ABOUT ME

                 

LATEST ENTRIES

CATEGORIES

RECENT COMMENTS

LINKS

FC2ブログの管理画面で一部メニューがクリックできなくなったのは、Avira Browser Safetyというクロムのプラグインのせいだった

FC2ブログ管理画面の一部メニューリンクが死んでた

 


このブログを始める以前、実は5年くらい前からグラビアアイドルの画像ブログをFC2でやっているのだけど、ここ最近、管理画面の各メニューリンクがクリックできないという症状に悩まされていた。

「リンク先が死んでいる」とか「踏むとブラウザエラーが返ってくる」とかじゃなくて、クリック自体が出来ず、要は「ハイパーテキスト自体が死んでいる」という状態だったのだけど、原因がわからなかった。



で、こないだ、仕事用の別ブログ(これもFC2)で作業していると、こいつは正常だったので、「何が違うんだろう」と気になって、少し調べてみた。
 

 

Google Chromeのプラグインを調べてみた結果


どうやら、Google Chromeの別アカウントやゲストブラウジングだと問題なくこのリンクが生きているため、そこでようやく「自分のChromeアカウントに入れているプラグインのどれかが邪魔をしているのでは」という推測に至った。というか、我ながら気づくの遅すぎた。

で、これもまた気づくのが遅すぎたんだけど、リンクが死んでいる管理画面には「広告がなかった」のだ。結構目立つ場所にあって、ここ数年管理画面のレイアウトだって変わってないのに、何故気づかなかったのか自分でも不思議だ。

兎に角広告がなくなっているのに気付いたぼくは、自分のブラウザに入れているプラグインの中で、アドブロッカー的なもの(広告を非表示にしてくれるやつ)を探した。

でもぼくが自分で意識的に入れたモノはYouTubeのアドブロッカーだけで、普段のブラウジングにおけるアドブロッカーなんか無いよなーと思っていたら、セキュリティ関連のプラグインの中の機能の1つとして、それが入っているものがあった。それが「Avira Browser Safety」だった。
 

 

Avira Browser Safetyのアドブロックを解除したら治った!


Aviraは、ぼくがPCにインストールしているセキュリティソフトでもあるんだけど、ある時Chromeのプラグインにも同じものがあるのを発見したので、何が違うのかよくわからないまま「まあAviraだしいっか」ってなもんで何も考えず入れてしまったのだけど、どうやらコイツに、アドブロックの機能が備わっていたらしい。

要は、悪意のあるスクリプトとか、海外の怪しいサイトなんかに足を踏み入れた時に警告を出してくれて、場合によってはサイト自体へのアクセスを制御してくれるプラグインだったというわけだ。どうりで「TUBE8」とかの海外のエロ動画サイトとか見てると「アドブロック的なやつ外せ」っていうメッセージが表示されるわけだ。

で、試しに管理画面上でこのアドブロックを解除してページをリロードしたところ、あるべき場所に広告が表示され、リンクが生き返った。



アドブロック解除!



やった!

っていう、まあただそれだけの話なんだけど、備忘録として残しておこうと思って、今日のブログネタにしました。また、同じ症状でお悩みの方は、ぼくと同様に、セキュリティ系のプラグインなどの「よかれと思ってディフェンス」によって同じ症状になっている可能性大ですよってことで、そんな人に僅かでもお役に立てれば、これ幸い。

 

 

 

スポンサードリンク

コメント
コメントする








   
この記事のトラックバックURL
トラックバック