ABOUT ME

                 

LATEST ENTRIES

CATEGORIES

RECENT COMMENTS

LINKS

下妻物語

■下妻物語



めちゃくちゃ面白かった。

YouTubeを見ていたらまるまる1本上がっていて、どうせ大して面白くないんだろうと高を括って夜中にクリックしたのが間違いだった。なんだこれ。めっちゃおもろい。深田恭子のロリータが可愛いのは当然として、土屋アンナのヤンキーもかっこよくて可愛かった。(残念ながらコレを書いている途中で、YouTubeの動画は削除されてしまった。当然か。)

冒頭、状況等の説明を深田恭子演じる「桃子」がナレーションで行うわけだけど、その時の映像の見せ方が非常にコミカルかつテンポよく進んでいくところが面白かった。

この手の演出ってセンスが悪いと途端にダサくなってしまう上に、見せ方を優先しすぎると今度は説明が説明として機能せず、訳がわからなくなったりで、何気に難易度は結構高いと思うんだけど、そのあたりを難なくクリアしていたところに上手さを感じた。

特に、開始から3分と経ってないのに、いきなり軽トラに轢かれて「下妻物語 終」って出るとことか、なかなか面白かった。で、そこからプレイバックする形で映画本編に入っていくところなんかは、木更津キャッツアイぽくて、テンポ感といい、田舎を舞台にしている点といい、その類似性を感じられる点も面白かった。

実際、クドカン脚本に欠かせない「阿部サダヲ」や「荒川良々」も出演しており、阿部サダヲのリーゼントなんて完全にコントのそれで、明らかに崩し過ぎなのに、そもそも作品自体が終始「バカ&ハイテンション」だから何の違和感も感じなかった。

更には、途中、状況説明のためにアニメを差し込むあたりも秀逸だった。惜しむらくはこのアニメの絵柄が、もうちょっと日本の如何にも「アニメ」って感じの絵柄ならもっと面白かったと思う。

キャラクタ的には、主人公の桃子が、ものすごいロリータファッション大好きっ子なのに茨城のど田舎に住んでるというギャップと、そこから代官山のお気に入りのショップまで足繁く通ってるいるというところも含めた絵面自体の面白さも去ることながら、そうした環境や、離婚して離れた母親、ろくでもない親父とクセの強すぎる祖母等、諸々に対し何の不満も抱かず、その状況の中でも一切ブレずに自分のスタイルを貫き通しているという強さを、あくまでさり気なく描いている点が良かった。

片や土屋アンナ演じる「イチゴ」は、もう典型的なわかりやすい記号化されたヤンキーそのもので、いわゆる「ヤンキーとそうでない人」との友情を描く物語に決まって出てくるテンプレ的王道パターンである「ヤンキーが所属しているチームから足抜けするために、リンチを受けに行く」というシーンも当然出てくる。

足抜けするきっかけとして、桃子が初めて自分を必要としてくれたことが嬉しくて、集会よりもそっちを優先させたことという描写があるが、それ以外にも「7人だけで走ってた頃のほうが楽しかった」的な台詞でポツリと語られるだけで、チームに対して不満を持っていたという描写が少なかったため、若干唐突感が否めないところではあるものの、先述の通りそもそもこの手の話で「ヤンキーが抜ける」はお約束なので、大して気にならなかった。

それよりも、ここに出てくるレディースの人たちが絵面的に割とリアリティがあってカッコよかった。特に「まちゃまちゃ」なんてあの奇抜な髪型と特攻服があまりにも芸風そのまま過ぎて何の違和感も感じなかったし、それまでコミカルに描かれていた土屋アンナのヤンキーっぷりもこのシーンでは非常にカッコよく見えた。

特に、所属していたチームの頭を演じる「矢沢心」を、ちょっと上から見下ろす形で睨みつけながら「ステゴロでタイマン張りましょうや」って言う時の土屋アンナの表情とか普通にカッコよかった。

あと、いい意味ですげー細かいなと思ったのが、鑑賞後、下妻物語のWikipediaのページを見ていたら、桃子が大好きなブランドである「BABY, THE STARS SHINE BRIGHT」というブランドが実在のブランドで、そこの社長である「磯部」役を「岡田義徳」が演じているんだけど、この社長の名前自体も実際の社長と同じ名前でびっくりした。

更には、そこのデザイナーさんが、元々このブランドのファンで、このブランドが好き過ぎてこのブランドのデザイナーになったというサクセスストーリーが、桃子のストーリーとかなり近くて面白いと思った。

映画の長さとして2Hなく、100分程度で丁度いい長さでよかった。動画が削除されてしまったのでちょっと残念だけど、今度DVDレンタルしようと思ったし、何より、俄然、原作小説を読みたくなった。久々にいい映画を見た。

※追記
また、別アカウントでアップロードされていたようなので、一応埋め込んでおく。


 

スポンサードリンク

コメント
コメントする








   
この記事のトラックバックURL
トラックバック