ABOUT ME

                 

LATEST ENTRIES

CATEGORIES

RECENT COMMENTS

LINKS

KIX-S 全曲メドレー

■KIX-S 全曲メドレー■


久々に懐かし系。所謂ビーイング系で唯一好きだったアーティスト。この手のジャンルはぼくが最も毛嫌いしているジャンルの1つでもあるんだけど、実は意外にも、何故かこのアーティストだけは好きっていう。

見ての通り「女版B'z」って感じで、正にそう言われてもいたんだけど、でもそれは揶揄されたものというよりは、むしろ正統的に受け継いでいると言った趣さえあり、そもそもの話として、Gt.安宅美春がKIX-Sとしてデビューする前に「ソロギターシンガー」みたいな感じでデビューしており、その時のデビューシングルを、それこそB'zの松本孝弘が提供していたりする。

で、それが後のB'zの代表曲のうちの1つにもなる「孤独のRunaway」で、つまり元々は「安宅美春のために書き下ろされた曲」をセルフカバーした、というものなのだ。(多くの人は安宅美春がB'zの当該曲をカバーしていると思っているみたいだが、実は違うのだ)

そうした事情もそうだし、そもそもの話としてB'zというユニット自体に、当時のビーイング系とのジャンル的親和性はあったし、なんならこの時代のビーイング自体が、当時のB'zのスタイルに寄せていた、という風にも見て取れるところでもあった。

ただ、そうした中ビーイング系は主に、TUBEのギタリスト春畑道哉による提供楽曲もの(ZARDとか)と、織田哲郎による提供楽曲(WANDSとかT-BOLAN)が多かった中、彼女たちは珍しく自分たちで作詞作曲をおこなっていて、当時のビーイング系としては結構珍しかったので好感をもっていたりもした。

その中ぼくが唯一持っていた彼女たちのアルバム「VIRGINITY」が結構気に入っていて、1曲目の「愛を殺して」があまりにもかっこよすぎて、一時期ものすごくリピートしていたこともある。

この動画は全曲紹介であるため、1曲あたりがものすごく短いのが残念だが、懐かしさにかられてつい聞いてしまった。それと、完全に余談だが、このアルバムには、デビュー直前だか直後の「大黒摩季」がバックコーラスとして参加している。彼女はKIX-Sの後輩なのだ。

今度VIRGINITY買い直そうかなあ。どうせ死ぬほど安いだろうし。

 

スポンサードリンク

コメント
コメントする








   
この記事のトラックバックURL
トラックバック