ABOUT ME

                 

LATEST ENTRIES

CATEGORIES

RECENT COMMENTS

LINKS

こんな僕でも社長になれた - 家入一真

■新装版 こんな僕でも社長になれた 単行本(ソフトカバー) – 2012/8/31■



すげえ面白かった。下手な小説なんかより遥かに面白い。

僕が今書いているこの「JUGEMブログ」をはじめ「ロリポップサーバー」や「ムームー
ドメイン」や、「minne・カラメル・カラーミーショップ」などのサービスを提供して
いる、現GMOペパボ株式会社の創立者である著者の自伝。

陽気な少年が引きこもりになるまでの経緯、体育祭の逃亡事件、引きこもり時代と、新
聞配達しながら芸大を目指していた時代までが、淡々とした語り口で語られており、こ
れがまた一遍の小説を読んでいるようで面白い。

序盤、中学校でのある出来事をキッカケに学校での自分の居場所を完全に失ってしまい、
そこからリカバリーできないまま高校に進み、環境が変わった高校でも挽回することが
叶わず、遂には体育祭から逃亡するという流れが、なんとなく自分の少年の頃と重なっ
てしまい、涙が出そうになった。

別に彼と同じような状況下にあったわけではないのだけど、中学時代に僕が感じていた
孤独感や正体不明の焦燥感などを、読んでいるうちになんとなく思い出してしまった。

でもそうしたことを、本当に「淡々と」語っている上に、余計な説明などが徹底的に省
かれているので、割と分厚目な本の割に、スイスイと読める。と言うより、読ませる文
章だと思う。この人は本当に文章が上手いと思う。

特に、第五章の「ペパボ黎明期」からが俄然面白い。
 

 

スポンサードリンク

コメント
コメントする








   
この記事のトラックバックURL
トラックバック