ABOUT ME

                 

LATEST ENTRIES

CATEGORIES

RECENT COMMENTS

LINKS

【ネパールカレー】ネパリコ@渋谷

■ネパリコ渋谷店

 

●特徴

・ネパールのカレーだからか、ナンは出さない。

・ダルスープ(豆のスープ)おかわりフリー。

・ランチタイム、ライス大盛り無料。

・ディナータイム、ライスおかわり無料。

 

●いつもオーダーするもの

・ランチAセットライス大盛り(ドリンク:ホットチャイ)⇒ダルスープ2回

 


 

昨日分のエントリにて言及したので、忘れないうちに書いておく。てゆーか、正に今日のランチここ!

 

※参照過去ログ: 【お題】ランチタイム!「外食派 or コンビニ派 or お弁当派」どれ?

 

そこでも書いたのだけど、最早職場でのランチにおいて「困った時のネパリコ」というほど、利用頻度の高いお店なので、マジで何回行ったかわかんない。そして平日のランチタイムに行くと、大抵うちの会社の人が誰かしらはいる。

 

ひとまず「行ったこと無いので行ってみたい」と言う人向けに書くなら、初回であればまずは「Aセット」を頼みましょう。ぼくも会社の人にそう教わりました。

 

因みに、ランチタイムで男性ならご飯大盛りにした方がいい。並だと少々物足りない。女性なら並か少なめでも良いと思う。

 

 

ランチのAセットは、通称「ダルバートノンベジ」といって、「ダルスープ」は「豆スープ」、「バート」は「ライス」のことらしく、ノンベジは「ノン・ベジタリアン」のことらしい。

 

要するに「肉使ってますよ」って意味なんだと思う。(なんでも、インドとかネパール方面は日本以上に「ベジタリアンか、そうでないのか」ということについて、結構シビアでらしい)

 

これを書くために色々改めて調べなおしたりしていたんだけど、要するにこれって、日本で言う「ザ・定食」と言う位置づけのもので、ネパールのごくごく一般的な家庭料理らしい。(ご飯・味噌汁・漬物・おかず的なね)で、このプレートにミニサラダとドリンクがつく。

 

タルカリはマサラ的なもので味付けされたじゃがいもとか野菜が入っていて、なんて言えばいいんだろう、肉じゃが風な煮物とでも言えばいいのだろうか、そんな感じのほっこり系なおかずで、アツァールは酸味と辛味の効いた、一応「漬物」ということらしい。

 

とは言え漬物といっても、ご覧の通りソース状になっているので、いわゆる日本的なコリコリした食感のそれではない。そして、ライスが残念なことにインディカ米ではなく、普通の日本のお米だった。残念。

 

で、初めての人の場合、お店の人が食べ方を教えてくれるんだけど、まあ、食べ方も何も「もうそんなもん好きなようにかっ食らえ!」ってなもんではあるんだけど、ひとまず普通にチキンカレーを食べてみたりしつつ、タルカリやダルスープなんかもご飯に垂らして混ぜてみて、途中からアツァールも何もかもまぜまぜして食べる、というのが正しい食べ方。

 

で、このお店は自分も含めリピーターが非常に多いのだけど、その秘密がこの「ダルスープ」にあると個人的には思っている。このスープが非常に病みつきになる。

 

Aセットにはダルがデフォでついてくるけど、それ以外のセットにはつかないため、別途オーダーする必要がある。(¥150。別オーダーの場合でもダルスープはおかわりフリー)で、これも、最初は普通にいただいて、途中から塩をかけると非常にうまい。

 

渋谷でランチする人でまだ行ったことのない人には、是非おすすめです。

 

※画像引用元: https://tabelog.com/tokyo/A1303/A130301/13116418/

 

スポンサードリンク

コメント
コメントする