ABOUT ME

                 

LATEST ENTRIES

CATEGORIES

RECENT COMMENTS

LINKS

中古iPhone6奮闘記その4:【最終話】おれ達の戦いは、まだ始まったばかりだ!

iPhone6奮闘記シリーズ第4弾:最終回です。

過去ログはこちらから。

 

 

第1話:中古iPhone6奮闘記その1:吹っ飛ばす!ブッ挿す!ブッコ抜く!

第2話:中古iPhone6奮闘記その2:君とはSIM世界もキャリアも違うのだよ。

 

 

 

■前回までのあらすじ■

 

●第1話:吹っ飛ばす!ブッ挿す!ブッコ抜く!●

 

・中古で「iPhone6端末」を購入

 ⇒初日に、いきなりSIMトレイをふっとばす。

・仕方がないので「SIMトレイのみ」Amazonで購入。

 ⇒しかし待ちきれず、血迷ってSIMカードを本体に直挿しする暴挙に出る。

・近所のiPhone修理屋さんに¥1000払って取り出してもらう。

 

●第2話:君とはSIM世界もキャリアも違うのだよ。●

 

・今度はちゃんとSIMトレイに載せて挿し込む。

 ⇒カードが挿さっていることは認識されているが、アクティベートできない。

 ⇒そもそもAPN設定をおこなうのに、Wi-Fiにつなぐ必要があるがそれができない。

・購入した端末が「Softbank」であることに、ここで初めて気づく。

 ⇒楽天モバイルは「docomoの回線」を利用しているため、それ以外のキャリアの端末利用には、SIMロック解除が必要。

 

●第3話:わかってたわ。いつかこんな日が来るってことくらい。●

 

・SIMロック解除のため、Softbankショップへ

 ⇒でも「iPhone6s以前の機種」ではSIMロック解除ができないことを知り、愕然とする。

・SIMロック解除アダプタ(通称:シム下駄)を Amazonで購入する。

 ⇒セット後すぐに「圏外病」にかかる。

・完全に打つ手なし!こうなりゃ購入したiPhone6を返品、もしくは交換だ!

 ⇒もう、本当にどうしようもないことを悟る。

 ⇒ダメ元で購入元に問い合わせたらOKだった!

 

 

物語はいよいよ佳境へ。新しい端末選びで、丸々1日悩みました。

 

■改めて、どれにしようか悩む。

 

 

もんすごい早さで返金が確認ができたので、もんすごい速さでお礼メールを書き送信した。

 

もうなんか、この切羽詰まってる状況で爆速対応してくれたのが嬉しすぎて「この度は御社の寛大なるご厚情に賜り」とか、人生史上一回も使ったことのないような言い回しで、ぼくのこのほとばしる熱いパトスを、メールにしたためた。

 

で、早速機種を選ぶ。

 

ぶっちゃけ、浮気してAmazonとかでも探したりして、少しでも安いのをと思ったりもしたんだけど、やっぱり親切な対応をしてくれたイオシスさんに不義理はいけねえ!ってことで、改めてイオシスさんで吟味することに。

 

まあ、ぶっちゃけAmazonも一応探したけど平均的に高かったし、結局、Amazonそれ自体が販売しているわけではなくてそれこそ、マーケットプレイスでイオシスさんみたいな中古販売店のものをAmazonで購入できるってだけなので、Amazonにそんなに期待しない方がいいってのもある。

 

それに、個人的なイメージとして、Amazonで家電製品とかPC・携帯電話関連はやめておいたほうがいいと思っている。その辺のものについては、Amazonだと少々高くつくし、専門店のほうが品数が多く、安かったりする。

 

で、何にするか、である。

 

 

■iPhone6 - 64GBスペースグレイにする

 

 

前回は「iPhone6の128GBのスペースグレイ」だったわけだけども、冷静に考えてみて、128GBも要らないなと思った。

 

というのも、iPod代わりに使用していたiPhone4の容量が「32GB」で、収録しているmp3の分量的には、1軍はもとより2軍まで含めて結構網羅して、大体2000曲超収録しているにも関わらず、それでもまだ容量いっぱいになっていないという状況から、64GBでも十分足りるだろうという判断に至った。

 

もちろん携帯電話としても利用するため、その分の容量も含めて考えなくてはならないが、先代のAndroidアプリの使用容量を見たら、20GBもいってなくて、やはり音楽と両方合わせても64GBくらいで寧ろちょうどいいことがわかった。何でもかんでも多けりゃいいってもんでもないね。

 

そうすると、驚くべきことに当初購入したものよりも安い金額で買えることもわかった。

って、すげー当たり前かw

 

ただ、色は絶対にスペースグレイじゃなきゃ嫌だ!と思っていて、そこだけは絶対に譲れなかったので、探すのに苦労した。やっぱり人気のカラーなのか、同じ容量でもシルバーとかゴールドより高いし、そもそも売り切れてたりすることが多い。

 

で、前回誤って購入した128GBの方は「商品ランク:B」だったが、64GBでdocomoのスペースグレイについては終ぞ見つからなかったので、仕方なく「商品ランク:C」に甘んじることに。多少の傷やユーズド感は、この際致し方あるまい。

 

と言うよりそもそも、予算的に余裕が無い中での「絶賛音信不通状態」であるからして、本来的には色とかも選り好みしている場合などではない。しかし、携帯電話って「一度購入したらなかなか買い換えない物」じゃないですか。

 

なので、見た目については絶対に妥協しない方がいい。気に入っているのであれば尚の事だ。あとで「あーやっぱりあれが良かったなー」なんて思い始めると止まらなくなって、中々愛着が湧きづらくなってくるからだ。

 

で、結局商品ランクCの「iPhone6:64GB@¥21400」を購入。イオシスさんは在庫があれば即日発送ってところなので、2日後には手元に届いていた。しかも今回は箱付き。ま、箱に入れること殆ど無いんですけども。

 

ということで、さあいよいよ携帯使うぞと思っていたのだが、肝心なことを忘れていた。

 

 

■APN設定がやっぱりできない!■

 

 

ここで忘れていた設定が再び僕を悩ませることになる。そう、APN設定だ。(第2話参照)

 

第2話でも少し書いているが、結局のところこのAPN設定というのは「インターネットを開通させるための設定」なんだけど、その設定をおこなうためには結局ネットに繋がなくてはならず、そのためには「Wi-Fi」に繋がなくてはならなかったのだ。何だこのジレンマ。

 

服がないので服を買いに行きたいが、服を買いに行くための服がないみたいな。…う〜んちょっと違うか。

 

しかし、第2話でも書いているように、家の近くのコンビニのフリーWi-Fiがまるで使い物にならない。今までの生活の中で、Wi-Fiスポットのことについて考えたこともないため、どこに行けばそれがあるのかもよくわかってない。

 

結局、モノは揃ったのに最後の設定が出来ないまま、1日が終わった。

 

 

■救いは西武新宿線の特急の中に!■

 

 

購入以来、繋がることのない今のところ何の機能も持たないiPhone6をずっと持ち歩き続けて彷徨っていて、仕事帰り、歌舞伎町のゲームセンター内にたくさんWi-Fiスポットを見つけたものの一向に繋がらず、もう帰ろうと諦め、特急に乗ってびっくりした。

 

 

「SEIBU FREE Wi-Fi」!

 

おお!電車の中でも使えるのか!感動したぼくは早速繋いでみた。したらばものすごくあっさり繋がった!まじすか!

 

感動したぼくは、特急電車の中で慌ててカバンの中から、楽天モバイルのユーザーズガイド(初期設定の手順とか書いてあるやつ)を取り出して、設定を始めた。

 

 

こーゆーこともあろうかと、カバンの中に常に入れておいた自分を褒めてあげたい。よくやった。更には「特急の車内」という、ゆったり座れて、目の前に簡易的なテーブルが広げられる環境というのも良かった。

 

逸る気持ちを抑えながら、ゆっくり説明書の手順通りに設定をおこなう。

 

 

 

 

できた。

 

やった!遂に設定は完了し、電波の欄には「docomo 4G」の文字が!ずっと「圏外」としか表示されなかったぼくの携帯に、ついにdocomo回線という命が吹き込まれた瞬間だった。※あ、因みに画像はこのブログ用にキャプチャ撮ったやつで、その瞬間のものではありません。それどころか、この画像2回目です。

 

 

■The battle is over...■

 

 

――終わった。長かった戦いは、遂に終わりの時を迎えた。

 

思えば、SIMトレイをふっ飛ばしたことから始まり、その後にあろうことかSIMカードを直接ブッ挿すという、トチ狂ってるとしか思えない暴挙に出たり、購入した端末が「Softbank」端末だということが判明したかと思えば「SIMフリー解除ができない」という最大の難題にブチ当ったり…

 

その度に代用品を購入したり、修理屋さんに対応してもらったり、下駄を購入して履かせたりで、余計な出費も色々嵩んだ。(と言っても¥3000程度ですんでいるが)

 

で、その度に購入⇒到着待ち、返品⇒振込待ち、再購入⇒商品到着待ち、など数々の「待ち」を繰り返し、購入したiPhoneが手元にあるうちは、設定等で格闘して時間が過ぎていたため、リアルに1月は殆どこの「iPhone6との戦い」で持っていかれて、あっという間に時間が過ぎ去った。

 

だが、それもこれも今となってはいい思い出だ。

 

もう恐らく、今後は携帯電話でここまで苦労することはないだろうと思う。と信じたい。まあ、ぼくはスマートフォン関係のリテラシーが非常に低かったわけだけども、実際同じ体験をして初めて知るって人の方がきっと多いんじゃないかという気もする。

 

なので、ここに記録として残そうと決めた。

 

最後に、別記事にて番外編として、まとめを書き記して終わりにしたいと思うので、そちらもどうぞご覧ください。(単純に実用的な情報だけを求めているなら、次の番外編だけを参照していただければ良いかと思います)

 

 

※画像引用元

 http://sugowaza.xyz/

 https://www.seiburailway.jp/safety/trains_free-wi-fi/index.html

 http://yugicollection.blog.jp/?p=344

 https://iosys.co.jp/items/smartphone/iphone

 https://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q1480517329

 

スポンサードリンク

コメント
コメントする