ABOUT ME

                 

LATEST ENTRIES

CATEGORIES

RECENT COMMENTS

LINKS

CDが売れないのは「モノ」としての価値が無いから

■売れ行き伸びるレコード ももクロもソニーも本気モード■
2017.8.7 07:00 - 産経WEST

店は身動きがしづらいほど混み合い、約30年ぶりに生産を再開する企業が現れ、アイドルも参入−。これらはビニール盤のレコードの話だ。CDの登場で過去の遺物になったと思われたが、復権しつつある。活況の背景には、音楽のデジタルデータ化があるらしい。そこに日本人的なメンタリティーも働いているという。(安田奈緒美)

レコードストアデイ

「2015年11月の開店以来、お客さまは右肩上がりで増えている。10代からシニア層まで幅広い年齢層が来店されます」と話すのは、レコード販売「ディスクユニオン」大阪店(大阪市北区)の店長、川村健さん。

川村さんが人気復活の火付け役として挙げるのが、毎年4月の第3土曜日に世界同時開催される「レコードストアデイ」だ。08年、レコードの魅力を再発見してもらうために米国で始まり、世界に広がった。その日に限定販売されたり、再発売されたりするレコードを目がけて大勢のファンが店に集まるという。

ディスクユニオン大阪店でも今年は、開店時間前から店舗前に行列ができ「店内は満員電車のようなにぎわいだった」という。

そうして手に入れたとっておきのレコードを高音質で聴けるのが、パナソニックの音響機器ブランド「テクニクス」の試聴室。グランフロント大阪南館(大阪市北区)のパナソニックセンター大阪にある。

※続きはリンク先で※

 

残念だが一時のブームで終わるよ。ぼくの親父はレコード屋を経営しており、30年以上アナログ盤を売ってるいるわけだが、そんな店が悲鳴あげながらYahoo!とかに出店してる状況だからねえ。通好みの有名店なのにだよ?

要は、CD不況なんてだいぶ前から言われているけど、CDだけに限った話ではなく、今となっては「ハードに対するソフト」って言うモノが最早コレクターズアイテムにしかなってないので、予想としてはCDと同じような客層により、同じような売れ方しかしないだろうね。

つまり、アイドルかジャニーズかアニソンか声優さんしか売れない。購買層は全てオタク。

とは言えレコードは、だいぶ昔から最早コレクターズアイテムとしての地位みたいなものは確立しているので、ブームから「浸透」という形で流行ってくれれば、安定的な需要はあるだろうな。そういう意味ではいい動きなのかもしれない。

なのでCDもさっさとそういう形になるべきなんだよ。いっその事、初回限定と言う形で一定数のみ生産して、以降は配信のみにすることでCDの「モノ」としての価値を上げなければ、あんなもの売れるはずがない。
 

スポンサードリンク

コメント
コメントする








   
この記事のトラックバックURL
トラックバック