ABOUT ME

                 

LATEST ENTRIES

CATEGORIES

RECENT COMMENTS

LINKS

ここがヘンだよ野球用語その1:「ストライク」と「ヒット」は、どう考えても意味が真逆な気がする。

ふと思ってしまったんだが、野球用語って、よくよく考えてみると非常に変な言葉ばかりだなと思った。そう思い始めたら、ぼくはある時すごいことに気付いてしまったので、是非ともこれをシェアしたい次第。

 

 

■STRIKE(ストライク)とHIT(ヒット)は、どう考えても意味が真逆なんじゃないかと思うの。

 

 

「STRIKE(ストライク)」とは言わずもがな、ピッチャーがバッターに「打たせなかった状態」であり、バッター視点で言い換えるなら「打てなかった状態」を示す言葉だ。しかし「STRIKE」という言葉の本来の意味としては、こうある。

 

・STRIKE

(こぶし・武器・ハンマーなどで)…に一撃を加える,殴る,打つ,たたく(⇒BEAT【類語】);打って(…の状態に)する

 

引用元:goo辞書

 

いやもう、逆やん!って話じゃないですか。

 

まあ確かに、ストライクとかボールってのは「ピッチャー主観(視点)での言い方」ではあるんだけど、にしてもって話じゃないですか。

 

そもそもピッチャーはバッターに「打たせないこと」を目的としてキャッチャーミットにボールを送り込んでいるわけだから、「打撃的ニュアンスのある言葉」を充ててしまうことが、そもそもの間違いだと思うわけ。

 

寧ろバッターがバットにボールを当てたときこそが「STRIKE!」って瞬間だし、語感にもパンチが効いているから、寧ろ「ヒット」よりこっちのほうがしっくり来る筈。

 

では、ピッチャーがバッターに打たせなかった様を表現する言葉として、何が的確だろうか・しっくり来るだろうか、ということを考えた時、当然のことながら「打撃的ニュアンスのある言葉」は避けるべきではないのかと。だって物理的には当たってないわけだからね!

 

故に、ピッチャーの「目的」を考えた時、ピッチャーはバッターの「妨害」をかいくぐり、キャッチャーミットという「的」をめがけて投げているわけじゃないですか。となると、日本語で表現するなら「命中する」ってのが、的確な表現かなと思った。

 

そこでストライクに代わる新しい言葉として「命中するさま」を英語にした言葉を充てればいいじゃないかと。

 

でも「命中」って英語で何ていうんだろう、ちょっとパッと思い浮かばないので、気になって調べてみたら、これまたびっくりした。

 

 

・めいちゅう【命中】

a (direct) hit
命中する hit

 

引用元:goo辞書

 

「HIT!」――What!?

いやだから逆やん!逆やて!

 

どうしてこうなった。という理由を考えてみた時、思うに、野球におけるそもそもの「攻守の概念」からして、ある意味で逆転してしまっているのではないか、ということに思い至った。

 

 

■攻守の概念の逆転

 

これはどういうことかというと、通常、ピッチング側を「守備」、バッティング側を「攻撃」と呼んでいるが、これは野球というスポーツの構造上、バッティング側にいるときしか得点が入らないためそう呼んでいるもの、と考えることができる。

 

しかし、この「攻撃=得点」という前提の概念こそが、実はそもそも最初から間違っていたんじゃないのか、という気がして、これは逆に「守備=得点」と考えたほうがしっくりくる気が、ぼくはしている。守り抜いたら点が入るっていう。

 

と言うのも「ピッチャーが投げる球を、バッターが打ち返す」という行為そのものは、ピッチャーにとっては「能動的行動」であり、バッターにとっては逆に「受動的行動」である。

 

どう言うことかというと、バッターサイド(ランナーも含め)は、ピッチャーが球を投げるまでは基本何も出来ず「ピッチャーが投げるのを待っている状態」なため、「バッティング(受動的行動)=守備」と言う風に見えてしまう。投げてくれないことには何も始まらないじゃん!っていうね。

 

このことからバッターは、多分にして守備的要素を含んでいるように見えてならないのだ。

 

よく、スラッガーの打つホームラン、あるいはそれに準ずるヒットを「××砲(例:MK砲)」とかって言うけど、そう考えると、いよいよこれも逆じゃないかと思えてならない。

 

ピッチャーの放った大砲(と言うより弾丸といったほうがしっくりくるかな?)を、目標に命中させること無く、バットで打ち返す。ちょっと…それ、守護神じゃないですかヤダー><

 

 

いかがだっただろうか。

 

こんな感じで、ぼくは野球用語ってことごとく変だよねってことに気付いてしまった。それはぼくが「野球にあまり興味が無いからこそ気付いたこと」なのかもしれない。

 

ってことで、次回は「ボールとアウト」について書きたいと思います。

いつになるかはわからないけれども。

 

それではみなさん、今回はこれにてゲームセット!(よし、上手いこと言った。飯食いに行こう!)

 

次回:ここがヘンだよ野球用語その2:「ボール」と「アウト」はどう考えても意味がおかしい気がする。

 

※画像引用元: https://and-for-you.com/articles/baseball

 

スポンサードリンク

コメント
コメントする