ABOUT ME

                 

LATEST ENTRIES

CATEGORIES

RECENT COMMENTS

LINKS

とてつもない日本 - 麻生太郎

■とてつもない日本 - 麻生太郎■



面白かった。190Pしかない新書だが、内容まで薄っぺらいかというとそんなことはない。
寧ろこれだけ充実した内容のものを、少ないページ数で実に旨くまとめられていることに
ただただ感心。

何よりものすごく読みやすいというのが最大の特徴。過去にこのブログで、麻生太郎氏が
解説した国の借金についての説明が、すげーわかりやすいということを書いたことがあっ
た(*1)のだけど、やっぱりこれも非常に分かりやすかった。

*1
【お題】ベーシックインカムは実現すると思いますか?
●麻生太郎氏による「日本の借金」の解説が超わかりやすい 「経済をわかってない奴が煽っているだけ」●

本書の内容としては、兎角マスメディアを始めとして、世論的にも日本を卑下する声が多
いけど、いやいや何言ってんだちょっと待てよと。日本すげーとこいっぱいあんだろと。
何、下向いてしょぼくれてやがんだと。

おれ達は過去から今にかけてすげー功績たくさん残してきたんだから、もっと胸を張れよ!
っていう日本を応援する書だ。

また、必要以上に卑下することも奢ることもなく、極めて冷静に麻生氏なりの見解で、今
後日本がアジアの中でリーダーシップをとっていくためにも、単にポジティブに「日本す
げー!日本わっしょい!」っていうだけじゃなく、現状を見つめながら攻めていこうぜ!
という冷静さも忘れていないので、非常に説得力もある。

特に靖国神社の問題点についての言及も非常に分かりやすかった。普段、ニュースとか殆
どみないぼくみたいな物知らずは勿論、中高生なんかが読んだほうがいいと思った。
 

 

スポンサードリンク

コメント
コメントする








   
この記事のトラックバックURL
トラックバック