なんていうか、この曲は全てがかっこいいとしか言えない。曲もジャケットもPVも全部かっこいい。見てくださいよこのジャケット。氷室とバイクですよ。背景赤ですよ。死ぬほどかっこよくないですか。

    なんていうか、個人的には「氷室京介」というイメージやブランドって、このシングルによって完成されたと言っても過言ではない気がする。

    それ以前からも、積極的に「脱BOØWY」を図って、あれこれやっていたとは思うんだけど、その音楽的・ビジュアル的アプローチがあまりにもおしゃれすぎるというか洗練されすぎちゃってて、それが何処か「氷室っぽくない」という感じもしていて。

    まあ、もちろんそれが「勝手なイメージ」であることは百も承知なんだけれども。

    でも、ここに来ていわゆる「待ってました感」というか、正に「こーゆーのを見たかった・聞きたかった」というところにハマったのではないかと思う。これ、同じことを後の17枚目のシングルである「SLEEPLESS NIGHT~眠れない夜のために~」でも思うのだけど。

    ※関連過去ログ
     【×年前の今日】氷室京介 - SLEEPLESS NIGHT~眠れない夜のために~(17th SINGLE)
     
    要するに、このSLEEPLESS~のときにも書いたけど、氷室の最大の魅力って「V系寄りな中2感のあるナルシズム」だと思うんですよね。で、それってこのPVでの動きにそれが現れている気がする。


    【【×年前の今日】1992年12月7日:氷室京介 - KISS ME(9th SINGLE)】の続きを読む ■EDIT

    ■山手線新駅名『高輪ゲートウェイ』決定→ネットで山手線全駅のネタ名称が大反響「新橋サラリーマンサンクチュアリで吹きました」■
    2018.12.06 16:00 - ガジェット通信

    先日、JR東日本より発表された山手線の新駅名『高輪ゲートウェイ』。

    そのカタカナ混じりの独特な名称に賛否両論の様々な声があがっていますが、そんな中、はやくも『Twitter』で山手線全駅のネタ駅名が投稿され話題となっています。
     


    ※続きはリンク先で※



    これは面白いw

    結局こうやって全体的にバランスが取れれば、「高輪ゲートウェイ」にもさして違和感はないんだよなあ。

    にしても、「池袋ウエストゲートパーク」と「恵比寿ガーデンプレイス」がそのまんますぎて逆に吹いたw

    で、最もかっこよくなければならないはずの渋谷と原宿が「渋谷ヤングシティ」と「原宿ファッションタウン」で更に吹いた。ババアが考えそうな名前w

    「原宿ファッションタウン」とか、すげー地方の商店街で老夫婦が経営している洋品店の名前みたいなレトロ感すら感じるw

    あと、地味にツボったのが「田端ナッシング」と「田町ニューデイズ」ねw

    ナッシングて何かしらはあるだろうし、ニューデイズもある意味ナッシングよりひどいwニューデイズどこにでもあるし、それこそ田端にもニューデイズあるじゃんって話w

    あと、ぼくがよく行く五反田も「五反田セクシャルプレイス」と、なかなかなセンスw確かにラブホ多いけどもよw

    あと、思ったんだけど、「漢字+カタカナ」って組み合わせって、単純に昔の椎名林檎とか初期の頃のONE OK ROCK感あるよね。「無罪モラトリアム」とか「残響リファレンス」とか「田町ニューデイズ」とか。

    これ、是非他の路線のもみたいなあ。



    ■EDIT

    ■会費「1人6千円」に絶句… 飲み会で表面化する収入格差 ■
    2018年12月02日 16:02  AERA dot.

     一口に仲間と言うけれど、正社員と非正規が一緒に働く時代。飲み会は、現代の職場が抱えるゆがみが表面化する場でもある。

     9月のある日。都内の事務管理会社で事務職として働く契約社員の女性(41)の席に、正社員がやってきて言った。

    「来月、送別会があるんだけど」

     親会社から一時期出向してきていた人が定年退職を迎えるという。

     女性が「会費はいくらですか」と聞くと、正社員は「1人6千円で」と軽く言い放った。

     女性は絶句。仕事中だった周囲の契約社員たちの腰もふっと浮きあがった。




    いや、なんぼなんでも¥6000は高すぎだろ。どんな高級料亭行くつもりだよ。で、それを当たり前のように要求してくるとか頭沸いてんのか。

    ぼくなんてお酒飲めないから¥3000でも高いと感じるのに。だからもう会社の飲み会には一切参加しないことにした。あんなもの時間とお金の無駄でしかない。

    あと、歓迎会や送別会すらいるか?って思えてならない。

    送別会はまだしも、入社して間もない歓迎会とか、迎え入れられる側にとってはある意味プレッシャーだし、主催側にとっては「この歓迎会を通じて交流を深めていく」ってい意図なんだろうけど、歓迎される側からしてみたら逆だからね?

    仕事を通じて、ランチとかある程度の軽い交流を深めてからやってくださいよって話だからね?いや、まあもちろん「ぼくの場合は」って話なんだけど、同じように思っている人、絶対いると思うんだよなあ。

    送別会にしてもそう。ぼくだったらやってほしくない。ひっそりといなくなりたいし、誰かがやめるっていう場合でも、別に大人数で一席設けてほしいとは思わない。仲が良かった人が辞めるなら、その人とサシで飯行きたいわ。

    なんでその人との最後の晩餐を、普段からしょっちゅう絡んでる連中と一緒に飲み食いして終わらないといけないわけ?ってなりません?送別会で最後にいい思い出作れたためしがないんだが。

    いやまあもちろん、参加したらしたで、その時は楽しいんですよ。めっちゃ楽しいんですよ。なんやかんや言うてもね。

    でも冷静に考えて、こんな大人数でお金かけてまで、終電気にしながら飲み食いする必要あるかなあって思うと、いや要らんなあってなるわけですよ。

    要するに日本人って、お花見にしてもそうなんだけど、何かにつけて理由つけて飲み会やりがちなんだよね。

    そういう意味の無さや、集団の中に埋没したがる心理が、ハロウィンでウェーイしているガキとどこか被るっていう心理的嫌悪感を禁じ得ないのかなって気がしてきた。

    なので、ぼくは今後も飲み会の類には極力参加しません。しても一次会の途中で抜けるとかそんな感じでしょうね。

    因みに、そんな意味のない飲み会に参加させられることを強要させられることはもちろん、不参加を表明しただけで文句を言われるような職場は間違いなくブラックなので、さっさと辞表を叩きつけたほうがいいですよ。

    そんな会社がいい会社な訳がないからね。

    ■EDIT

    このページのトップヘ