ABOUT ME

                 

LATEST ENTRIES

CATEGORIES

RECENT COMMENTS

LINKS

10月10日はドラムの日らしい

■ONE OK ROCK - Taking Off (Tomoya's Drum Ver.) from "Ambitions" JAPAN TOUR 2017■


昨日の話にはなってしまうんだけれども、10月10日はなんでも「ドラムの日」ってことらしいですね。知らなかった。

ぼくはバンド時代ヴォーカルだったんだけど、元々最初はドラムから入っていたこともあってか、実は少しだけ叩けたりするし、それこそ曲を作る時なんて、多分曲を作るヴォーカリストみんなそうだと思うんだけど、ギターやベースのフレーズよりもドラムのフレーズを考えてる方が楽しかったりする。

ってこともあってか、バンドを辞めた今でもドラム動画をたまに見てはニヤニヤしてるんだけど、ONE OK ROCKのドラマーTomoyaのこの動画はその中でもかなりいい動画だと思う。てか、改めてドラムに注目してみると、実はワンオクって普通に演奏上手いバンドなんだよなーということが実感できる。

特にこの音の作り方も含めたパワフルさは、これまでの日本人にはあまりいなかったタイプだと思う。あと、単純にこのドラムセットのカラーリングとかカッコいい。リムが艶消しのマットなカラーリングって結構珍しいというか、少なくともぼくは初めて見た。コレすごくいいと思う。あと、衣装もそれに合わせているところもいいね。

というか、最近の若い子達(特にアメリカの)ってノースリーブ流行ってんのか?バスケの選手みたいなスポーティーな格好、最近良く見る気がする。

ということで、続きを読む以降に、最近気に入っているドラマー動画をあと2本貼っておきますので、気になる方はどうぞ。
 
■淳士サウンドチェック■


ぼくの最も好きなドラマーのうちの1人。SIAM SHADEの淳士。

要塞のようなドラムセット、軽快なタム回し、タイトなビートってことでかなりぼく好み。イメージとしては、L'Arc~en~Cielのドラマーyukihiroと、D'RELANGERの菊地哲を足して2で割ったような感じだとぼくは思っている。

この動画、1分ちょっとしか無いのが兎に角残念。もう少し見ていたい。


■Linkin Park - In The End - Drum Cover■


Matt McGuireという若いドラマーが、LINKIN PARKの「IN THE END」という曲をドラムカバーしているもの。

最初なんでハイハット2枚セットして右手側のハイハット(従来とは反対側)でリズムキープしてんだろと思って意味がわからなかったんだけど、しばらくしてから気付いたんだけど、基本ツーバス踏んでるので、その間の刻みの時のために右手側のハットは恐らくペダル踏みっぱでCLOSEしているのではなく「最初からCLOSE固定」にしているんだと今更ながらに気づいた。

同じようなことをL'Arc~en~Cielのyukihiroもやっていたな。

それにしてもシンバルの配置の仕方とかそもそものシンバルワークとか、結構好き。両腕をフルに使って、全てのシンバルを満遍無く叩くスタイルが結構好きなんです。でもカメラワークは無駄に動きすぎだと思う。


 
 

スポンサードリンク

コメント
コメントする








   
この記事のトラックバックURL
トラックバック