ABOUT ME

                 

LATEST ENTRIES

CATEGORIES

RECENT COMMENTS

LINKS

180110(水):ようやくメガネを新調できてちょっとうれしい日記

ようやく念願だったメガネを新調した。多分、4年ぶりくらいだ。

 

1つのメガネを4年も使い続けるというのはメガネ的にもあまり良くはないとされていて、理想的なサイクルとしては2年ともいわれている(だった気がする)。

 

で、それこそ丁度2年が経過していた頃に会社から「JINS」の割引券が支給されていたこともあり、JINSでメガネを探し始めた。

 

しかし、ぼくはそれまで使用していたメガネの「フレームの形」は大変気に入っており、これまでのメガネ人生史上においても「もんくなしの優勝」というものであるため、メガネ選びの条件としては「ほぼ同じ形のもの」というのを最優先事項の条件としていた。因みにぼくが探していた条件は、下記の通り。

 

・黒縁(できればマットブラック)

 ⇒艶が強すぎるものはNG

・縁の太さは「太すぎず細すぎず」

・フォルムは「スクエア」

 ⇒だが「真四角」はNG。眉の部分に適度にアーチが欲しい。

・智(ヨロイ)(*1) からテンプル(*2)にかけての部分が極太のもの。

・テンプルは、できれば別色のもの。

 

*1:智(ヨロイ)

*2:テンプル
※画像引用元: https://www.meganesuper.co.jp/glasses/knowledge/parts/

 

こんな感じ。

 

「いやあんた注文多すぎやろ」って思う人もいるかもしれないが、今回のメガネチェンジは、「大胆なイメージチェンジをその場で考えながらおこなう」と言ったものではなく、あくまで現在の延長、仕事・カジュアル通しての常用のため、メガネ常用者にとっては寧ろ妥当な条件提示とも言える。

 

考えてみても欲しい。

 

メガネ常用者とは、一日を通して「メガネを外している時間のほうが短い」わけで、それこそ昔のCMのキャッチフレーズ宛らに「メガネは顔の一部」なわけですよ。「ずっとかけ続けること」が前提。

 

ということはつまり、自分の顔に合わせることはもちろんのこと、どんな髪型・どんな服装にでも合うようにした上で、自分の趣味・嗜好が最大限反映される物でなければならないため、必然的に妥協しづらくなってくるのである。

 

更には、メガネに関するぼくの持論として「絶対に現物を見ないままネットで購入しないほうがいい」というものがある。というのも、メガネは実際に自分がかけてみないと、似合うかどうかがわかりづらいからだ。

 

ネット上でモデルさんがかけているメガネを見て「あ、コレかっこいい」と思っても、それはモデルさんの整った顔立ちや、贅肉のない輪郭に収まっているからよく見えるってだけであって、全く違うタイプの顔である自分がかけても、同じ結果になんてならないのだ。なので何本も試着して確認する必要がある。

 

更にはこの「試着の難しさ」というのも、メガネ選びにおけるなかなか難しいポイントだったりもする。

 

と言うのも、マスクを着用していたり、帽子類を被っていたりする際には、ちゃんとそれらを着脱しながら、両方の状態を確認する必要がある。

 

マスクや帽子着用時には大して違和感を感じなかったのに、外してみるとなんだかすごい違和感…とかその逆もまた然りなので、そうした部分についても入念に確認が必要だ。

 

とにかく「顔」という一番目立つ部位に対するコーディネートであるため、ひいては「自分というキャラクターを含めてのトータルコーディネートとして、違和感がないか」というところを見極める必要があるのである。

 

そうした理由から、結果的にメガネ選びは2年間難航し続けることになった。

 

無論、その間JINS以外のメガネ屋さんでも、自分の求めているものはないだろうかと探していたりもしたし、メガネ屋さんの前を通りかかると、時間があるときならば必ずと言っていいくらい探して、入念に試着もしていた。

 

だがやはりなかなか求めているフレームには巡り会えなかったため、今回はヨロイとテンプルの部分については妥協した。価格がレンズ込みで¥5000と安かったためである。

 

とは言え、黒縁フレームでありながらテンプルが「赤」でちょっとカッコよかったというか、結構目立つは目立つけど全体が赤ではないのでいい感じの差し色っぽくなっていて、常用とは言えコレくらいなら冒険してもいいかな?という目論見で思い切ってそれにした。

 

まあ、割引券もレンズを「JINS SCREENにした時のみ適用」というものであり、通常レンズではなくJINS SCREENレンズの場合だと、フレーム料金+¥5000とのことで、そこからの30%OFFのため、結果的に割高になってしまう。

 

それでも¥10000を切っているのだから、充分に安いと言えば安いのだが、悩みに悩んで、今回はノーマルレンズでの作成にした。飽きて次のフレーム探す時に割引券使えばいいかなと。

 

今思うと、少々足が出てもJINS SCREENにしておけばよかったと思っているが、それでも良いフレームのものに巡りあえたので、良かったと思っている。

 

スポンサードリンク

コメント
コメントする