ABOUT ME

                 

LATEST ENTRIES

CATEGORIES

RECENT COMMENTS

LINKS

タイの女児が歌う「X JAPANのSay Anything」を聞いて「100年先にも残る名曲とは何か」について考える。

Say Anything | น้องคริสต้า น้องแพงจัง | X-japan | We Kid Thailand เด็กร้องก้องโลก

 

 

コレやばい。すごい。不覚にも泣きそうになった。

 

2人の(恐らくタイ人の)小学生と思われる女の子が、X JAPANのSay Anythingを日本語でカバーしているわけなんだけど、二人共小学生とは思えないくらいものすごく上手い。特に、二人目の子の英語からの入りがすごくかっこよかった。

 

英語の発音も非常にいいのはもちろんのこと、日本語の発音も、一部怪しいところはあるものの、日本語の難しさを考えたらよくぞここまでキレイに歌い上げたと感心する。

 

あとはなんと言っても、サビに来た瞬間のハモリの非常に美しいこと。音を切るタイミングだとか、完全にピッタリ重なっているわけではないけれど、それでも十分美しい歌声。

 

また、ピアノのあんちゃんも非常によくやっていて、アレンジの仕方は非常に見事だと思った。オリジナルで言うギターソロの部分は正に、このあんちゃんのソロパートなわけだけど、緊張からか一瞬乱れはしたもののそれでもすぐに立て直し、非常に美しいソロを奏でてくれた。

 

 

YOSHIKIのいう「100年先にも残る名曲」とは――

 

こうして聞くと、この曲普通にすげえいい曲だなあと思う。以前、「ART OF LIFE」のレビューで「ここが彼の才能のピーク」と書いたけど、正にこの曲についても、彼の全盛期を象徴するような曲とも言えると思う。

 

※関連過去ログ

 【×年前の今日】X JAPAN - ART OF LIFE(メジャー3rd ALBUM)

 

だがYOSHIKIは、度重なるレコーディング遅延について「100年先にも残る曲を作ろうと思うと、どうしてもそれくらい時間がかかる」なんて素人くさいことを言ってたけど、「時間かけりゃいいものできる」なんてのは、そんなもん当たり前だろって話でね。

 

そもそも「100年先にも残るいい曲を作りたい」なんて、作曲家なら(少なくとも潜在的には)誰しも当たり前に思っていることなはずで、みんなそれ目指して頑張ってるわけじゃん。

 

いや、直接的に「100年先にも残る名曲を」なんて考えてなくても、誰もが皆それに近い気持ちで1曲でも多くいい曲を残すように、曲を「作って作って作りまくる」んだろ?って話。

 

けど、たかだか1曲完成させるのに、あーでもないこーでもない言いながら何年も時間かけて、再結成しているにも拘らず、20年以上経った今でもアルバムの一枚もリリースできないような奴に、100年先にも語り継がれるような名曲なんか生まれるわけねーだろって話。

 

第一「名曲」なんて100や1000作ってようやく1曲出てくるかどうかって話だと思うし、そもそもそれを「名曲」であると認めるかどうかはリスナー側だろって話。

 

だから、結局YOSHIKIのレコーディング遅延は単に、「曲が作れないことの言い訳」でしかない。もっと言っちゃえばプロとしてとっくに失格レベル。プロとアマの違いはクオリティの高い曲を「納期までに仕上げられるかどうか」と言っても過言ではないからね。

 

この「Say Anything」は、YOSHIKI的には「打倒ENDLESS RAINという目標を掲げて書いたが失敗作だった」ということらしいけど、それは言っちゃえば「造り手側のエゴ」でしかない。おそらく、少なくとも当時の彼らにできることの全てを使って、ベストを尽くしてレコーディングされているはずだ。

 

なので、いくら出来に納得ができてなかろうが、その当時では「それが限界」なんだろうから、言っちゃえば「それでいいのだ」って話である。楽曲なんて「ライブで演奏して初めて完成する」みたいなところがあるんだから、いくらレコーディングスタジオこもってうんうん唸ってたって、それ以上良くはならんよ。

 

結果として、この曲が「100年先にも残る名曲」なのかどうかは別として、少なくともこうしてぼくの思い出にはちゃんと残っているし、遠く離れた異国の地で、20数年の歳月を経てカバーされ、見ている人を感動させるくらいの曲にはなってるじゃんって話。

 

「100年先にも残る名曲」とは、そうした積み重ねからしか産まれないはずだ。

 

 

スポンサードリンク

コメント
コメントする