ABOUT ME

                 

LATEST ENTRIES

CATEGORIES

RECENT COMMENTS

LINKS

VRやウェアラブルコンピューティングは、医療の現場で活躍すればもっと浸透していくと思う。

■乳がん見つける“IoTブラジャー” メキシコの19歳青年が開発 日本にも進出か (1/2)■

AI+ by ITmedia NEWS - 2018年05月24日 08時06分 公開

 

乳がんは、早期発見できれば治療で完治できるが、発見が遅くなれば乳房の切除や死に至るなど、油断できない病気だ。2015年時点で、世界には240万人の乳がん患者が存在し(米国ワシントン大学研究グループの調査結果)、女性がかかるがんの中で最も多いとされている。

 

このような現状に立ち上がったのが、メキシコに住む19歳の男子学生ジュリアン・リオス・カントゥ(Julian Rios Cantu、Twitter:@JulianRiosCantu)さんだ。彼が実用化を目指し開発している画期的なプロダクトとは、乳がん発見ブラジャー「EVA」。

1週間に1度、1時間着用するだけで乳がんの早期発見につながるという夢のようなブラだという。一体どのようなものなのだろうか。

 

※続きはリンク先で※

 


 

てっきり「着用時に特定の部位に違和感を感じ始めたら、乳がんの可能性を疑うサイン」みたいなのが分かる仕組みかと思ったら、意外とハイテクノロジーだな。Bluetoothを介して採取したデータを送信するとか、普通にウェアラブルデバイスだしね。

 

ただそれ故に、どんなに安く出来ても¥13000くらいするとのことなので、それなら普通に乳がん検診受けたほうがいいのでは?と思う。

 

なんか「しこり」とか「特定のツボを刺激する」とか、そういうのだけで早期発見に繋がるなら、そこまでハイテクにせずとも、もっとシンプルな造りにできるよねって話で。

 

VRのゲームとかもいいけど、ウェアラブルの分野がもっと活性化すればいいのにって思う。

 

VRもウェアラブルも生体デバイスも、新しいテクノロジーは医療の分野で有用性があるかどうかを考えて、そこで大きく貢献できそうなら、真っ先にそうしたほうがいいと思う。

 

それこそ、ラノベ「ソードアート・オンライン」の作中でも、「メディキュボイド」というVRが医療用に転用された技術として登場しているように、VRはゲームより寧ろ医療の現場で大いに活用できそうな気がする。

 

「医療」という、ある意味で人間全てが対象となる分野での貢献度が大きければ、普及・浸透までにかかる時間は大幅に短縮できそうだし、応用的な活用を思いついたときには、コストも安く抑えられそうだなという気がする。

 

とは言え、医療の分野の場合、その利権を巡って誰かがカネに物言わせて独占しそう、という可能性も十二分にあるけど。

 

何れにせよ、今の所有用性の高いウェアラブルデバイスってみんな「腕時計型」だから、今後こうした「下着・衣服感覚で着用するデバイス」ってのがもっと増えたら面白うだろうに、って思う。

 

 

「老害」とは「根拠のない精神論しか言えない人のこと」に他ならない。

■高須院長「甘えるな若者!」の本意を語る 「Boys,be ambitiousって言ってるだけなのに、なぜ反感買うのか不思議」■

2018.5.16 - キャリコネニュース

 

朝日新聞で5月上旬に掲載された大学生の投書「『お金の若者離れ』現実知って」は、若い世代の現状を反映した意見だとして大いに話題になった。「若者の車離れ」など「若者の◯◯離れ」という言葉は、実際は若者のせいではなく、若者にお金が回ってこない「お金の若者離れ」のせいだ、という主張だ。

 

この意見を「甘ったれるな若者」とツイッターで一喝したのが、美容外科「高須クリニック」の高須克弥院長だ。

 

「年寄りは君たちくらいの年齢のときはモーレツに働いたんだよ。働きながら君たちを育てたのだ。君たちの全ての原資は年寄りになった我々からのプレゼントだ。君たちに与えることはあっても奪ったことはない。ハングリーになれ。向上を目指せ。目覚めて働け若者」

 

という言葉や、戦後「国民は餓死寸前だったんだぞ。ここまで立ち直らせたのは我々。老人を敬え」という投稿は、「一生懸命働いた上で現状がこれっていう話なのでは」など、若者側の意見を持つ人たちから反感を呼んでいた。

 

16日放送の「バイキング」(フジテレビ系)ではこの炎上を取り上げ、一連の投稿について高須院長が本意を語った。

 

※続きはリンク先で※

 


 

>年寄りは君たちくらいの年齢のときはモーレツに働いたんだよ。

 

年寄りに限ってコレ言うけどだから何?って話。今は2018年だけどお前がその年令だった時って、一体何十年前なんだよと。

 

確かに全体的な内容としては一理あるけど「現代の時代背景」をガン無視して自分の若い頃の話を基準にしか語れないやつは、その時点で無能な老害だとつくづく思う。高須院長はもう少し現代的な感覚の持ち主かと思ってたんだけどなあ。所詮はただのジジイか。

 

>Boys,be ambitiousって言ってるだけなのに、なぜ反感買うのか不思議

 

ぼくが年寄り嫌いな理由って、結局はこーゆーとこなんだよ。鬱陶しいのよそのエールってやつがw

 

先に引用した「君たちくらいの歳の頃は云々」っていうのもそうなんだけど、年寄りが時々発作のように語りだす「若い人に向けたエール(笑)」っていう、賞味期限の切れた酸っぱい納豆みたいな精神論がホント嫌い。

 

何が嫌いって、その精神論に具体性が一切含まれていないところが。

 

結局、その論拠とするところが「自分たちの若い頃」しかなくて、「だからこうあるべき」という所謂「あるべき論」に対する具体的な根拠を、ちゃんと論理的に説明している大人を、ぼくは見たことがない。

 

結局の所、「若い人に説教垂れることで悦に入ってるだけ」でしかないんだよ。

 

そもそも、ここでいう若者側の意見である「お金の若者離れ」って、まんま社会情勢のことを言ってて、普段新聞も読まない、ニュースも大してみないぼくでさえも「若者がお金を稼ぎづらい世の中になっている」ってことくらいは知ってるのに、それに対する返しが「甘ったれるな若者」とか、最早いよいよ知能レベルを疑わざるを得ない。

 

結局、これなんですよ、ジジババって。「現代がどういう世の中になっているのか」っていうのを、若者以上に認識・把握できていないの。

 

「君たちの全ての原資は年寄りになった我々からのプレゼントだ。君たちに与えることはあっても奪ったことはない」っていう薄ら寒いセリフがすべてを物語っている。奪ってはいない?本当に?

 

百歩譲って、仮に奪ってはいなくとも「腐らせた」のは間違いないよな。そしてその残った腐敗した現状が、あなた達老害からのプレゼントってやつなのでは?

 

もうこれ以上続けてもキリがないので、この辺で切り上げるけど、要は、この「根拠のない意味不明なエール」から得られるものなんて、年寄りのきっつい口臭以外、なにもないのよ。根拠を示さないから説得力ゼロなの。それが認識できず精神論しか根拠にできないから「老害」っていうの。

 

でも「貯金に回すお金なんか若い時考えなくても良いんですよ〜自分のスキルをあげるために技術を身につけるとか学校に行くとか、資格をとったりいろんなことしてそういった人たちがお金持ちになっている」ってところはその通りだと思う。ここだけ強く同意できる。

 

だから、こういう「具体的なことをもっと言えよ」って話なんだよ。マインドセットにも満たない、足元ふわふわな精神論は聞かされるだけ時間の無駄。人の時間を奪うだけで、一切の生産性がない。

 

今回は、ちゃんと稼いでらっしゃる高須院長だからまだ許せるものの、これを地位も月収も何もかもが人並みなレベルでしかない人間が言うのは最早万死に値するとさえ言える。そんな人はさっさと棺桶に入って下さいって話だ。

 

何もそこまでキツイこと言わなくても、って思うかもしれないけどしょうがないよね。だってぼく、本当に「考え方が古いくせに我の強いお年寄り」が大嫌いなんだものw

 

それに、そもそも老害って、マジで「害悪そのもの」で、汚染しちゃうから。折角の綺麗なものさえも。だから存在自体が罪なんだよ。

 

 

 

単独記事にするほどでもない「車」に関するニュース2本

●今回のニュース

・新社会人の75%「車欲しい」 買いたいメーカーはダントツで「トヨタ」 - キャリコネニュース

・定年祝いに父号泣、歴代愛車のミニカーを渡されて…贈った息子に聞く - with news

 

■新社会人の75%「車欲しい」 買いたいメーカーはダントツで「トヨタ」■
2018.5.11 - キャリコネニュース

 

三井ダイレクト損保は5月11日、新社会人に関するアンケート結果を発表した。調査は今年3月下旬に、4月に新社会人になる18歳から29歳の男女で、1か月に1回は自動車を運転する300人を対象に実施した。

初任給の予定額は、平均18万7943円。昨年の19万47円から2104円低くなった。東日本は18万8887円、西日本は18万7000円と、東日本のほうが若干高かった。

 

67%が「5年以内には自分の車を買いたい」

初任給の使い道を複数回答で聞くと、最も多かったのは「親にプレゼントを購入」(39.7%)。2位は貯蓄(38.3%)で、3位は「特に使う予定はない」(27.7%)だった。このほか、「外食」(18.7%)、「仕事用の品(スーツ、靴、カバンなど)買う」(10.3%)、「旅行」(7.7%)などが続く。

 

※続きはリンク先で※

 


 

若者の車離れとか言われて久しいのに結構いるもんだなって思ったら、免許持ってる人にしかアンケ取ってないのか。そのアンケ意味なくない?w 免許持ってる新卒なんてマイカーなんか持ってないだろうから、そりゃ欲しいだろうよ。

 

でも都心で仕事している人とか都会に在住している人って、絶対車なんか必要ないはずだと思うんだけどなあ。

 

業種で免許が必要になってもプライベートでマイカー持つ必要はないでしょう。車が生活必需品なのは地方在住の人だけだと思う。第一、マイカーなんてそもそも車検やら自動車税やらガソリン代やらで寧ろコスパが悪すぎる。都会に在住の人は普通に必要時にタクシーに乗るほうが安上がりだ。

 

都会住みで車を必要としている人って、車好きか、中長距離移動を頻繁におこなう人でしょう。頻度が高いのならそのほうがタクシーや公共機関の利用よりも安く上がるだろうけども。第一、都心に住んでいれば、地下鉄とか乗り継ぐほうが断然早い。

 

いずれにせよ、オンラインで解決できることが増えたおかげで、移動を必要としなくなったというのが、車離れの最大の原因だろうなと思う。まして、車がステータスアイテムだった時代なんてのは、バブルの崩壊と共に終わっているからね。

 

車でかっこつけてる奴らは大体おっさんというイメージw

 

因みに、このアンケートでの人気メーカーは「トヨタ」とのことだけど、いま、ヤクザ屋さんたちが好んで乗っている車も「トヨタ」らしいですね。「ヤクザ=ベンツ」という時代はとっくに終わっているらしい。(メルセデス・ベンツの日本の正規代理店が、暴力団関係者には売らないという方針らしい)

 

 

■定年祝いに父号泣、歴代愛車のミニカーを渡されて…贈った息子に聞く■

2018年05月17日 - with news

 

 

父親の定年退職を祝うために集まった家族。息子がプレゼントとして持ってきたのは、歴代愛車のミニカーでした。すでに絶版となっている商品を探し、自分で改造したり塗装したりして完成させた6台。父親は涙を流しながら、笑顔で眺めていたそうです。プレゼントした男性に話を聞きました。

 

※続きはリンク先で※

 


 

コレは素敵だし、何よりセンスがある。でもぼくはもう、実家の歴代自家用車は覚えてないな。アルトとLUV4くらいしか覚えてない。

 

そう言えばぼくは一時期トミカの「パトカーのみ」なら集めていたことがある。各都道府県警によって異なる車種を採用しているため、パトカーだけでも実は結構いろんな種類があって、結構面白い。

 

何故、パトカーだけを集めるようになったかというと、大昔にやっていたTV番組で「タミヤRCカークランプリ」という、ラジコンカー専門の番組が日曜朝にやっていて、その番組内で、視聴者を集めてサーキットでレースをやるっていうコーナーがあった。

 

で、そこに出場していた人の中に、車をパトカー仕様にペイントしていた車があって、それがやたらかっこよくて印象的だったというのがある。(確かその人が優勝していた気がする)

 

で、それ以来パトカーに興味を持って、トミカで集めたという経緯だったのだけど、でもその割に、そこまで車種とか知っているわけではなく、「単に集めてただけ」で終わっているため、具体的な車種名とかは殆ど知らない。なので、車種でどこの県警かわかるとかいうのもない。

 

でも、パトカーってカッコいいなとは今でも思う。車種は詳しくないけど、MAZDAのものはかっこよかった記憶がある。

 

書きながらいろいろ調べていたら、これとかすごくカッコいい。MAZDAのRX-7とかいうもの。

 

 

ボンネット上についている謎パーツが邪魔だけど、これはカッコいいと思うなあ。なんか、またパトカーのミニカー集めたくなってきた。

 

単独記事にするほどでもないニュース2本:ノンアルと盗難対策

●今回のニュース

・「職場でも気兼ねなく飲用」に賛否両論 ペットボトル入りの透明なノンアルコールビール登場 - ガジェット通信
・持っていったら追跡される? 「※位置情報テスト端末※」と記す傘の盗難対策が天才的 - ねとらぼ

 


 

■「職場でも気兼ねなく飲用」に賛否両論 ペットボトル入りの透明なノンアルコールビール登場

2018.05.09 11:20- ガジェット通信

 

 

サントリービールは、ペットボトル入りの透明なノンアルコールビールテイスト飲料『オールフリー オールタイム』を新発売。6月19日(火)から全国のコンビニエンスストア限定で販売する。

 

「いつでも、どこでも、自由に楽しめる」をコンセプトとする『オールフリー』ブランドだが、『オールタイム』のプレスリリースでは「今回は、職場でも気兼ねなく飲用できるよう」と、“透明”かつ“ペットボトル入り”を採用した背景を説明している。

 

ネット上では「職場で堂々と飲める!」「職場でノンアルビール論争に手を打ってきたか」「ある意味ストロング系より危険(ゴクリ)」と歓迎する声がある一方、「そこまで職場で飲みたかったのか……」「ビールは仕事終わりに飲むから美味いんじゃないの?」「職場で気兼ねなく…飲めるかねぇ」と疑問視する意見も。

※続きはリンク先で※

 


 

ノンアルコールの飲料は、つまりはジュースだと思う。なので遠慮せずにグイグイ飲むべき。

 

最近VAPE(ノンタール・ノンニコチンの電子タバコ)を嗜むようになったんだけども、同じ理屈でOKになればいいんだけどなあと思う。ま、絶対にならないだろうし、別に部屋で吸うからいいやって感じだけども。

 

でもPCで作業してるときは、家でいつもそうしているように、VAPE吸いながらやりたいのが本音。

 

てゆーか、VAPEについての感想記事を早く書かなきゃ。

 

 

■持っていったら追跡される? 「※位置情報テスト端末※」と記す傘の盗難対策が天才的

2018年05月10日 15時52分 公開 - ねとらぼ

 

 

傘の盗難や取り違えを防止するため、持ち手に「お前のじゃない」とテプラで記すアイデアが、3月にTwitterで注目を集めました。それに追随して、今度は「※位置情報テスト端末※」と記す人が登場。持っていったら追跡されそうで、不届き者の手も止まるかも。

 

考案したのはザマヒデオ(@Zama_Hideo)さん。柄の部分にフェイクのICチップまで貼り付け、謎の機械が埋め込まれている雰囲気を演出し、「効果のほどはわからないけど、僕ならこんな気味の悪い傘は盗みたくない」とコメントしています。

 

※続きはリンク先で※

 


 

たかだか傘でそこまでするかねw でもいい発想だとは思った。

 

これを更に「※指紋認証による位置情報テスト端末※」ってしてたら完璧じゃないか?wあと、傘ではなく自転車に貼ったらいいと思った。だって、傘なんて別に盗まれても痛くも痒くもなくない?

 

因みにぼくは、傘を自腹で購入したことがあまりない。大抵は職場に長期間放置されているものを借りパクするか、拾ったものだ。

 

傘なんて買ったら負けだと思ってる。(でも盗むのは、ダメ、絶対!)

 

単独記事にするほどでもないニュース2本:誤った自動化の使い方と、テーマパークの新しいビジネスモデルのニュース

●今回のニュース

・自動音声による電話営業、人からの電話よりイライラすると大不評? - THE PAGE

・富士急、7月中旬から富士急ハイランドの入園料無料化。アトラクション利用料金は値上げ - トラベル Watch

 


 

■自動音声による電話営業、人からの電話よりイライラすると大不評?

2018.05.08 17:00 - THE PAGE

 

電話を使った自動音声による営業の是非がネットで話題になっています。コールセンターから人が電話をかけて営業するのは以前からありましたが、最近では人件費を削減するため、自動音声による営業電話が増えています。ネット上では人の電話よりもさらにイライラするとの声も聞かれます。

 

 

一部の企業では、人手不足への対応や人件費の削減といった観点から、アウトバウンドのコールセンター業務を自動化するようになってきました。あるネット通販大手企業では、最近、本格的に自動音声のアウトバウンドを開始した模様ですが、ネット上での評判はよくありません。

 このような営業電話を受けたくない人にとっては、ただでさえ不愉快なところに相手が自動音声となると、イライラが倍増するのは容易に想像できます。

 


 

あらゆるものに対する自動化・オンライン化を礼賛しているけど、コレはチョット違うと思うけどねwそりゃイラッとくるに決まってるわ。

 

一方的にかけて来ておきながら自動音声って、ただのスパムやん。こんなんで受注取れるのか?って話。というかそもそも「テレアポ」という手法自体が原始的で時代遅れだと思うんだけどなあ。

 

「電話をかける営業」なんてもはや時代遅れなんだから、その分、チラシとかDMの方に力を入れてインバウンドの反応を高める努力をしたほうが遥かにコンバージョン率は上がると思う。

 

だってそもそも、みんな電話さえも使わなくなってきているからね。うちの実家でさえも家電なんて殆ど鳴らないし、なってもその手の営業電話なのでスルーしてる。

 

携帯の場合だともっと酷くて、それこそ「Who's call」みたいなアプリがあれば、受信と共に電番を自動でWEB検索して、どういったところから掛かってきているのかを知ることが出来るわけだから、そもそも取る人が少なくなってくる。

 

にも拘らずしつこく電話をかけてくるなんて。かえってその会社のイメージが悪くなるだけでしかないのに、バカの一つ覚えみたいに電話電話電話電話…もうテレアポの時代はもう終わりだということにも気づけない会社は、早く潰れたほうがいいと思う。

 

 

■富士急、7月中旬から富士急ハイランドの入園料無料化。アトラクション利用料金は値上げ

2018年5月11日 19:58 - トラベル Watch

 

 富士急(富士急行)は5月9日、富士急ハイランドの入園料を7月中旬から無料化すると発表した。

 今回の入園料の無料化は、「富士山観光のハブ」を目指し、富士急ハイランドを起点に富士山、富士五湖周辺のさまざまな観光地や施設を多くの人に回遊してもらうことを狙いとしている。

 

 なお、入園無料化後もフリーパス(アトラクション乗り放題チケット)の価格は据え置くが、個々のアトラクションの利用料金は値上げする予定としている。料金の詳細については、決まり次第ホームページなどで案内する。

 

 今後富士急ハイランドでは、幅広い楽しみを提供できるよう人気コンテンツとのコラボレーションイベントや話題性のある季節祭事、グローバルチェーンや地元名産品店などの誘致を積極的に行なっていくとしている。

 


 

なるほど!園内の内需とオンデマンドで賄おうってわけか。コレはビジネスモデルとしてはかなりいいと思う。とてもいま風。

 

「入園料無料」という時点で来場までのハードルは下がっているわけだから、間違いなく来場者数は伸びるだろうね。

 

でも7月中旬から始めるのではなくて、今のうちから始めたほうが良かったのではという気もするけど、どうなんだろ。シーズンOFF中の期間限定とかでKPIとっておいたほうが、例年のデータと照らし合わせて混雑時のピーク予想だってしやすいだろうに。

 

それをいきなり、夏休みシーズンにはいる7月からぶっつけ本番でやると、ピーク時けっこう大変じゃないか?

 

 

職場環境がどんなによかろうが「残業代を出さない会社」っていう時点でどブラック確定。

■サービス残業経験者の悲鳴「毎日記録しておけば良かった」「会社が持ち帰り仕事を問題視していない」■

2018.5.3 - キャリコネニュース

 

残業は本来ならば賃金が発生するはずだが、現実は、退勤扱いにしてタダ働きを強いられる人々が多数存在する。昨今の働き方改革を受けて長時間労働や残業を解消する動きが広がっているものの、雇用側の都合でサービス残業を続けざるを得ない社員は多い。企業口コミサイト「キャリコネ」に寄せられたリアルな声を紹介しよう。(参照元 キャリコネ「サービス残業」)

「残業100時間を越える人もいるが、会社側からの残業をつけるなという雰囲気強い」

 

サービス残業、いい加減やめません?

サービス残業、いい加減やめません?

 

「サービス残業や、持ち帰り仕事が普通になり、(会社側は)問題視していない」(店舗スタッフ関連職 30代前半女性 正社員 年収300万円)
「技術職だと休日出勤、夜間作業、出張で残業が常態化している。残業時間が100時間を越える人もいるが、会社側からの残業をつけるなという雰囲気も強いため、サービス残業している人も多い」(その他 30代前半男性 正社員 年収450万円)
「人事部に提出する端末データ上は120日休んだことになっていましたが、現実はタイムカードを押さず、サービス残業、サービス出勤がありました」(コールセンタースタッフ 20代後半男性 正社員 年収370万円)
「サービス残業を年間で200時間以上、それを2〜3年ほどは続けていたので、残業であったことを会社側に認めさせれば、それなりの金額になったはず。毎日、記録をとっておけば良かったと後悔」(技術関連職 30代後半男性 正社員 年収600万円)

 

サービス残業が通常モードになっている企業は多いようだ。企業は表面上、残業を取り締まり、従業員が企業側の「残業するな」という空気に配慮する形になっている。

 

※続きはリンク先で※

 


 

職場環境がどんなによかろうが「残業代を出さない会社」っていう時点で、どブラック確定だ!

 

どんなに言い訳しようが正当性を主張しようが、うるせえって話。おれはそんなもん絶対認めないぞ!いかなる理由があろうが定時を過ぎて残業したからには残業代を出すのは当たり前だし、出さないのはそもそも労働基準法に反している。

 

言ってみりゃ脱税してるのと一緒だ。残業代を要求して立場が少しでも悪くなるようなら、そんな会社は即刻辞めるべきだ。何故ならば残業代を出さないことに正当性なんて1gも存在しないからだ。

 

残業代を出したくないなら、残業を発生させないためのタスクマネジメントを管理者側が「徹底的に」おこなうべきであって、社員はそのタスクが仮にその日のうちに完遂出来なくとも堂々と帰っていいはずだ。

 

会社全体がその辺を徹底すれば「残らなきゃいけない変な空気」なんて発生しない。

 

それかその日のタスクを予定より早く完遂できたのなら、定時前でも帰れるようにするとかインセンティブをつければいいのではないか。

 

「人より早く仕事を終えられる人=有能な人」なのだから、そういう人にこそインセンティブをつけるべきだ。もちろんスピード重視でクオリティが下がらないようにするための監視とかは必要だろうけども。

 

結局、残業が強いられる空気を作ってるのって、出来もしないキャパのタスクを部署単位で抱え込んで、リーダー的立場の人間が非効率的に無理くり終わらそうとするから、下のものが帰りづらくなるんでしょ。

 

もっというと「おれはこうして頑張ってるのに、なにお前、定時になった瞬間帰ってんの?お前を食わせるために残業してるんじゃないんだけど」っていう「筋違いな不平等感」がそうした歪みを生んでいることにほかならない。

 

こういう考え方をしちゃう人って、もう「仕事をすることの本質的な意味」っていうのをそもそも根本から履き違えてるか、会社に染まりすぎて見失ってるんだと思う。

 

仕事は「お金を得るためにやること」であって、仕事それ自体が目的じゃない。経営者は従業員を時給なり月給なりで労働力をリースしている。

 

それに「能力給」が採用されていないのなら、残業している人間もしない人間も等しく同じ金額を報酬として得るわけだから、「お前を食わせるために働いているんじゃない」という考え自体がそもそも間違っている。

 

「会社」という枠組みの中にいる以上、結果的に能力の高いものが低い部分を補う格好となるわけで、そうなれば「サボり得」が発生するのは不可避だ。だから「残業代」というものをつけているわけでしょう。

 

しかし、これこそが結局はその場しのぎの手当でしか無くて、「かけた時間に対する報酬」となってしまい、「能力の評価」に結びついていないから、こういう問題が起きているのではないか。

 

だから「残業をしない」ではなく、「業務の根本的な流れを見直す」とかにして、削れるところは徹底的に削っていかないと、いつまで経ってもこの問題は解決しない。

 

それでも尚解決しないという場合は、単純に業務に対してリソースが割けない(人手が足りない)ということなんだろうから、現状の人数で余裕を持って回せる状態で可動させるべきであるはずだ。まあ、それも結局「根本的な見直し」というところに繋がるわけだけど。

 

なので、外国人労働者の手を借りたって、コストが下がる分、比例して仕事のクオリティも下がるだけなんだから、ぼくがこのブログで常々言っている「オンライン化・自動化」ができるところで全てそうしないと、この国ではこの問題は一向に解決しない。

 

「頑張って残業してるやつが一番偉い」っていう超古い貧乏人マインドが、未だに蔓延っているからね。

 

単独記事にするほどでもない「コンビニ商品」についてのニュース2本

●今回のニュース2本●

・「モデル気取り」に「仕切りたがり」 キリンビバレッジ、“午後の紅茶”のPRツイートイラストが女性蔑視と炎上→削除・謝罪へ - ねとらぼ

・本当においしい「スナック菓子」ランキング - gooランキング

 


 

■「モデル気取り」に「仕切りたがり」 キリンビバレッジ、“午後の紅茶”のPRツイートイラストが女性蔑視と炎上→削除・謝罪へ■

2018年05月01日 10時35分 - ねとらぼ

 

キリンビバレッジ公式Twitterが4月26日に投稿した「#午後ティー女子」のPRイラストが「企業広告とは思えない酷さ」「実に不愉快」と炎上し、ツイートが削除されました。キリンビバレッジは「お客様にご不快な思いをおかけし大変申し訳ございませんでした」と謝罪しています。

 

 

※続きはリンク先で※

 


 

要するに「女子あるある」で笑いを取りにいって盛大にスベったってことか。

 

恐らくは作った人に笑いのセンスがなかったんだろうね。ネタ作りのセンスではなく「場の空気に即したワードをチョイスするセンス」が。無名の人が特定商品のPRでやるようなネタじゃないだろうな。そもそも何目線で、どこに落としたいのかが分かりづらい。

 

これが「ただの個人的なツイート」だったら軽くバズったりすることもあっただろうに。もしくは同じネタを「柳原可奈子」がやってたら大分違ったんだろうな。

 

もしくはこれ、やるならこーゆーディスった感じにするのではなく、いっそのこと「各フレーバーを擬人化してキャラ付けする」とかにしたほうが良かったと思う。

 

■本当においしい「スナック菓子」ランキング■

2018年05月03日 00:00 - gooランキング

 

スーパーやコンビニにずらりと並ぶスナック菓子。最近は種類も味も豊富で、どれを買おうか迷ってしまう人も多いのではないでしょうか。
そこで今回は、数あるスナック菓子の中でも特においしいと思われているスナック菓子について探ってみました。

1位 ポテトチップスシリーズ
2位 じゃがりこシリーズ
3位 うまい棒シリーズ
4位以降のランキング結果はこちら!

 

※続きはリンク先で※

 


 

ポテチは断然コイケヤ派!

 

でも最近「じゃがりこ」にハマっていて、コンビニで食べたことのないフレーバーを見たら即買いで絶対試す。で、今「サラダチキン味」なんてのが出てるんだけど、これはうめい!

 

でも思ったんだけど、「サラダチキン味」って意味分かんないよね。そもそもサラダチキン自体に味なんて対してないのに、何故、それをスナック菓子のフレーバーに選んだんだろうか。

 

結果的に、ただの「あっさりしょっぱくて美味しいじゃがりこ」でしかなかった。

 

 

※関連過去ログ

 【お題】好きなお菓子、なに?

 ポテチ好きとしては死活問題だけど、ピザポテトは別になくなっても困らない

 【コンビニ】コイケヤの高級ポテチ

 今日のおやつ何たべた?

 

てゆーか、ポテチのことについて書きすぎワロタw

 

「チケット転売問題」←だからそれも「電子化」で解決できるじゃんって話

■取り締まりが難しい「チケット高額転売」、法規制求める動きも…論点は何なのか?■

2018-04-30 09:53 - ORICON NEWS

 

音楽のライブコンサートや、スポーツイベントのチケットが、高額で転売されている問題は、ファンだけでなく、アーティストたちも悩ませている。

 

こうした状況を改善しようと、宇崎竜童さんや夏木マリさん、Zeebraさんたちは4月中旬、「ライブ・エンタテインメント議員連盟」などが主催した会合に登壇して、チケットの高額転売ができないよう規制する法整備をもとめた。

 

ネット上では、人気アーティストのライブチケットがときに数万円、十数万円という価格で売買されるケースが相次いでいる。たとえ「転売禁止」とチケットに表示されていても、こうした高額転売はあとを絶たないのが実態だ。

 

どうしてもチケットがほしい、熱心なファンは、本来負担する必要のない対価の支払いを余儀なくされている。だが、現行法では、こうした高額転売が規制されていない。今後、どのような対策が必要になるのだろうか。

 

数々のアーティストの全国ツアーに同行しながら、コンサートチケットの高額転売問題に取り組んできた太田純弁護士に聞いた。

 

※続きはリンク先で※

 


 

だからそれも結局は「電子化」で解決できるじゃんって話。

 

というよりも、紙での管理にはどうしたって物理的限界ってもんがある。紙媒体が完全に死ぬとは言わないが、少なくとも公的証明力の求められるものについては、寧ろ紙媒体は不向きで、それこそテクノロジーが発達しているこの状況下において、コピーなどが出来てしまう。

 

それをさせないためのテクノロジーもあるが、それこそ紙幣並の技術を全ての紙媒体で運用するにはコストが掛かりすぎる。ならば「電子化」すればいいじゃないですかって話。

 

なのでチケット問題については、今後あまねくコンサート会場に自動改札を設置して、SuicaやPASMOといった電子マネーと連動させるなりして、紙のチケットを失くせばいいだけだと思う。もぎりスタッフの人件費も浮くし一石二鳥では。

 

と思ってたら、どういう手法かはわからないけど、永ちゃんが既に100%電子化してるじゃん。

 

■「勘ですよ、YAZAWAの勘」矢沢永吉がライブチケットを完全電子化するワケ■

2018年04月20日 08:00 - BLOGOS

 

矢沢:本当のことを言うとね、インターネットだの、電子化だの、僕はそんな詳しくないんですよ。むしろ、自分はすごいアナログな人間だと思ってる。だけど、疎いくせに、ある種、本能的な勘が働くことがあって。理屈や仕組みはわからないけど「こういう時代がくるよね」と感じてしまうことが、以前からありまして。たとえば全然詳しくもないのに、携帯サイトをやる! と即決したり。あれを始めたのは、日本のアーティストの中だと相当早かったと思いますよ。ピンとくるものは、面白がるし、手を伸ばすところは、昔からありましたよ。

 

そのひとつが今回のチケットの100パーセント電子化。全アーティストを100としたら、まだ20か30くらいしか、完全電子化してないみたいですけど。この68のおじさんが「やれ!」って言ってんだから。それが何故かは説明できない。勘ですよ、YAZAWAの勘。遅かれ早かれそうなるから、今やるべきだ、という勘ね。この「勘ですよ」っていうのが正解じゃないの?詳しくはわからないけど、何かこういう時代がくるなと感じる、世の中なんてそれで動いている気がするけどね。

 

※全文はリンク先で※

 


 

アナログ人間を自称する人が、感情的な部分を突き詰めた結果として最先端の手段に行き着いたってところが、一番かっこいいところなのかなって、この記事読んで思った。

 

この人の場合、理屈を完全に理解していなくても、マインドがブレてさえいなければ、多分何を選んでも正解になっちゃうんだと思う。

 

なので、今後は間違いなく近い将来、少なくともチケットについては全て電子化されるだろうなと思った。

 

あと、今回のこのニュースで思ったのが、今回のこのチケット転売問題についての法規制の強化を求める声とか、ダウンロード規制法とかもそうなんだけど、外側から法律でガチガチに縛ろうとすることよりも、「それをすることが結果的に面倒くさくなる仕組み」とか、「それが出来ないような仕組み」を作ってしまったほうが早いし効果的なんじゃないかと思う。

 

だって、法律を強化したってそれを無視して強行するやつは絶対いるだろうし、法に抵触した後の罰則やデメリットはどうあれ、「物理的にそれが出来る仕組み」が残存していたら、根本的な解決にはなってないわけだから、セキュリティの強化にもつながらないし、結局何の意味もないから。

 

しつこいようだけど、世の中のありとあらゆる仕組みを、「電子化・オンライン化でソリューションすることを前提に」考えていかなきゃダメだよこれからの時代。可能なら全てそうした方がいいに決まってるんだから。

 

遂にこの時代が来た〜リアルトランスフォーマーの変形シーン〜

■“リアルトランスフォーマー”変形ロボ ソフトバンク系が開発

 

これヤバくないですか。

 

変形に1分以上かかるとはいえ、人が乗った状態で変形できて、しかもちゃんと車としても動くし、ロボとしても動く上に遠隔操作も可能って、もう完全にリアルトランスフォーマーでしょ。あとは、それぞれのスペックを引き上げるだけ。

 

いや、こーゆーテクノロジーの進歩は見てて本当にワクワクする。男ならいくつになってもこーゆーのでテンション上がるっしょ!

 

あと、この手のテクノロジーついでに、最近思いついたことがある。

 

まあ「今更何言ってんだ」って話なんでしょうけど、このニュースでも「遠隔操作が可能」って言ってたことから、思ったのが、結構近い将来、鉄道とか航空機とか所謂「人を輸送する乗り物」も、遠隔操作が可能になるんじゃないのかってこと。

 

まあ、いま自動操縦で車を動かすことには成功していたりするから、当然あるんだろうけども、例えばそれこそ自動操縦によって、何かあったときに管制官側から遠隔操縦とかでサポートしたりとかできるようにすれば、パイロットは座席を奪われても、職までは奪われなかったりするんじゃないか。

 

いずれにしても、VRなんかも併用しながらの遠隔操作があれば、ありとあらゆる局面における可能性が拡がる気がする。僕が生きている間に、テクノロジーはどれくらい進んでいくんだろうか。今後が楽しみだ。

 

 

都心の電車は遅延がデフォでしょ?

■ほぼ毎日遅れる路線は総武線、千代田線そして…首都圏鉄道遅延ランキングワースト40■

2018.4.27 07:00 - dot.

 

 新年度が始まり、通勤や通学で電車通いを始めた人もいることだろう。だが、都内の酷い路線では、朝電車が時間通りに来ず、発車時間を示すホーム上の電光掲示板も消えてしまっていることが多い。

 

【首都圏45路線の鉄道遅延率ランキングはこちら】

 

「10年以上千葉県から都内に通勤していますが、職場に近づくにつれて車内の混雑が酷くなり、働く前から憂鬱になります。電車が時間通りに着かないこともザラです。ラッシュを避けるため、朝早く出て、6時台の電車に乗る毎日が続いています。おかげで健康的な日々を過ごせていますよ」

 一方で、記者が普段乗る都営新宿線のように、ラッシュ時でもギュウギュウというほどの混雑ではなく、遅れもあまりない路線もある。どちらも都内東部から千葉県にかけ、割と近い区間を走る路線だが、その差は大きいようだ。

 

 統計の上ではどうなのだろうか。国土交通省では、首都圏を走る45路線を対象に、1ヶ月あたりの遅延証明書発行日数状況を示したデータを公表している。これは1ヶ月を平日20日と見なし、このうちの何日間遅れたかというもの。この日数を20で割ることで、「遅延率」を計算することができる。

 

 データを遅延日数の多い順に見ると、上位10位のうち、JRの路線が8つもランクインしている。中でも、1位の中央・総武線各駅停車(三鷹〜千葉駅間)は19.1日と、ほぼ毎日遅延証明書が発行されている結果となった。2位は宇都宮線・高崎線(上野〜那須塩原・神保原駅間)、東京メトロ千代田線が18.4日で同率に並んだ。大手私鉄では他に小田急線が17.9日と5位に入っている。小田急線と千代田線は直通乗り入れをしており、遅れが連続しているものとみられる。10位から20位の間をみると、11位の東西線(16.4日)、12位の有楽町線(16.0日)、14位の半蔵門線(15.6日)というように、JRに代わる形で東京メトロの各路線が登場するのも特徴だ。

 

 一方、遅延率の低い路線はどうか。都内と郊外を結ぶ主要路線の中では41位の東武東上線(4.8日)、38位の京王線(6.3日)、36位の京急本線(7.1日)、31位京成本線(8.8日)、30位の都営新宿線(8.9日)、29位の都営浅草線(10.4日)などがあげられる。東武東上線をのぞけば、こうした路線はJRに近いところを走り、競合関係という特徴がある。こうした地域にお住まいの人は、毎朝乗る電車をJR以外に変えてみることで、環境が良くなる可能性がある。

 

※全文はリンク先で※

 


 

>こうした地域にお住まいの人は、毎朝乗る電車をJR以外に変えてみることで、環境が良くなる可能性がある

 

え、電車乗ったこと無いのかこいつwコンビニじゃないんだから鉄道会社なんて普通選べねえっての。仮に選択肢があっても目的地となる駅が一緒であれば大体巻き添え食って一緒に遅れるだろうに。適当すぎにも程があるw

 

そもそも電車の路線を選択できる余地があるのって、都心部だけだと思うし、第一、電車でルート変えるとか効率が悪いにも程がある。ほとんどの人が最短ルートを選んでいるはずだろうから。回りくどいルートでの電車通勤なんて混雑以上のストレスでしかないと思うけど。

 

それに迂回ルートは定期代が跳ね上がったりで、会社側が認めてくれないなんてことがほとんどだと思うけどね。

 

因みに、埼京線、山手線、東西線は、朝定時どおりに来たためしがない。(個人のイメージです)

 

山手線はすぐに次のが来るから別にどうでもいいけど、埼京線と東西線ユーザーの人は毎朝電車遅延の連絡を会社にしているイメージ。(実際僕の職場がそう)埼京線は埼玉、東西線は千葉からの路線だから乗客は他の路線と比べても多くなるんだろうな。

 

と思って、上記記事のランキングを見てみると、案の定、郊外や隣接した都道府県からの直通路線ばかりですね。そしてこのことから「混雑起因」であることも明白ですね。要は負荷分散が出来ないんだ。

 

以前も書いたことがあると思うけど、特に東京メトロ東西線がいい例。西船橋⇔中野間を繋いでいるわけだけど、西船橋から門前仲町までの10駅くらい、一切乗り換えができる駅がないのだ。

 

●関連過去ログ

 【お題】引っ越すならどこがいい?

 

※当時の認識に誤りがあって「茅場町」まで乗り換えができないと書いてますけど、正しくは「門前仲町(都営大江戸線への乗り換えが可能)」です。

 

この引用のニュース記事を書いたライターさんは「都営新宿線」を利用しているとのことだから、やっぱりこの辺の事情をまるでわかってないんだろうな。因みに自分も一時期、ごくたまに都営新宿線を利用することがあったが、確かに朝も夜も対して混んでない印象だった。

 

そういや、小池都知事が「満員電車ゼロ構想」なんてのを打ち立ててたっけな。記事読んで思わず鼻で笑っちゃったけどwそもそも普段電車乗らない人が考えたってねえ?って話。

 

●関連過去ログ

 満員電車は、社会構造全体を変えない限りなくならないと思う

 

この関連過去ログに書いたことが全てだけど、鉄道会社の運用の仕方とか電車そのものをどうにかして変えられる話じゃないんだって。在宅勤務者やフレックスが当たり前の時代になれば、朝のラッシュも当たり前のようになくなるよ。

 

「通勤」って、仕事において「給料は発生しないくせに不可避なタスク」じゃないですか。それで体力削られるとか、ほんとバカバカしい。出社を義務付けるなら交通費とは別にその分の時給も出して欲しいわ。マジで。

 

 

スポンサードリンク

 1/18PAGES >>