ABOUT ME

                 

LATEST ENTRIES

CATEGORIES

RECENT COMMENTS

LINKS

【お題】クリスマス!おでかけするなら、どこ行きたい?

■お題:クリスマス!おでかけするなら、どこ行きたい?

 

 

どこも行きたくないし、行くつもりもないし、そもそも仕事だし。

 

大分過ぎてしまったあとでこんなこと言うのもアレだけど、土日なので普通に仕事してた。てか、そもそもクリスマスなんかにわざわざ外に出たってしょうがない。アホみたいに浮かれたカップルばかりなんでしょう?

 

とは言え、職場の女性で、クリスマスに表参道の「SOUP STOCK TOKYO」にったら、割と女性のソロが多くてなんか温まったという話を聞いて、ぼくは男だけれども「あーなんかわかるわー」って思ってしまった。

 

もうあれだよ。「クリスマスだから彼氏・彼女と一緒に」なんてのは古いんだよ。

 

そりゃそうだよね。よくよく考えると、この「クリスマスだから恋人同士でどうのこうの」という価値観って、言っちゃえばすごく「バブル的」って気がしません?それもバブルもバブルど真ん中、シンデレラ・エクスプレス的な。そう考えると途端にダサいことのように思えてくる。

 

で、なんでぼくがクリスマスと聞いて、この「シンデレラ・エクスプレス的バブル感」を想起するかというと、正にこの89年頃にOAされていたJR東日本のシンデレラ・エクスプレスのCM以降、それに憧れる、バブル期に青春を謳歌した若者たちが多いからだと思う。「クリスマス=恋人」という概念が本格的に浸透しだしたのは、正にこの頃からだと思う。

 

因みにぼくは、クリスマスを彼女と過ごしたりしたことはあるけど、別に普通だった。強いて言えば、他のカップルがあまり行かないであろうところに行く、しないようなことをする、くらいのもんだ。

 

クリスマスに何処かへ出かけたい!とか恋人と過ごしたいなんてのは、所詮、クリスマスの雰囲気に酔いしれているだけで、普段の日常が退屈で凡庸で想像力に欠くつまらない人生しか歩んでいないからこそだと思う。

 

もう最近では最早死後かもしれないけど、所謂「リア充」と呼ばれる人達って、正にこれだよね。リア充って「リアルが充実している」って意味だったと思うけど、逆に何が充実してんの?って話。むしろ空っぽなんじゃないのか?

 

マスメディアの作り上げる流行に溺れて、大して面白くもないことで笑って「うぇーい」とか言ってんだろ。それ、本当にオモシロイと思ってやってるの?クソつまんなくね?w
 

普段の生活に「アイデアのないやつ」ほど、こーゆーイベントごとではしゃぎたがるよな。てか、お題からだいぶ離れちゃったか?まあいいか。

 

とは言え、最近例の「若者の××離れ」の中に、この「若者のクリスマス離れ」が入ってきてるらしく、価値観が多様化してきたってことなのかな、という気もするけど、でも単に「ハロウィン」っていう、恋人同士とか関係なくみんなで盛り上がれるイベントが出てきたからってことなんだろうな。

 

まあ、確かにあっちのほうが「イベント感」はあるけど。でもやっぱり普段の生活に「アイデアのないやつ」ほど、この手のイベントごとで(以下略

 

※画像引用元: http://www.hoshino-area.jp/christmastownkaruizawa2017

 

スポンサードリンク

コメント
コメントする








   
この記事のトラックバックURL
トラックバック