脳窓全開ブログ

どうでもいいことにムキになりながら無駄に熱く長く書きなぐる日記帳ウェブログ。毎日更新!

    71zmFDSBlaL._SL1084_

    ケツメイシ - さくら(11th SINGLE)
    2005年2月16日リリース

    14年前の昨日リリース。

    これは逆に、まだ14年だったんだという感じ。ぼくはてっきり、2002年~2003年頃だと思ってた。

    にしても、ぼくはJ-POPにおける所謂「桜ソング」というものが死ぬほど嫌い(そういうトレンドが嫌いという意味)なんだけど、この曲だけは別。これは非常にいい曲だと思う。すごく良いメロディ。

    でも、J-POPのあるある話としてよく、「カノン進行を用いた楽曲は売れるが、一発屋で終わる」みたいな話ってあるじゃないですか。あれと同じ様に、「桜ソングも売れるが、一発屋で終わる」っていうのもあると思うんですよね。

    そういう意味では、ケツメイシってまさにそれじゃないですか。その後も「そこそこ売れた曲」は出してるのかもしれないけど、安定的な人気を誇ったかと言うとそうではないじゃないですか。

    それどころか、この曲以降のケツメイシって、似たような曲しか出してないという印象さえある。これ、本人たちって言うより、レコード会社の意向なんだろうなあ。かわいそうに。

    ※もし本人たちの意向でやってるとしたら、それは単に「センスがなかった」というだけのことでしょうから、消えるべくして消えたとも言えますけどね。

    あと、桜ソングってことで言うと「森山直太朗」なんかもそうですけど、あれも、後に「森山良子の息子」であるとか、森山直太朗自身のキャラクター自体はTV番組とかで受けたりはしてますけど、彼の「さくら」以外の楽曲って知られてないですよね?

    彼ら以外の他の桜ソングのヒット曲って、元々売れている人は別として、それキッカケで知名度を上げて、その後も売れ続けた人って、ほとんどいないよなあと思うわけです。河口恭吾とかw

    まさに「桜」のように一瞬で咲き乱れ、風とともに舞い散ってますね。
    【【×年前の今日】2005年2月16日:ケツメイシ - さくら(11th SINGLE)】の続きを読む ■EDIT

    81kabdbfMlL._SS500_

    宇多田ヒカル - Can You Keep A Secret?(7th SINGLE)
    2001年2月16日リリース

    ・C/W:蹴っ飛ばせ!

    18年前の今日リリース。

    これ18年も前なのか。すげーな。でもぼくは、実はこの曲自体は大して好きではないんだけど、これのカップリング曲である「蹴っ飛ばせ!」がすごく好きで。

    「蹴っ飛ばせ!」も、もちろん宇多田ヒカル本人の作詞・作曲ではあるんだけど、アレンジが「西平彰」というキーボーディストの方なんですよね。

    で、この方は、氷室京介がソロデビューしたばかりの頃、サポートミュージシャンをされていたり、90年代後半頃のV系バンドブームの頃には、黒夢・PENICILLIN・ラルク・ROUAGEなんかとも関わっていたりもしてて、結構好きなアレンジャーさんですね。

    「蹴っ飛ばせ!」に関しては、過去に「Travelling」を取り上げた際にも少しだけ触れているんだけど、完全に「ロック」なんですよ。8ビートのロック。

    表題曲の「Can You Keep A Secret?」は「J-POP R&B」で、一応それまでの時点で「宇多田ヒカル=J-POP R&Bシンガー」っていうイメージが付いていたと思うんだけど、ここに来て割とストレートなロックを持ってきたので、当時結構衝撃的だったのを覚えている。

    普通にイントロのギターフレーズでピッキングハーモニクスとかの音まで出てくるから、まじかよって思った。あと、何気に宇多田ヒカルのハスキーな声とロックって親和性があるなとも思った。

    というより、R&B系の女性ヴォーカリストってロックが似合う人多いと思う。安室奈美恵とか倖田來未とかBoAとか。

    【【×年前の今日】2001年2月16日:宇多田ヒカル - Can You Keep A Secret?(7th SINGLE)】の続きを読む ■EDIT

    50237886_303502277185711_4600382935403904281_n

    STAR STAR - 食べログ

    ●オーダーしたもの
    ・ワンコインランチ:スタスタ丼@¥500

    ●備考
    ・店内のオーナーがストーンズ好きなのか、ストーンズのポスターが何枚か貼られてた。


    まあまあ旨かった。が、量少ねえ!

    画像だとアップなので分かりづらいですが、器の大きさの割にご飯の量が、まあ少ねえ少ねえ。まあ、旨かったけども。にしても少ねえ。でもまあ「¥500」なんで文句は言えませんね。

    内容的には所謂「豚丼」なんですが、つゆは一切ないです。更には「伝説のすた丼屋」みたいな味付けでもないし、そもそも肉が柔らかくないです。

    なので、あーゆーのを少しでも期待していると、「何だこりゃ」ってなると思います。でもぼくみたいに「パサパサの豚丼・牛丼」が好きな人なら美味しくいただけると思います。あと、レタスとの相性は結構いいと思います。

    ぼくみたいに減量中の方や、ご飯ものを食べたいけど軽めに済ませたいという方にはおすすめです。

    まあ、そもそもが「ストーンズ好きな人が経営している音楽バー」なので、ガッツリ系を求めること自体が野暮ってもんですね。

    あと、¥500ランチ以外にはセットメニューで「チャーシュー丼、ローストビーフ丼」のほか「牛スジカレー」なんかもあるので、今度はそのへんに挑戦してみようかなとは思います。

    ごちそうさまでした。

    ■EDIT

    51757362_363401237829193_2442376549320005980_n
    桜丘カフェ@渋谷 - 食べログ

    ●注文したもの
    ・1日15食限定・チキン南蛮タルタルソースがけ(ライス or バゲット)
     ⇒ライスでオーダー。
     ⇒ドリンクはホットコーヒー。

    旨かった。

    ライス

    前回の渋谷キーマカレーの時とは、トッピングが微妙に異なり、こちらはドライパセリにごまが振ってある。量も、減量中には優しい量。

    故に男性のランチとしては少々物足りないかもしれないが、減量生活している立場で言わせていただくなら、入念に咀嚼すれば、この程度の量でも全然腹は膨れるよ、ってことを言いたい。

    てゆーかそもそも「カフェ飯」なので、これで十分でしょう。

    サラダ

    サラダは相変わらず旨い。なので、特に言うことなし。

    チキン南蛮

    チキンは、皮のパリパリ具合と肉の柔らかさが非常にいい感じだった。あと、減量にチキンって結構相性合うと思う。咀嚼回数がいやでも増えるので。

    まとめ

    2回目のお店だし、特に珍しいメニューでもないので、今回はかなりあっさりレビュー。

    「1日15食限定」ってことで、13時過ぎに行ったもんだからダメ元で聞いてみたら普通に残ってたので、そこまで人気メニューじゃないのかもしれない。

    まあ、この文字数の少なさを見てもらえればわかるように、「普通に旨い」ってだけで、特にこれといった特徴もなく、可もなく不可もない感じでした。

    次は、ココナツミルクのカレーあたりに挑戦してみようかな、と思います。ごちそうさまでした。
    ■EDIT

    original

    桜丘カフェ@渋谷 - 食べログ(画像撮り忘れのためお借りしてます)

    ●注文したもの
    ・渋谷キーマカレー(ランチセット)@¥1000
     ⇒ドリンクはRED BULL

    旨かった。

    ただ、このお店行ったの実は結構前(2018年の12月頃?)とかで、先日2回目訪れた時に「そういや前回来た時の写真もレビューも何もかも忘れた!」ということを思い出し、今慌てて書いている次第です。

    なので、味とか正直、うろ覚えもいいとこ。でもこの画像で少しは思い出せたと思うので、「覚えている範囲でふわっと」書きたいと思います。

    【【カフェ飯:カレー】桜丘カフェ@渋谷(その1)】の続きを読む ■EDIT

    51tDdJYYhCL._SL500_
    THE 虎舞竜 - ロード 〜第四章(おそらく10th SINGLE)
    1997年2月12日リリース

    22年前の今日リリース。

    「虎舞竜のロード」っていうと、「第13章まであるらしい」ということは皆知っていても、ぼくをはじめ多くの人はまず「第一章」を思い浮かべると思うし、実際「第一章しか知らない」っていう人が大半だと思う。

    ※改めて調べてみたら、2017年に「第14章」をリリースしていた!

    なもんだから、ぼくはてっきりロードの他の章については各アルバムに収録されているか、もしくは「ロードだけのアルバム」みたいなものがあって、そこでしか聞けないみたいなイメージを勝手に持っていたんだけど、まさかのシングル。いつの間に出してたんだよw全然知らなかったわ。

    で、他の章については殆ど聞いたことがなかったから、てっきり第一章のメロディはそのままに曲調と歌詞を変えたものなのかと思いきや、まさかの完全別曲で驚いた。こっちのほうがいい曲じゃないか?w

    どうも調べてみると、ロードは「第一章、第二章、第七章、第十三章はサビ部分の歌詞が共通している(曲のキー自体は異なる)」とのこと。

    更には「『ロード』は13章で1つの曲」であるが全体が1時間を超えるため、当時J-POPのシングルで主流だった8cmCDの1枚に収録しきれないということで分割した、とのことだ。(~Wikipedia より)すげースペクタクルじゃんw

    この第四章が思いの外いい曲だったので、これを気に、拾えるやつ全部拾って聞いてみようかな。

    ↑ま、こんなこと書きながら次の日には忘れてるんだろうけどw

    【【×年前の今日】1997年2月12日:THE 虎舞竜 - ロード 〜第四章】の続きを読む ■EDIT


    edIT - Certified Air Raid Material (Full Album)

    ものすごく久々に「edIT」を聞いたらいい感じに捗った。

    この「edIT」については約3年ほど前に「気になる音楽」として一度だけ取り上げたことがあって、正直そっちのほうが好みだったりするんだけど、これもこれで非常にいい。

    ※関連過去ログ

    実質的1曲目は「Battling Go-Go Yubari In Downtown L.A.」というタイトルで、タランティーノ監督の映画「キル・ビル」の登場人物「ゴーゴー夕張」をモチーフにした曲ですね。

    なので、要所要所に彼女のセリフが出てきます。ま、ぼくはキル・ビル見たことないんでよくわかんないんですけどねw

    因みに、この「ゴーゴー夕張」という役は、当初「柴咲コウ」さんのところにオファーがいっていたそうなんですが、役柄的にあまりに過激すぎるからと断られたみたいですね。

    で、それじゃあということで、深作欣二監督の「バトル・ロワイヤル」に出演されていた「栗山千明」さんのところにお鉢が回ってきたそうですね。

    因みにこれ、有名な話なのかもしれないですけど、如何せんぼくはどっちの映画も見てないもんですから、さっき知りました。

    で、大分楽曲から脱線しましたけど、この楽曲のジャンル的にはどうやら「Glitch Hop(グリッチ・ホップ)」というものらしいです。要は、HIP HOPの亜種ということですね。

    まあ、ビート感とかグルーヴ感は確かにHIP HOP的ではありますけど、こっちは、HIP HOPのグラフィティーアート感はなくて、同じ「絵」に例えるなら、アンディ・ウォーホール的なコラージュ感を感じる気がする。と個人的には思ってます。

    とは言え、41:53の「M11. Crunk De Gaulle (feat. TTC, Busdriver and D-Styles)  」については、フランス人ラッパーを入れた、割とまともなHIP HOPで、このアルバムの中でも一番好きな曲だったりします。

    「フランス語のRAP」って聞き慣れないと変な感じするかもしれないし、そもそもHIP HOPのイメージがあんまりないと思うんですけど、実はフランスって日本なんかより全然HIP HOPが盛んな国らしいですよ。(あと、韓国とかインドなんかも)

    とりあえず、このアルバムについては、少々頭を使うような作業の時でも使えるような汎用性がありますね。

    ■EDIT

    ペヤング ギョウザじゃんやきそば 115g×18個
    まるか商事
    2019-02-04


    めっちゃ旨かった。

    だが、数々のペヤングフレーバーを体験してはこのブログに書いてきている、いわばペヤングマイスターなぼくからしてみたら、食べなくても大体の味は想像はついていた。これはその答え合わせのようなもの。

    で、食べる前の印象として、味的には2018年3月に食べた「豚骨醤油」に近いんだろうなと思っていたら、案の定だった。

    ※関連過去ログ
     【コンビニ:焼きそば】ペヤング豚骨醤油

    「ギョウザ」と言いつつ、そこまでにんにく臭さもなければ脂もしつこくなく、非常にちょうどいい感じ。ただ、それだけに「どのあたりがギョウザなんだろう感」は否めない。

    もう何なら、餃子とか関係なく、「ただ普通に旨いだけのカップ焼きそば」ってだけだった。

    また、カロリー的には500kcalを切っていたので、減量中でも申し分ない。(とは言え、1日トータルでの脂質量は増えてしまうけど)

    因みにカロリーとPFCバランスは下記の通り。

    ・カロリー:529kcal
    ・タンパク質:9.4g
    ・脂質:26.6g
    ・炭水化物:62.9g
    ・食塩3.6g

    まあ、普通に旨いのは旨いので、減量中じゃなかったらリピートしてただろう。


    ■EDIT




    めっちゃ面白かった。

    ぼくは近隣業種である「コンビニ」に18年くらいどっぷり浸かっていたので、いろいろなことがわかりすぎてしまい、感情移入しながら読んでしまったので、ページ数的にもめちゃくちゃ多いわけではないし、内容も非常に面白いのに、読み終わるのに3日くらいかかってしまった。


    【成城石井はなぜ安くないのに選ばれるのか? - 上阪徹】の続きを読む ■EDIT

    41Hn6OIahdL

    LINDBERG - 今すぐKiss Me(2nd SINGLE)
    1990年2月7日リリース

    29年前の昨日リリース。

    おそらくこの頃って、所謂「第二次バンドブーム」が少し落ち着いてきたと言うか、終わりに差し掛かってきた頃だと思う。

    ジャンル的には「PRINCESS PRINCESS」、バンド形態的には「女性ヴォーカル+男性バンド」という点で「PERSONZ」と被ってたりで、時代の流れ的に言うと、完全に二番煎じ感が強いとさえ言える。

    でもブームが完全に終わっていたわけではなく、同系統のバンドなんか当時星の数ほどいたんだろうけど、それこそこの系統については「PRINCESS PRINCESS」の独壇場だったので、当時のLINDBERGは「その他大勢」の中の一つに過ぎなかったと思う。

    ※実際、この曲は2nd SINGLEだが、アルバムは既に2枚リリースしていて、その2枚はセールス的には全く大したことはなかった。

    だが、音楽マーケット的に不利な状況であったものの、「時代」が彼女たちの後押しをしたとも言える。それが、所謂「トレンディドラマブーム」である。

    正に「第二次バンドブーム」と同時期にこの「トレンディドラマブーム」が始まって、そのタイアップに乗れたことで一気に知名度を上げたのは言うまでもないと思う。

    所謂「無名のアーティストとドラマ・CMのタイアップ」という手法によって売り出していく方法論は、正にこのLINDBERGあたりが先駆的なのではないかと思う。実際、この当時完全に無名でしたからね。

    なので、言っちゃ悪いが、これがなかったらこのまま無名で終わっていた可能性は全然あったと思う。

    とは言え、肝心のバンドサウンド自体はどうなのかと言うと、ぼくは決して悪くないと思う。というか、全員普通にうまいと思う。このあたりについては、後のJUDY AND MARYに似ている。

    というか、過去に取り上げたことのあるこの時代の別のバンドで「レプリカ」というバンドがいたんだけど、そのバンドも似たような感じ。ヴォーカルも含め全員が非常に高い演奏技術と、ソングライティングセンスを持っていた。

    ※関連過去ログ
     REPLICA - SO MANY TIMES

    だけど、LINDBERGについては、ヴォーカルの渡瀬マキが「元々アイドルだった」と言うこともあり、ヴォーカル技術ということに関して言うと、正直お世辞にも上手いとは言えなかったと思う。

    これは後の「相川七瀬」にも言えることなんだけど、とにかく彼女たちは、割と高いキーは元気よく勢いで出すんだけど、ビブラートを使わないもんだから、歌唱そのものが幼く聞こえてしまうのである。

    更には渡瀬マキの場合、まあ、これは世代とかこの時代の音楽だからしょうがないっていう部分もあるんだけど、英語の発音が壊滅的に下手くそだったのがやたら印象に残ってる。

    でもこの曲自体は非常にいい曲なので、ぼくは割と好きですね。あと、この曲が収録されていたアルバム「LINDBERGⅢ」も、非常にいいアルバムだったと思う。

    他の収録曲も似たような曲が多いんだけど、でも非常にいい曲揃いで、当時割とよく聞いていたし、GLAYのTAKUROも、アマチュア時代にCDが割れるほど聞いていたらしい。

    そういう意味では、結構影響を受けたというミュージシャンは多かったのではないかと思う。

    ■EDIT

    このページのトップヘ