ABOUT ME

                 

LATEST ENTRIES

CATEGORIES

RECENT COMMENTS

LINKS

1日5時間で仕事を片づける人の習慣術

■1日5時間で仕事を片づける人の習慣術 (PHP文庫) 文庫 – 2007/2/1
知的生産研究会 (著)


まあまあ参考になった。何より非常に読みやすかった。

通勤の電車内でしか読んでおらず、別の本との併読であったにも拘らず、2日目で読み終わったので、恐らく読んでいた時間は正味2時間程度といったところかもしれない。

このカテゴリは久々の更新になるけど、内容的にはこれまでに紹介してきた「読書術系」のものや「仕事術系」のものとほぼ同様。というか全く一緒。ここのレビューには書いてないけど、同じような内容の本についてはもう何冊か読んではいるのだけど、当たり前の話だけど、大体同じことしか書いてない。

もちろん「だからダメ」というのではない。作者が「知的生産委員会」と団体名になっていることと、参考文献の数が多いこととPHP出版であるということから、同系統のあらゆる本のダイジェスト版とでも言うような内容ではあるけど、非常によくまとめられている。

奥付を見ると第1版が2007年ではあるが、15刷まで刷られていることからもわかるように、時代の流れにあまり左右されない普遍的とも言える仕事術の本だと思う。コレについては1回読んで終わりにするのではなく、常に携帯して、忘れた頃に読み返したほうがいいかもしれない。

内容としては以下の5項目からなっている。
 

 1:時間管理術
 2:情報収集術
 3:整理術
 4:コミュニケーション術
 5:勉強術


全てに於いて共通しているのは、当然のことながら「兎に角無駄を無くせ」ということ。特に、個人的には「3:整理術」については強く心がけなければならないなと、ひしと感じた。

あとは何より、文体とか、「この本の情報自体に全くの無駄がない」というところで、非常に読みやすいというのもあるんだけど、なんか「この手の本を上手に読むコツ」みたいなのがつかめた気がして、ものすごく効率よく読めたのが、個人的に嬉しかった。

具体的には最初に「目次」を熟読して、そこのタイトルに目を通していると、変な話、この段階でもうこの本の7割位は理解できたというか、読んだも同然な気がして、その後の部分については流し読みというか、いい感じに飛ばしながら読めた。

ぼくは本を読む時、つい頭からバカ正直に全部読んでしまうので、1冊読み切るのにいつも時間がかかってしまう。今回はそれをしないで、尚且つある程度頭に入れながら読めた。まあ、過去に同じような本を何冊も読んでいたから、「内容をインプットする」と言うよりほぼ「答え合わせ」みたいな感じだったから、というのもあるんだろうけど。

目新しさはないけど、常時携帯しておきたい1冊。

 

スポンサードリンク

コメント
コメントする








   
この記事のトラックバックURL
トラックバック