ABOUT ME

                 

LATEST ENTRIES

CATEGORIES

RECENT COMMENTS

LINKS

「紙」とか「ディスク」とか物質媒体に依存しているから市場が伸びないということにいい加減気付けバカどもが!

■「電子書籍より紙の本を買ってもらえるとうれしい」――漫画編集者の意見に賛否 「出版のシステム自体に問題があるのでは」■

2018年09月15日 20時00分 - ねとらぼ

 

「紙の本が売れないと、次巻も売れないと見込まれて部数が減る」という理由に対し、「電子書籍の売り上げも評価に含めればいいだけでは」との指摘が寄せられています。
 

「電子書籍より紙の本を買ってもらえるとうれしい」と主張する、編集者による漫画がTwitterで議論を呼んでいます。作者は『終末のワルキューレ』や『北斗の拳 拳王軍ザコたちの挽歌』を担当している山中(@ComicYamanaka)さん。個人的見解として、出版社の事情を伝えています。

 

ほとんどの漫画が紙と電子の両方で出版される昨今、山中さんはたまに読者から「紙と電子、どちらを買うほうが作家さんへの応援になりますか?」と聞かれることがあるそうです。山中さんの答えは「紙」で、理由は「紙が売れないと次巻の部数が減るから」というシンプルなものでした。

 

※続きはリンク先で※

 


 

出たー!シンガーソングライターのスガシカオも同じようなこと言ってたなそういや。

 

老害共がこびりついている業界のせいで日本のメディアの電子化がどんどん遅れてくんだよねえ。ホント迷惑。もう何度同じことを書いたかわからんけど、音楽業界も出版業界も、いい加減早くソフトを捨てろって話。

 

なので、本来的にはこーゆーのは、コンテンツホルダー(作者)がもっと声を大にして言うべきなんだよ。なのに、肝心のコンテンツホルダー側にビジネスの素養がないから、「紙で買ってくれ」とか「CD買ってくれ」なんていうアホな事を言う。

 

もうね、バカかと。お前らがそんなんでどうすんだよと。

 

記事内ではあくまで質問にそのまま答えただけだから、どっちでもいいと言うことではあったけど、でももうね、これからの時代「ものだけ作ってりゃいい」なんて時代じゃないから。どんな分野であろうと、コンテンツホルダーもある程度ビジネスの知識は必要だよ。

 

ビジネスの知識というか「自分たちのコンテンツの売り方」についてある程度考えられるようにならないと、生き残れないよって話。

 

「メジャーデビュー出来れば安泰」なんて時代はとっくに終わっているんだから。ま、元々そんな生易しい世界ではないけど、今はさらに厳しいし、そもそもメジャーデビューそのものに意味がなくなってきている。

 

これ、まんまビジネスの世界でも同じことが言えると思う。「正社員になれば安定したお給料が!」って言うのが時代遅れっていうのと一緒。自分たちだけでもお金を稼ぐ術を身につけないと危ない時代は、もう既にやって来ている。

 

話が逸れた。

 

何れにせよ、コンテンツの「ソフトウェア」というものの市場価値が崩壊している以上、それを売ろうとする行為はハッキリ言って無意味だ。時間とコストの無駄以外の何物でもない。「それがないほうが便利」という状況を生んでしまっている以上、誰も不便な方に後戻りなんてしようとは思わないだろう?

 

因みにぼくはもう紙の漫画本は買わないと決めました。ゴミが増えるだけなんで。ラノベとかは読みやすさの問題から仕方なく紙で買うけど、本音を言っちゃえばデータの方がいい。

 

紙やディスクで買うことのメリットなんて「レンタル可能」ってことと「中古として安く買えること」しかない。つまりどちらも、コンテンツホルダーに還元されない仕組みだ。(レンタルは幾分か還元されるけど)

 

つまり、「現状維持」なんて、誰も幸せにしないってことだ。

 

 

スポンサードリンク

コメント
コメントする