ABOUT ME

                 

LATEST ENTRIES

CATEGORIES

RECENT COMMENTS

LINKS

【バイト話】アミューズメント施設(カラオケ・ビリヤード担当)

ゲームセンター・カラオケ・ビリヤードが一緒になった、言わばROUND1的な複合的アミューズメント施設で、このバイトは、確か28くらいの頃にやってた気がする。ぼくはその中で「カラオケ・ビリヤード担当」だった。

 

前回の「ミニストップ」は10年勤め上げたと言う話をしたが、実は途中で一度辞めていて、その間、この仕事を半年くらいやっていた。

 

わずか半年程度の仕事だったが、体感的には1年以上やっていたかのような充実感はあった。体力的にはキツかったが、友達もできて、結構楽しかった。

 

 

 

【バイト話】ミニストップ(コンビニ)

 

今回のお話は、なんと10年間も続けてしまったバイト。

コンビニ「ミニストップ」のお話。

 

【バイト話】ホテルのフロント

今回のお話は、21歳〜23歳頃までやっていた「ホテルのフロント」の話。

 

【バイト話】高校生の時のバイト

 

前々回のエントリ「【お題】昔、どんなバイトやってた?」が自分的に書いてて楽しかったので、せっかくの豊富なバイト経験があるのだから、ちょっとアーカイブ化してもいいかななんて思った。

 

で、忘れないうちにと思い、今日はその第1弾を。

 

 

●高1:和風ファミレス - 3ヶ月くらい?

 

前回のお題の時はすっかり忘れていたんだけど、ぼくの人生初バイトはコレだった。

 

初めて応募していきなり採用された。確か学校の友達3人同時に申し込んで、内、友人1人だけ落とされてぼくともう1人の友人が採用された。時給はいくらだったか忘れたが、時代が時代だったので結構安かったと思う。

 

ぼくはファミレスの中のキッチンで、その中における「揚げ場担当(揚げ物系)」に任命された。

 

このバイトでは特段変わったエピソード等は特に無くて、ただ天ぷらをひたすら揚げてばっかりだった。原料となる「衣」はバケツに大量に作り置きしておき、それをボールに小分けして、ウォークイン冷蔵庫の中にしまっておいた気がする。

 

その衣を作る時に大量に卵を使うもんだから、高1の頃には「卵を片手で割る」というスキルを身に付けた。もう今となっては逆に両手じゃ割りづらいというか、両手での割り方がわからない。

 

どういった経緯で辞めたのか、全く覚えていない。

 

 

●高2:サンクス(コンビニ)

 

人生初彼女が出来た頃だったので、やはりお金が必要となったというのもそうだし、まずCDラジカセとか自転車とかが欲しかったからというのもある。

 

そうそう、自転車だ。彼女が隣町に住んでいたので、自転車が必要になったんだ。確か、そのバイトで初めて買ったものは、自転車かCDラジカセのどっちかだった。忘れちゃったけど。

 

CDラジカセは大昔、福山雅治がCMをやっていた、パナソニックの「マジカルコブラトップ」と言うもので、手をかざすとパネルが自動的に開いて、音源が再生されるという、当時としては画期的ではあったが、今思うと「その機能いるか?」という代物だった。でも見た目はカッコよかった。

 

※引用元: https://www.youtube.com/watch?v=jxzpjQ24YII

 

 

で、コンビニの話に戻るけど、サンクスって当時から、他社があまりやっていないような独自のものを積極的に取り入れるコンビニで、当時「デジキューブ」というLoppi的な端末が導入され、そこでゲームソフトや攻略本なんかが購入できるようになっていた。確か自分はそこで「FINAL FANTASY7」を攻略本とセットで予約購入した気がする。

 

で、そんなこんなで、このバイトは3年近くにわたってやっていた。

 

店長がすげー怖い人だったけどなんだかんだ優しくて、まだ世間知らずも甚だしかったクソガキのぼくを育ててくれた。まだバイト慣れしていない頃にコンビニのバイトをしておいて本当に良かったと思っている。

 

確かスタート時の時給は¥600かそこらで、何回か時給が上がってようやく最終的に¥700とかだった気がする。今の時代じゃ考えられない時給だったけど、この頃は地元では時給¥600台とか割と普通にあった。で、サンクスなのに24H営業じゃなくて、給料も手渡しだった。

 

特段、これと言ったエピソードがないので、大して面白い話にはならなかったけど、この次に予定している「ホテルのフロントの話(20歳頃)」は、まあまあ面白くできるかと思うので、お楽しみに。
 

 

スポンサードリンク

 1/1PAGES